« 検察審査会・この決定は大いに疑問 | トップページ | 紙雑誌と電子雑誌の著作権処理のガイドライン »

2010.09.12

がんのワクチン治療

CNN.co.jp より「ワクチンが花嫁の父に与えた至福の時

2010.09.11 Sat posted at: 13:58 JST

(CNN)

カリフォルニア州フォルサム在住の生物学者、スティーブ・ホール氏(61)は、脳腫瘍の中でも最も死亡率の高い膠芽腫を宣告されたおよそ1年後に娘のエリンさんの結婚式で踊っていた。

通常、膠芽腫の患者で1年間生きられるのは3人に1人以下にすぎず、まして1年後に踊れるほど元気な人などほとんどいない。

実は、ホール氏は放射線治療や化学療法よりも効果のある治療を受けている。

それは、オーダーメイドのワクチンを使った治療だ。
同氏は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の臨床試験の一環としてワクチン接種を受けた。

「やっていることは手術と同じだ。腫瘍を除去し、各患者の腫瘍から直接ワクチンを作る。そして、そのワクチンを患者の体に戻す
と語るのは試験の責任者、アンドリュー・パルサ医師。

膠芽腫の死亡率が特に高い理由は、どんなに腕の良い神経外科医でも腫瘍をすべて取り除くことは不可能だからだ。
一部のがん細胞が脳内に残り、再び増殖する。その期間は通常、数カ月程度だ。

しかし、パルサ医師の行っている臨床試験は、今のところその逆境を克服している。

試験開始から1年以上経過したが、自分の腫瘍から作ったワクチンの接種を受けた8人の患者にがんの再発は見られない。

パルサ氏は、いつか膠芽腫が「死刑宣告」ではなく、高血圧や糖尿病のようなごく普通の慢性疾患として扱われる日が来ると期待する。
そしてホール氏も自分の未来を楽観的だ。「ワクチンが効果を発揮し、さらに20年間生きられることを切に願っている」(ホール氏)

こんなことが、あっさりとできるものなのでしょうか?
本当にできたのであれば、大したものですが、今までこんな考え方はあったのでしょうか?
それとも、コロンブスの卵のような、見落としていた手法と言えるのでしょうか?

9月 12, 2010 at 09:56 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49423175

この記事へのトラックバック一覧です: がんのワクチン治療:

コメント

私の病気(慢性疲労症候群)もウイルスが関係している可能性があります。
「慢性疲労症候群の患者にレトロウィルスが存在」
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_94106

投稿: 田吾作 | 2010/09/12 10:50:50

ウェブサイトのアドレスを貼り付けていますが、治験担当医師の名前も合致しますので、Oncophageのことなのでしょう。ちなみに、wikipediaで癌ワクチンを検索し、がん治療ワクチンの項目をみると、かなり昔から研究されていたようです。

投稿: みっちゃん | 2010/09/14 10:19:23

コメントを書く