« AO入試縮小へ | トップページ | 阿久根市・条例公布せず »

2010.09.17

ホメオパシー・流況大学の対応

朝日新聞より「琉球大、必修授業にホメオパシー 来年度から取りやめ

2010年9月17日5時30分

琉球大学医学部が6年前から、助産師の卵たちに民間療法「ホメオパシー」を必修授業の中で教えていた。日本ホメオパシー医学協会認定の療法家(49)が講師だった。

ホメオパシーに傾倒する助産師が通常医療を拒否するトラブルも起きており、同大は来年度から取りやめることを決めた。
今後は学生に「リスクがある」と伝えていくという。

大学や担当した講師によると、ホメオパシーの授業は、代替療法の一つとして、保健学科の「助産診断・技術学」の中で年1回、3年生を対象に行われた。

今年度も8月10~11日、学生10人を対象に、ホメオパシーの歴史やレメディーと呼ばれる砂糖玉が体に作用する仕組み、症状が緩和できる病気について、教えたという。
講師が学生から「どうしたら(ホメオパシー療法家の)資格が取れるか」と聞かれたこともあるという。

講師の療法家は助産師で、沖縄県内に日本ホメオパシー医学協会と提携する助産院を開設。
2004年度に非常勤講師として採用された。
この療法家は取材に「ホメオパシーは素晴らしい。症状が改善する」と話している。

今夏、山口市でホメオパシーを実践する助産師が女児にビタミンK2シロップを与えず頭蓋(ずがい)内出血により死亡させたとして、損害賠償を求める訴訟が起きたことが明らかになった後も、学内で授業内容に異論は出なかったという。

しかし、日本助産師会が8月下旬、ホメオパシーを使用したり、勧めたりしないよう会員に求めたのを受け、担当教員らが「適切ではない」と判断
来年度以降は中止することを、医学部教授会などを通じて決めることにした。

ホメオパシーを取り入れている助産師は多く、日本助産師会の調査でも、1割弱の助産院が実践していた。

担当の教授(母性看護・助産学)は

「お母さん方から質問された時に、説明できるように取り入れた。今後はホメオパシーはリスクがあるものと伝えていく」
と話している。(岡崎明子、長野剛)

朝日新聞のホメオパシー追求記事はなかなかすごいですが、今回の記事が事実であるとすると、琉球大学の大学としての姿勢にはかなり問題があるとなってしまいますね。

損害賠償を求める訴訟が起きたことが明らかになった後も、学内で授業内容に異論は出なかった

こういうときにタイムリーに判断することを社会は、大学に要請しているはずなんですがね。
異論が出なかったではなくて、判断の結果、責任を持って講義を継続することに決めた、と発表するか、判断が遅れていると発表するべきだったでしょう。

一言で言えば放置したわけで、その結果

日本助産師会が8月下旬、ホメオパシーを使用したり、勧めたりしないよう会員に求めたのを受け、担当教員らが「適切ではない」と判断

と担当教員の責任で、変更を決めた。
あきらかに、講座を担当していた助産師にとっては不利益処分だから、担当教員個人に対して損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある。

こんな可能性について、大学はどう考えているのだろうか?

9月 17, 2010 at 09:41 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49474296

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシー・流況大学の対応:

コメント

酔うぞさん、
> 担当教員個人に対して損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある。
ですけれども、新聞記事では、そのすぐあとに、
> 来年度以降は中止することを、医学部教授会などを通じて決めることにした。
と、ありますので、まだ、学科か講座の「提案」段階で、承認は学部の教授会に諮るようですから、責任は、そちらに回ると思います。

投稿: mimon | 2010/09/18 6:30:00

コメントを書く