« 郵便不正事件・びっくりの展開・その4 | トップページ | 阿久根市・議員が議場を封鎖 »

2010.09.27

二重三重に恥ずかしい行動をした府立高校

読売新聞より「生徒食べたホウ酸団子、実は教諭が直接手渡す

大阪市内の府立高校で、家庭科の女性教諭(53)が作ったゴキブリ駆除用のホウ酸団子を女子生徒が誤って食べた問題で、教諭が生徒にホウ酸団子を「特製クッキーよ」と直接手渡していたことがわかった。

校長はこうした事実を知りながら、府教委には当初、

「教諭が目を離した間に、生徒は職員室の机上にあった一つを口にした」
と報告していた。
校長は27日、府教委に報告し直し、生徒側に謝罪した。

府教委や同校によると、教諭は21日朝、自宅で作ったホウ酸団子を職員室でまいていた際、訪ねてきた生徒に冗談で1個手渡したという。

校長は同日夕、府教委に経緯を報告したが、内容が事実と異なることに24日、教頭が気づき、校長に訂正を求めていた。

校長は

「生徒が自分で取ったか、教諭が手渡したかは重要でないと考えた。すべて私の責任で、生徒、保護者に大変申し訳ない」
と話している。

(2010年9月27日22時31分 読売新聞)

傷害罪の疑いがありますね。
警察が来ちゃうよ、校長先生。

どこをどうやれば「「生徒が自分で取ったか、教諭が手渡したかは重要でない」と考えられるのだろう?
法治国家の教育者、特に管理者としては失格だろう。

9月 27, 2010 at 10:44 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49581120

この記事へのトラックバック一覧です: 二重三重に恥ずかしい行動をした府立高校:

コメント

校長他管理職は教委の意向最優先ですから、自己=教委の責任となる事故報告はまずしません。まずは生徒に責任を押し付けそれがバレ無ければ一件落着、を狙います。
でもおてんとうさまはお見通しな訳で、ウソを教委に報告したことがバレちゃった好例ですね。
生徒の直接手渡した家庭科教諭は傷害罪、教委に嘘の報告をした校長は偽証罪相当で、それぞれ教委の分限処分を受けて当然でしょう。
そしてそれが為に責任押し付けられた生徒は名誉毀損罪で校長を裁いてもらい、名誉を回復するのが重要です。

まあ、またもや学校管理者が身内に甘いことを露見した事件です。でも、なぜ校長が教委に報告する時点で教頭が間違った報告内容に気がつかなかったのか不思議です。校長が単独で事件内容を家庭科教諭の言うがままが正しいとして教委に報告したのでしょうか。教頭に何も相談無く。不思議だ。

投稿: 昭ちゃん | 2010/09/28 16:40:44

やはり、恐れていた事が起きていますね。
最初に事件が報じられてから2ちゃんねるで女子生徒バッシングが起きて、今度は女性教諭に。

記事の内容だけでは誰にどんな非があるか不明ですから、女性教諭が悪いと判断するのは危険のような気がします。
女性教諭が「特製クッキーよ」と言っても「食べ物です・食べて良い」と言わなければ傷害罪には成らないでしょう。

http://megalodon.jp/2010-0928-1923-24/osaka.yomiuri.co.jp/news/20100924-OYO1T00800.htm?from=main1
「教諭が21日朝、ホウ酸やうどん粉などを混ぜて作ったホウ酸団子(直径約2センチ)25個を職員室の床にまいていたところ、生徒が「これ何?」と質問。教諭が「特製クッキー」と冗談で答えて目を離した直後、生徒が机の上に残っていたホウ酸団子をかじって「まずい」とはき出したという。」
元の記事でも「食べ物です・食べて良い」と言ったかは不明です。

ただし、校長の対応は大いに問題にするべきでしょうね。対応の拙さで騒ぎが大きくなっていますから。

投稿: e10go | 2010/09/28 20:05:17

わたしには、二点の「許しがたい」と考える行動があります。

 1 ホウ酸団子を「クッキー」つまり食べ物として扱ったこと。

 2 校長が「手渡したか、生徒が取ったかは問題ではない」と考えたこと。

1については、どこまで行っても食品ではないのだから、それを誤解させるような言動自体が、労働安全などの観点からも、違反行為です。

誤解することがないように「毒物注意」と言う以外の選択はないはずです。
つまり冗談でも言ってはならない。
冗談にしたこと自体に客観的に悪意があって、傷害の可能性があると考えます。
(主観的に悪意がない、というのは水掛け論)

校長の言動は、もっと重大な事態になったら、「どっちでも」なんて言えるわけがない。
全く論理的でないわけです。

論理的でない説明は通用しないわけで、現実に「バレた」となりました。
これでは、管理者として全く信用できないわけで、そっちが問題ですね。

彼らは、社会をなめいている、と感じるのです。
生徒たちは、彼らを信用するでしょうか?
そっちが問題ですよ。

投稿: 酔うぞ | 2010/09/28 20:27:27

この手の事件を見ていくと、学校側の生徒に対する態度が見えてきます。
私立だと生徒は大切なお客様
公立だと奴隷

投稿: 昭ちゃん | 2010/09/29 13:15:59

コメントを書く