« 消費者庁発足1年 | トップページ | 阿久根市長・議決済みの条例を執行せず、と宣言 »

2010.09.02

ホメオパシーと中学校

朝日新聞より「保健室でホメオパシー 沖縄の養護教諭、生徒に砂糖玉

沖縄県名護市の公立中学校の養護教諭が5年以上前から、保護者や校長、校医の了解を得ずに、民間療法「ホメオパシー」で使う「レメディー」という砂糖玉を、保健室で生徒に日常的に渡していたことがわかった。複数の生徒や卒業生によると、教諭は「普通の薬はいけない」と話していたという。

保健室に特別の装置を持ち込み、砂糖玉を加工していたという。

校長や同市教育委員会は本人から事情を聴き、中止するよう指導した。

この養護教諭は、普及団体「日本ホメオパシー医学協会」が認定する療法家。

卒業生によると、この中学校に赴任した2006年度当時から、体調不良を訴える生徒にホメオパシー療法で使うレメディーという砂糖玉を渡していたという。
レメディーは、植物や昆虫の成分など「症状を起こす物質」を水に薄めて、しみこませた砂糖玉。

日本学術会議は先月下旬、ホメオパシーについて「科学的根拠がなく荒唐無稽(こうとうむけい)」とする会長談話を出している。

生徒や卒業生は

「頭痛や生理痛で保健室に行くと、『レメディーは副作用がない』と言って渡された」
「普通の薬はダメと言われた。部活の遠征にもレメディーを持たされた」
などと話している。ある生徒は
「熱が出た時も『家で飲みなさい』と渡された」
という。

新型インフルエンザが流行した昨年、

「インフルエンザを予防できるレメディー」
を渡され、予防接種を受けなかった生徒もいる。

また、この養護教諭は、砂糖玉をレメディーに変換するという装置を保健室に持ち込んでいた。
縦横が約30~40センチほどの装置で、症状に応じて生徒の目の前で砂糖玉を加工していたという。

一部の生徒は、このレメディーについて「思いこみ薬」と呼んでいた。

この養護教諭は、沖縄の全小中学校の養護教諭約440人が加入する任意団体「県養護教諭研究会」の元会長で、07年12月には、日本ホメオパシー医学協会の由井寅子会長を沖縄に招き、養護教諭向けの講演会も開いている。

同協会の会報誌に「教育現場で利用して10年になる。改善したことは多々あるが、トラブルは一度もない」と書いている。

養護教諭は朝日新聞の取材に

「直接の取材は受けない。質問は文書でホメオパシー医学協会に」
と話した。同協会からは回答がなかった。

同校の校長は

「許可した覚えはない。砂糖玉であっても『病気が治る』と言って渡しているのであれば問題」
と話し、即、中止するよう指導した。
校医も
「効果があるかわからないものを、生徒に勧めるのはよくない」
と話した。(岡崎明子、長野剛)

助産師会でも、地域支部でホメオパシーを普及させる、という団体活動をしていたわけで、日本ホメオパシー医学協会の標準的なやり方なのでしょう。

朝日新聞が集中してホメオパシーを取り上げていますが、この記事は卒業生まで取材しているのだから、かなり時間と手間を掛けてまとめたものでしょう。
逆に言えば、この養護教師はかなり有名だったのではないか?

それにしても、

養護教諭は朝日新聞の取材に
「直接の取材は受けない。質問は文書でホメオパシー医学協会に」
と話した。
同協会からは回答がなかった。

というのはずいぶんひどい話ですね。

9月 2, 2010 at 02:49 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49323789

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシーと中学校:

コメント

校医も
「効果があるかわからないものを、生徒に勧めるのはよくない」

校医さんが本当にこういう表現を使ったのかはわかりませんが、
「効果がないものを・・・」では? お医者様なら。

投稿: tambo | 2010/09/02 17:36:04

tambo さん

効果が得ると称して、効果のないことが確実なものを進めた。

ことが問題でしょう。

効果があるか分からないもの、というの効果が無いものととは意味が違いますね。

今回、効果が不明かもしれないが、効能がないことは間違えないわけで、それは医者でも、誰でも他人に積極的に勧めるのはダメでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2010/09/02 19:10:09

物の見方を変える必要もあるのでは。磁石は引き離すのにエネルギーが必要な物質である事が分れば、磁石に鉄を吸い付ける学校の実験では、先生が磁石と鉄にエネルギーを与えて引き離しているので吸い付ける事が出来る訳です。(【吉田伸夫】質問 永久磁石のエネルギーの源は何ですか? エネルギー保存の法則との関係はどう説明できるのでしょうか?【古典物理】
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/qa_pt.htm

昔からこの手の話が無くならないのは結局貧乏人用の医療行為だからで、現在の社会にも「新貧民」が生じているのが原因ではないでしょうか?

投稿: 【田吾作】 | 2010/09/03 21:00:34

>昔からこの手の話が無くならないのは結局貧乏人用の医療行為だからで、
>現在の社会にも「新貧民」が生じているのが原因ではないでしょうか?

この点は全然違ってます。
値段を検討していますが、どう見ても微妙に高い。
貧乏を理由にしたら、公的医療保険を使うのが一番安い。
たぶん先進国では共通です。

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/09/post-6141.html

ホメオパシーはカルト問題だと思っていますが、カルト問題の被害者は、どちらかというと所得や資産では恵まれている人が多いですよ。

それは、狙ってくる方がお金目当てなので、本当に金が取れない貧乏人には、来ないからです。

紀藤弁護士らが、カルト問題は消費者被害だ、と言っているのは被害の実態が多額詐欺と同列なっているからです。

有名な、統一教会の壺などは何百万円と報じられて、
当時は「それは珍しいことだろう」と思ったのですが、カルト問題のそばにいると、ほとんど例外なくこんな額の被害を受けていました。

ホームオブハート裁判は、和解でほぼ終了しましたが、5人に対して1値億を超える和解金になったはずです。(詳細は聞いていない)
つまり、5人の被害の総額が1億円を超えていた。

自己破産が何人も出ていますが、基本的には皆さん普通の主婦です。

こんなことを見ると、社会の病理かもしれませんが、直接的に経済問題とは相反すると見た方がよいと思います。

聞くところによると、8月8日に行われた「癒しフェア東京」での日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長・由井 寅子氏
http://a-advice.com/healingfair2010_tokyo/speakers_c_yui.html
の講演は、宗教的というか狂信的なものだったようで、「親の因果が子に祟り」と言った内容だったそうです。

超自然的なものを信ずる気持ちというのいつの時代にも無くなることはないだろうと思いますが、そういう気持ちのようなところをテコにして、悪徳商法として成立するから、カルト被害は無くならないのです。

投稿: 酔うぞ | 2010/09/03 22:59:19

田吾作さんの真意をはかりかねております。
> 結局貧乏人用の医療行為だからで、
一応、国民は、何らかの保険に入っているはずでして、普通の医療であれば、一部負担で正当な医療を受けられます。
保険外の診療や治療になるはずのホメオパシーの方が高くつくのが普通だと思います。
もちろん、医師以外の者が診療や治療をしていいのかというと、普通に考えたらNGです。

投稿: mimon | 2010/09/03 23:05:11

私は「新貧民」がなんであるのかまだ良く分りませんが、「動いている宇宙船の絶対速度を測定するのは“不可能であるという前提”は、論理的、あるいは必然的な理由からではなく、考えられる自然原則として、議論のため便宜的に決めたものなのです。」(「ファインマンの手紙」P404)という先例もあるので議論のため便宜的に決めても良いと考えています。

そして現在の社会にも「新貧民」が生じているというのは、「オヤジが子供に話している。「おまえは、何がモノを動かしていると思っているんだ?」「わかんない」「太陽が照ってるからなんだぞ」。そこで子供が反論する「ちがうよ、オモチャはぜんまいを巻くんだ」。オヤジが聞く「じゃあ、どうやってぜんまいは巻かれたんだ?」「ぼくが巻いたんだ」「それでおまえはどうして動けるんだ?」「いろいろ食べてるからね」。こうしてオヤジが得々として言う、「その食べ物はもともと太陽が照っているから育つんだ。だから太陽が照ってるからみんなが動くんだ」。 ファインマンは「意味をつくりだそうとすること」が「考えること」であり、そのことを伝えようとすることが「教育」や「学習」であると確信する。「エネルギーによる」なんて説明は「宇宙はワカリクセスによって動いている」とか「それはピリトミルのせいなんだ」と言っているのと同じで、科学にはならないというわけなのである。」(松岡正剛の千夜千冊 http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0284.html)という趣旨より「意味をつくりだそうとすること」のために使用しました。

「ホメオパシー患者」とか「カルト問題の被害者」とか「年越し派遣村の住民」とかを「新貧民」として見直すとどうなるのかという問題意識を私は持っています。

社会の現実は、移民に寛容と言われた欧州では「「域外化」を進めるEUの国境管理」」(ル・モンド・ディプロマティーク http://www.diplo.jp/articles10/1006-3.html)のように既に「移民」の定義を変えており、「2010年4月20日にニューオーリンズの沖合で、BPの石油掘削施設ディープウォーター・ホライズンの爆発により流出を始めた原油」問題は「メキシコ湾原油流出と隙だらけの法制度」(同上 http://www.diplo.jp/articles10/1007.html)のようにアメリカ自身の問題でもある事が報道されています。

投稿: 田吾作 | 2010/09/04 12:08:29

間違えなく言えるのは、経済的には

    「ホメオパシー患者」
    「カルト問題の被害者」
    「年越し派遣村の住民」

同列にはありません。

投稿: 酔うぞ | 2010/09/04 12:35:49

コメントを書く