« いろは坂でマイクロバス衝突 | トップページ | 郵便不正事件・びっくりの展開・その2 »

2010.09.21

郵便不正事件・びっくりの展開

朝日新聞より「検事、押収資料改ざんか 捜査見立て通りに 郵便不正

2010年9月21日3時31分

郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件で、大阪地検特捜部が証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)が改ざんされた疑いがあることが朝日新聞の取材でわかった。

取材を受けた地検側が事件の捜査現場を指揮した主任検事(43)から事情を聴いたところ、「誤って書き換えてしまった」と説明したという。

しかし、検察関係者は取材に対し「主任検事が一部同僚に『捜査の見立てに合うようにデータを変えた』と話した」としている。
検察当局は21日以降、本格調査に乗り出す。

朝日新聞が入手した特捜部の捜査報告書などによると、FDは昨年5月26日、厚生労働省元局長の元部下(41)=虚偽有印公文書作成・同行使罪で公判中=の自宅から押収された。

FD内には、実体のない障害者団体が郵便割引制度の適用を受けるため、被告が2004年6月に発行したとされる偽の証明書や文書の作成日時などに関するデータが入っていた。

特捜部は証明書の文書の最終的な更新日時を「04年6月1日午前1時20分06秒」とする捜査報告書を作成

FDは押収の約2カ月後にあたる7月16日付で被告側に返却され、元局長らの公判には証拠提出されなかった。

朝日新聞が今夏、被告の弁護団の承諾を得てFDの記録を確認したところ、証明書の文書の最終的な更新日時が「04年6月8日午後9時10分56秒」で、特捜部が捜査報告書に記した最終更新日時と食い違うことが分かった。

このため、朝日新聞が大手情報セキュリティー会社(東京)にFDの解析を依頼。

本来は「6月1日」であるべき最終更新日時が「6月8日」と書き換えられていた。

その書き換えは昨年7月13日午後だったことも判明。

この日はFDを被告側に返す3日前だった。

また、他のデータについては被告が厚労省の管理するパソコンで操作したことを示していたが、最終更新日時だけが別のパソコンと専用ソフトを使って変えられた疑いがあることも確認された。

検察幹部の聴取に対し、主任検事は「被告によるFDデータの改ざんの有無を確認するために専用ソフトを使った」と説明したとされるが、同社の担当者によると、このソフトはデータを書き換える際に使われるもので、改ざんの有無をチェックする機能はないという。

特捜部は捜査の過程で、被告の捜査段階の供述などを根拠に

元局長による被告への証明書発行の指示は『6月上旬』
とみていた。

だが、証明書の文書データが入ったFD内の最終更新日時が6月1日未明と判明。

元局長の指示が5月31日以前でなければ同氏の関与が裏付けられず、最終更新日時が6月8日であれば被告の供述とつじつまが合う状況だった。

朝日新聞の取材に応じた検察関係者は

「主任検事から今年2月ごろ、『元局長から被告への指示が6月上旬との見立てに合うよう、インターネット上から専用のソフトをダウンロードして最終更新日時を改ざんした』と聞いた」
と説明。FDの解析結果とほぼ一致する証言をしている。(板橋洋佳)

■主任検事が大阪地検側の聴取に対して説明した主な内容は次の通り。

被告宅から押収したフロッピーディスク(FD)を返す直前、被告がデータを改ざんしていないか確認した。

その際、私用のパソコンでダウンロードしたソフトを使った。改ざんは見あたらなかったため、そのソフトを使ってFDの更新日時データを書き換えて遊んでいた。

USBメモリーにコピーして操作していたつもりだったが、FD本体のデータが変わってしまった可能性がある。FDはそのまま返却した。

厚労省元局長の話

なぜこんなことが起きてしまったのか理解できない。

私にとって無罪証明のよりどころとなる「2004年6月1日」の更新日時データを書き換えた行為はあまりに悪質で、心の底から怖さを感じる。

書き換えが個人の責任なのかどうか、今は根の深さが見えていない。

検事の職業倫理を内部で徹底し、その能力と倫理が「一級」のものになってほしい。

朝日新聞より「フロッピーの日付、検察に都合よく 押収資料改ざん疑惑

2010年9月21日5時40分

厚生労働省の偽の証明書発行事件をめぐり、大阪地検特捜部の主任検事が証拠のフロッピーディスク(FD)を改ざんした疑いが明らかになった。

「遊んでいるうちに書き換えてしまった」という検事の弁解に、弁護人は「ありえない」と不信感を募らす。
検事はなぜ有罪無罪を左右しかねない行為をしたのか。

検察捜査への信頼を揺るがす証拠の書き換えを行ったのは、今回の捜査を現場で指揮した主任検事(43)だった。

厚生労働省元係長(41)=虚偽有印公文書作成・同行使罪で公判中=のフロッピーディスク(FD)をいじった理由について地検の聴取に、被告がデータ改ざんをしていないか確認するためだったと説明している。

しかし、被告の弁護人は20日、朝日新聞の取材に、

「改ざんの有無を調べるのであれば、専門機関に鑑定を出すはずで、検察官個人が調べるなどあり得ない」
と指摘する。

さらに、正確なデータが書かれた特捜部の捜査報告書が公判で証拠採用されていなければ、同省元局長が「冤罪になった可能性が高い」と述べた。

被告も弁護人を通じ

「検察に対して恐怖心を覚える。こんなことが当たり前になると、誰でも逮捕されてしまうのではないでしょうか」
とコメントした。

記録改ざんの疑いが浮上しているFDの文書データは、被告が自称障害者団体「凛(りん)の会」(のちの白山会、東京)向けに作成した偽の証明書をFDに最終保存した日時だ。

元局長の公判に影響を与える重要な証拠で、FDは昨年5月26日、被告の自宅から押収された。FDの押収後に調べた特捜部の捜査報告書などによると、初めは「04年6月1日午前1時20分06秒」と記録されていた。

検察側は、被告が元局長から証明書の不正発行を指示されたのは6月上旬であり、被告が証明書を作成したのはその後という構図で関係者の供述を集めていた。

証明書が6月1日未明に保存されていたという証拠は、検察側にとって都合の悪いものだった。

FD内に記録された証明書の最終更新日時が書き換えられたのは昨年7月13日。

検察側の構図と合う「04年6月8日」とされ、FDは3日後の昨年7月16日、被告側に返却された。

しかし、FDはその後、公判で証拠としては採用されず、代わりに、証明書の最終更新日時を「6月1日」と正しく記載した特捜部の捜査報告書が証拠採用された。

捜査報告書は元局長側に証拠として開示され、元局長側から公判に証拠請求されたためだった。

主任検事は、裁判を担当する地検公判部に捜査報告書が引き継がれたことを知らず、報告書はそのまま元局長側に開示されたとみられる。

捜査報告書の存在の重要性に気づいたのは、大阪拘置所での勾留(こうりゅう)中に開示証拠をチェックしていた元局長本人だった。

検察が描いた構図と、被告が文書を保存した日時がずれていると、弁護団に連絡した。

弁護団は今年1月の初公判の弁護側冒頭陳述でこの証拠を生かして、「検察側の主張は破綻(はたん)している」と訴えた。

この結果、元局長の指示について「04年6月上旬」とする検察側の主張と証明書の作成時期が合わなくなり、今月10日の元局長の判決公判で裁判長は「検察側の主張と符合しない」と指摘した。

朝日新聞の取材に応じた検察関係者は、

「主任検事が同僚に『見立てに合うようにデータを書き換えた』と打ち明けた」
と証言した。

書き換えの理由を

「FDを弁護側が公判に証拠として提出してきたら、公判が検察側に有利に進むと考えたのかもしれない」
とみている。(板橋洋佳、野上英文)

何ともすごい展開になってきましたね。

コンピュータ関係の証拠は、多くが書き換え可能だから、証拠保全の技術が非常に重要だと何年も前から言われていて、わたしが「コンピュータ犯罪に関する白浜シンポジウム」に初めて参加した、1999年頃には米国からFBIなどが来て、どのような取り組みをするものかという講演をしていました。

今では、デジタルフォレンジックとして研究会もありますし、勉強会も年中開催されています。

主任検事の

FDの更新日時データを書き換えて遊んでいた。
というのは、ピストルを押収したから、ぶっ放して遊んでいた。というほどの意味ですよ。
遊ぶなり研究するなりは、それなりにやってほしいですが、本番データでやることですか?
普通、「証拠の現物で遊びました」ということ自体があり得ないでしょう。
全く関係なくても、それだけで懲戒免職でしょう。

だから、当然「証拠のねつ造」の意志があったと、判断せざるを得ないでしょう。

9月 21, 2010 at 04:30 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49519053

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正事件・びっくりの展開:

コメント

どうやら、問題の検事さんは証拠隠滅容疑で逮捕されたようです。

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%89%8D%E7%94%B0%E6%81%92%E5%BD%A6&num=50&hl=ja&safe=off&client=firefox-a&hs=36i&rls=org.mozilla:ja:official&prmd=no&source=univ&tbs=nws:1&tbo=u&ei=ebWYTM_nGIbGvQOJ4On4DA&sa=X&oi=news_group&ct=title&resnum=1&ved=0CCgQqAIwAA

フロッピーディスクには作成、修正、アクセスの3つの情報が記録されているようです。

修正日を「昨年7月13日」と断定したのは、そのアクセスのタイムスタンプからでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/File_Allocation_Table

作成、修正日時だけ弄ったという事でしょうか?

フロッピーディスクなら、diskcopyで簡単に複製が取れるのですから、作業するなら複製で行うべきでしょうし、そもそも書き込み不可に出来るのですから、ミスによる変更を避ける為にもはじめから、そのようにすべきはずですが...

#今の人にはそのような常識は存在しないのでしょうかね?

投稿: 多分役立たず(HNです) | 2010/09/21 22:55:08

>#今の人にはそのような常識は存在しないのでしょうかね?

あたしは、もうちょっとうがった見方をしています。

そもそも、主任検事ですよ。それが、直接証拠物をいじるとは思えない。

で、「誤って、書き換えた」であるわけがない。
そうなると、以下妄想。

  主任「FDの更新日を書き換えろ」
  部下「証拠隠滅になりますよ。
      そもそも、調書は提出済みだから、
      調書と現物がずれてしまいます。
      何の役に立つのですか?」
  主任「分からない奴だな、オレが見せてやる」
  部下「書き換えたのは分かるけど、
      証拠申請していないし、
      保管しておくだけですよ」
  主任「いいから、被告宅に送り返してしまえ」
  部下「はあ?それが何の役に立つのです」
  主任「おまえバカだな。いいか、調書は6月1日だ」
  部下「そうです。
      だから証拠にすると、不利になります」
  主任「そこに、被告の手元に現物のFDが戻るわけだ」
  部下「はあ????」
  主任「当然、弁護側は有利な証拠の現物として
      FDを証拠申請するだろう」
  部下「あ、そこで6月8日の物証が確定するですか
      バレませんかね?
  主任「お前、どうやって書き換えたか、
      証明する方法知ってるか?」
  部下「知りません」
  主任「だろう、法曹人はPCなんて知らないのよ
      だから、書き換えただろうと疑っても
      そんな証拠は出せない。
      そもそも、電子的証拠の扱いは
      決まっているのだから
      規則通りに扱っています、
      言えば反論できない」
  部下「なるほど」

と考えると、わざわざ書き換えた理由が理解できると思います。

投稿: 酔うぞ | 2010/09/22 0:44:50

犯人を身内が捕らえて身内で裁く。真っ当に裁けるのか注目です。
借りたFD消した壊した無くしたなんてこと起きなきゃ良いが。

投稿: 昭ちゃん | 2010/09/22 12:22:43

コメントを書く