« 府立高校・二重三重じゃなくて四重五重か? | トップページ | マツダが発表した新技術 »

2010.10.20

アクセル・ブレーキ踏み間違え問題・クローズーアップ現代より

昨日(2010年10月19日)NHKのクローズアップ現代で「見過ごされてきた踏み間違い事故」が放送されました。

8月、米運輸省は、トヨタ車の急加速問題について、多くが「ドライバーのペダルの踏み間違い」だったと示唆する中間報告を出した。

アクセルとブレーキの踏み間違い事故は、日本でも年間およそ7000件、幅広い年齢層で起きている。

交通心理学の研究者たちは、このところ、事故の原因を「車の構造」と「人間の心理」から検証、ペダルの配置が操作ミスを誘発しているとの報告を出している。

AT車が普及した頃から事故は続いてきたものの、メーカーは車の構造に踏み込む対策をとれずにいた。

こうした中、地方の自動車整備工場などで、事故を防ぐための独自の装置の開発が始まっている。

番組では「単なるミス」と放置されてきた事故が、実は、人の心理に深く関わっていることを明らかにするとともに、問題解決への課題を探る。

コメンテーターは、工学院大学教授で「失敗学」で有名な畑村先生でしたが、けっこうメーカーというか、保守派の意見が強すぎるのではないか?という印象でした。

放送によるとアクセルとブレーキの踏み間違えは、AT車が普及し始めた頃に問題になって、自動車メーカー側は調査結果として、

ドライバーがAT車に不慣れなために起きた事故であって、AT車の普及によって減少するはずだから、製品として対策する必要がない。
という報告書を出しているのだそうです。

米国でのトヨタ車暴走事故で、踏み間違えに対する技術開発が公開されるようになって、スバルはカメラによる衝突防止装置「アイサイト」を搭載しました。

メーカーは全体としては「構造を変える必要は無い」であり衝突防止装置の開発に向かっています。
これに対して、中小企業などが「ブレーキの仕組みを変えてしまえ」といろいろとやっています。

番組で紹介されたのが「玉名市ナルセ機材のワンペダル」です。
右足を、一つだけのペダルにおいて、足を右に寄せると右側の壁になっているパーツが右側に押されて、アクセルを開けることになります。
ペダルを踏み込むと、ブレーキ。

かなり良くできている考え方だと思います。

わたし自身は、AT車では常に左足ブレーキになってしまいます。完全にクセです。
ところが、左足ブレーキは良くないとされていて、その理由がよく分からない。
たぶん、MT車では、右足でブレーキを踏むからなのでしょう。

だとすると、クラッチ付きのMT車がほぼ絶滅する時代に、「右足でブレーキを踏まねばならない」理由の説明はほぼ無意味というか、左足ブレーキを否定する理由自体がないではないか?

アクセルとブレーキを動じにふむとスピンする、といった指摘はありますが、これはブレーキ操作をアクセル操作に優先するシーケンスを付けるだけで解決します。

畑村先生は、衝突防止装置を上乗せするよりも、現在のアクセル・ブレーキの関係などを見直して、長時間掛けて人の心理や行動によって事故を防止できるように改良するべきだ、と述べていました。

わたしは、AT車の左足ブレーキを促進するのが、手っ取り早いと思うのですが、いかがですかね?

10月 20, 2010 at 11:38 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49795208

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ブレーキ踏み間違え問題・クローズーアップ現代より:

コメント

私は、まだ絶滅していないMT車ですから、右足ブレーキですが、AT車ばかり乗る人なら、左足ブレーキでも差し支えないと思います。理由は、踏み間違い防止よりも、操作の合理性です。
四輪モータースポーツの入門のカートでは、昔から自動クラッチでしたから、左足がクラッチから開放されていて、左足でブレーキを踏むのが普通でした。
もう少し上のラリー車やツーリング車の場合でも、左足でブレーキを操作する人は、少なくありません。右足でアクセルを操作しながら左足でブレーキを掛けられるわけです。もちろん、クラッチ操作は左足でしますので、その時には、右足でブレーキを踏みます。
さらに上のフォーミュラ車ですと、セミオートマチックですので、ほとんどの人が左足でブレーキを操作しています。
なにしろ、ヒトには、二本しか足がないのですから、無駄のないように使わないと、損だと感じるのです。

投稿: mimon | 2010/10/20 22:01:30

運転において左足ブレーキが優れているのは間違いないのですが、初心者やいわゆる下手な人には勧められないと思います。
確か、緊急事態には動作を単純化させた方が良いという話だったと思います。
右足も左足もつっぱる、すなわちアクセルも全開にしやすいとか。
となると、基本は右足操作、できる人だけ左足ブレーキというのは間違ってはいないでしょう。
(うろ覚えですが、右足ブレーキと左足ブレーキで、急ブレーキの空転時間に差があったような)

私はmimonさんと同じくMT乗りなので、AT前提に世の中が変わっていくのは悲しいですねー、仕方ないんでしょうが

投稿: めいさいらっぱ | 2010/10/21 8:41:06

私もAT車は左足ブレーキに賛成です
なれるとこんなに便利な操作は大賛成です
走行中すぐに左足でブレーキ操作がスタンバれます便利です
踏み替えの時間がかからず素早く止まれるし良いことばかり
マイナス点はブレーキパッドの消耗が少し早いこと位でしょうか?(未だ交換していませんが)

初心者こそ左足ブレーキを教習所から始めるべきだと思います
踏み間違えを起こさない方法だと思います

投稿: プヒ | 2010/10/22 10:11:20

 ペダルの踏み違い事故の報道が出るたびに何でと首を傾げることしきりです。自分自身何年も車を運転して来てますが、アクセルペダルとブレーキペダルを踏み違えた、あるいは踏み違えそうになった経験は唯の一度も有りません。むしろこの間にパニックブレーキを踏んで難を逃れたことは一度や二度では有りません。パニックブレーキは目の前に突然出現した状況に対して反射的(思うに脳であれこれ判断して手足を動かすと言うより右足が無意識にアクセルからブレーキにペダルを一瞬で目一杯踏み込んでる感じ)に動作していて、そこにどうこう理屈もないのが実情です。ご案内のTV番組は見逃していたので改めて見てみました(便利な時代で月幾らで見逃した番組を好きな時に再生できる有難さ)。伝えてる国籍、年齢、性別、問わず踏み違えのトラブルが多数起きてる現状には畑村先生同様私も驚きの再認識でした。加えて既に対策の手段もアイデアが具現化されて来てる、しかも日本の中小企業による工夫で日本の物作り精神はまだ健在なんだの思いにもこれまた頼もしさを感じました。
 話を元に戻して問題のペダルと足の関係、私はマニュアル車からオートマ、そして現在またマニュアル車(少しでも燃費を良く、エコに貢献できる思いで。この不便さにエコポイントは付かないのか?)に乗ってます。私も含め一般的な車の動かし方は、まず最初に駆動力源のエンジンを起動しますがこの時から右足はブレーキかアクセルのどちらかのペダルの上に有ります。そしてこれは最後にエンジンを切って車を降りるまでそのどちらかの位置から離れることはまず有りません(実は厳密には両足をペダルから離して床に置くことが僅か有ります。その事は本筋ではないので別の機会に)。で、エンジンスタートの時はギアはニュートラルで右足はブレーキペダルを踏んでいます(最近の車の安全設計はブレーキペダルを踏んで且つシフトレバーがニュートラルかパーキングに入ってないとセルが回らないようになってるはずです。これは過去にセルを回して車がいきなり飛び出して有ろうことか高いところから落下した事故が起きたりしての対策だったと記憶します)。更にエンジンが起動したらシフトレバーをオートマならNからDレンジ、マニュアルならニュートラルからローギア位置に入れ、パーキングブレーキを解除した後、右足をブレーキペダルからアクセルに移して徐々に踏み込んで行きます。するとエンジン回転が上がり車は少しずつ加速してスピードを上げて行きます(MT車は左足のクラッチミートを並行してやってます)。この後加速,巡航はこの状態を続け、今度は減速して止めるときはアクセルペダルを徐々に緩め、続いて踏んでる右足を左に移してブレーキペダルを徐々に踏み込んでブレーキを掛けてエンジン回転を落とし、最後にブレーキを踏み込んで完全に止める(マニュアル車はこの時同時に左足のクラッチ切りの操作をやってます)。これが最後ならギアをニュートラルにしてパーキングブレーキを引いてエンジン切って終わり、再び前進ならまたアクセルペダルに右足を移して加速。この下半身の動きの繰り返しが基本的な車の運転操作のはずです。ですから右足は基本的にはアクセルかブレーキペダルのどちらかに必ず有るわけで、車(1tonもの重さの身近な道具だが機械装置の1種なのだの認識を持つことが大事)は止めるか動いているか(前進、後進も含め)のどちらかの状態のはずですからこれを意思に反して逆操作(踏み違え)をすることの現象が不思議でなりません。要するに加速から減速、停止に移ろうと思うのに、今右足を置いてるアクセルペダルをそのまま更に踏み込んで(加速方向へ)行くものでしょうか?? どうもそこの感覚が全く分かりません。運転者の意識の中に大きな質量の物を高速で動かしていてこれを止める唯一の手段が右足のペダル操作に掛ってるという真剣さを持てば事故はもっと少なくなるのかもしれません。

投稿: テスラ | 2010/10/22 10:19:38

異常なMT率(藁)

あたしも、MTのチェーサーターボなのですが・・・・。

先日、トヨタアイシスをレンタルしたときに、一瞬踏み間違えをしました。

あまり良く覚えていないのですが、AT車のブレーキペダル配置は、結構デタラメで必ずしも左足で踏めない車もあります。

代表格が、ハイエースでステアリングシャフトが通っているので、左足ではブレーキペダルは踏めません。

アイシスは、左足ブレーキは踏みにくいであったと思います。

普通に走っている分には、ほとんど問題無く左足でブレーキ出来たのですが、構内に入るためにゆっくりと門を超えるところで、一瞬ブレーキ間違えました。

まあ、道路からいっぱいに左に切って、さらに構内では道路とは逆方向になるように停める必要があったので、姿勢も視線も道路を走っている状況ではなかった。

クローズアップ現代で、紹介されたバック時に半身をひねって、という状況に近かったわけです。
そして、レンタカーだから不慣れ。

たぶん、ペダルを探っていたのだろうと思います。
だから、一瞬で反応できたのでしょうが、間違えたことに違いはない。

「これなら、最初からブレーキは左」の方が良いのでは無いのか?と思うわけです。

確か、大昔はクラッチペダルが、真ん中にあった時代もあるのですよね。

無理矢理に、右足でブレーキを踏むこと、に固執しているのではないのかな?

投稿: 酔うぞ | 2010/10/22 10:43:14

わたしもMTですwww

ATのアクセル、ブレーキペダルのレイアウトとがMTを引きずったままってのが、やっぱり根本的な間違いなんでしょうね。ほぼ同じ姿勢のほぼ同じ動作による操作が至近距離にあること自体が、なんらかの踏み間違いを誘発するとは思います。

大半の自家用車がATなんだから、ペダルの配置と形状をゴッソリと変えてもいいとは思うのですが、今度はユーザが違う操作体系に拒否反応を起こして、作っても売れないかもしれませんね。

急加速、急発進に対する「MTみたいなエンスト」をビルトインするって策はないものですかね。

投稿: あらきけいすけ | 2010/10/22 13:05:06

テスラさん、
私は、踏み間違いの経験が1度だけあります。しかもMT車でです。その状況は下り坂で、右足もペダルから離して床に付けていたからです。足を床に置いている状況では位置が決まりませんから、咄嗟にはペダルの位置を間違えるのです。右足は必ずどちらかのペダルの上に置いておくべきだと痛感しましたが、そうでない場合もあると言うことです。高級車にはオートクルーズというアクセルを踏まないで済む装置が有りますが、あれは危ないかもしれません。
また、渋滞中に追突されたことが有るのですが、相手の車の運転手はギアをニュートラルにして空走していました。多分、右足はペダルには載っていなっただろうと推測しています。

投稿: zorori | 2010/10/23 6:29:49

Zorori さん、

 ご経験の事は私が別の機会にコメントしたいと言っていた両足をペダルから離す状態その事です。MT車、もしくはAT車でも走行中にブレーキペダルもアクセルペダルも踏まないで走ってる状態は坂道を自由落下させてる時に有ります。ほっぽっといても走り降りて行くのにわざわざアクセル踏んで燃料燃やす必要ないだろの考えで、そこまで坂道を登って来るのに消費した燃料を少しでも回収してやろうというセコイ根性でもあります。街中での坂道は距離も傾斜も大したことなくそんな無理しても知れてますが、私がよく行ったり来たりする東名では結構長い下り坂(御殿場の前後、牧の原台地の前後、三ケ日-豊川-音羽蒲郡辺りの山坂)が有りまして、混んでる時は危ないのでやりませんが前がすいてる時などは両足床に戻して自由落下させてます。結構落下速度が上がって行きますのでエンジンブレーキをチョコチョコ効かせて適当なスピードに落とします(左足とシフト切り換えはエンジンブレーキのためこの間も結構やります)。全国走りまわった訳ではないので急坂の凄いところはまだあちこちに在るんでしょうが、私の経験で怖い急坂は名阪国道の天理市に降りる手前。山の上から一気に天理市に駆け降りて行く感じでニュートラルだと正直危ないです。全線エンジンブレーキを多用せよの注意書き。そう言えば箱根ターンパイクも素っ頓狂ですよね。そんな急坂ではフットブレーキも結構使いますから結局右足は床に置きっ放しということは僅かで、ブレーキペダルも平坦に戻っての再加速でのアクセルも結構実際は使ってます。
 クルーズコントロールの付いた様な上級車は乗ったことがないので感じは実感がないですが米国のような単調な長時間巡航スピード維持には便利な仕掛けと思うものの、咄嗟のときに足が忘れてないかの不安は確かにありますね。
 それと話はずれますがMT車で昔、ヒール&トゥーを一生懸命練習したことを思い出しました。コーナリングの立ち上がりを早めるため右足のつま先でブレーキを踏み込み同時にかかとでアクセルを吹かす例のテクニックですがなんか習得する前に車を一時降りてしまったので今は忘れてしまいました。よっぽど今のオートマの方がレスポンス速いと思いますが。

投稿: テスラ | 2010/10/25 12:47:34

コメントを書く