« 食品による窒息事故の法律問題 | トップページ | 図書館システムの欠陥構造 »

2010.11.30

教職大学院制度

東京新聞より「教員免許、正規は修士レベル必要 文科省が新制度検討

2010年11月30日 02時02分

文部科学省は29日、大学4年間で単位を取得すれば教員免許が取れる現行制度を変更し、新卒者の免許を2種類に分け、正規教員として本格的に教壇に立つには教職大学院修了など修士課程レベルの免許取得を求める新制度の検討を始めた。

今後10年をめどに実現にこぎ着けたい考えで、30日の中教審特別部会に提示する。

構想によると、大卒者に与える免許は「基礎免許」とし、大学学部段階での教職課程修了を証明するという暫定的な資格にとどめる。取得者は教員にはなれるが、担任に就かず校務や授業を補助する役割とする。

一方、正規教員につながる「一般免許」を取得できるのは、教職大学院や、大学院の教育学研究科修士課程を履修した人を想定。

ただ、資格者を限定しないよう大学での基礎免許取得を大学院の入学要件とはしない方向で、教職課程を履修していない学生や、社会人も教員を目指せるようにする。制度の移行段階は、学部卒業者も正規教員として受け入れる考えだ。

(共同)

これは法科大学院と同じ手法ですね。

教育の体制をフィンランドのようにするべきだというと、「フィンランドの教員は、大学院卒」となってこんな話が出てくるのでしょうが、法科大学院の問題は実務教育であるはずなのに、単なる教育として成績評価を相対評価にしているところではないか?と思っています。

少なくとも、法科大学院制度が問題であるという認識がある間に、教職大学院制度をスタートさせると教員志望者の激減になるのではないでしょうか?

現状ですら、教職課程を卒業して教員採用試験に挑戦するものの、なかなか合格しないから事実上の就職浪人になる、というのが教員志望者を取り囲む問題です。

文科省のやることは、18歳人口の減少で経営が苦しくなる大学が新たな大学院を作って収益を計るという、大学経営にだけ向いている行政なのではないのか?と思うのです。

11月 30, 2010 at 08:53 午前 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50170851

この記事へのトラックバック一覧です: 教職大学院制度:

コメント

コメントを書く