« au携帯電話にSkype搭載 | トップページ | アクセル・ブレーキ踏み間違え問題・クローズーアップ現代より »

2010.10.19

府立高校・二重三重じゃなくて四重五重か?

読売新聞より「ホウ酸団子誤食知りながら、助言されるまで放置

大阪市内の府立高校の女性教諭(52)が作ったゴキブリ駆除用のホウ酸団子を女子生徒が誤食した問題で、教諭は生徒がかじったことを知りながら他教諭から助言されるまで対応を放置していたことがわかった。

府教委は18日、教諭と、府教委に事実と異なる報告をしていた校長(60)計2人を戒告の懲戒処分にした。

教諭は同日、府教育センターでの研修命令を受け、改善が見られるまで学校に復帰できないという。

府教委の発表によると、教諭は9月21日朝、自宅で作ったホウ酸団子を職員室でまいていた際、訪ねてきた生徒に「特製クッキーよ」と言いながら1個手渡した。

かじった生徒ははき出して自ら水道で口をすすいだが、教諭は教室に戻るよう指示。

25分後に別の教諭から「保健室に行った方がいい」と助言を受けるまで放置していたという。

生徒はその後、病院に救急搬送された。

府教委の調査に、教諭は「毒性のあるものという認識がなかった。深く反省している」と話しているという。

(2010年10月18日23時13分 読売新聞)

「二重三重に恥ずかしい行動をした府立高校」に書いた事件の続報です。

ここまで来ると、「人としての資質がない」とでも言うべきでしょう。

10月 19, 2010 at 02:02 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49786710

この記事へのトラックバック一覧です: 府立高校・二重三重じゃなくて四重五重か?:

コメント

「毒性のあるものという認識がない」
何のためにホウ酸団子を作ったのでしょうねー。
ゴキブリ駆除用、即ちゴキブリを死滅させるためでしょう。
認識が無くてなんで使おうと思ったのか。
おそらく、口から出任せ、でしょう。
食べ物だと言って生徒に渡している。
人としての資質も、人に教授する資質、いや資格は無いですね。
またもや、知識と実践が乖離している今の教育界を如実に現してますね。

投稿: 昭ちゃん | 2010/10/20 2:45:07

コメントを書く