« ウイルス作成罪がようやく作られるか? | トップページ | 最悪の名古屋中央児童相談所 »

2010.08.11

ホメオパシー問題とは医療ネグレクトだ

朝日新聞より「代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む

2010年8月11日5時46分

代替療法ホメオパシーを利用している人の中で、病気が悪化して死亡する例が相次いでいる。

通常の医療は末期になるまで受けていなかった。

東京では5月、国立市の女性(当時43)が、がんで死亡した。

埼玉でも昨年5月、男児(同生後6カ月)が死亡した。
女性の遺族らは先月、「憂慮する会」を設立し、ホメオパシー療法家らに真相解明を求めて運動を始めた。

5月16日、東京都東大和市内の病院の集中治療室。
女性は、悪性リンパ腫が悪化して人工呼吸器を付け、声も出せない状態だった。
親交のあった荒瀬牧彦牧師=めぐみ教会(東大和市)=が見舞うと、手話で3回、「ごめんなさい」と訴えた。
ホメオパシーに頼り、前日に救急搬送されたばかり。入院から11日後に死亡した。

荒瀬牧師は「最後の最後になり、自分の誤りに気づいたのかもしれない」と話す。

両親によると、女性がホメオパシーを始めたのは3年前。

離婚直後で精神的に不安定な時に友人に紹介された。

昨春から体調を崩し、全身の痛み、強い肌荒れを訴え始めた。
荒瀬牧師は何度も病院受診を勧めた。だが女性は「今までのホメオパシーの努力が無駄になる」と拒み続けたという。

5月には外出も困難に。
激しい胸の痛みに母親(69)が救急車を呼ぼうとすると、「西洋医学はダメ」と最後まで拒んだ。
気を失いかけたすきに、母親が救急車を要請。
搬送先で、初めて悪性リンパ腫と診断された。

さいたま市では昨年5月、生後6カ月の男児が体重5千グラム前後の低体重のまま死亡した。

両親は助産師の勧めでホメオパシーに傾倒。
市によると、病院での男児のアトピー性皮膚炎の治療や予防接種も拒否していたという。

市児童相談所は、病院の受診拒否などを虐待と判断。

保健師の指導で男児が4月に入院した際、両親が連れ戻さないよう病院に要請していた。
男児は5月2日に死亡した。

ホメオパシーでは、病気の症状が重くなっても、自然治癒力が増した証拠の「好転反応」ととらえる。これが患者を病院から遠ざけているとの指摘がある。

女性や男児の両親が頼った療法家を認定した日本ホメオパシー医学協会は取材に「現代医療を否定してはいない。
(女性が死亡した)案件は調査中」と回答した。(長野剛、岡崎明子)

ようやく新聞に

病気の症状が重くなっても、自然治癒力が増した証拠の「好転反応」ととらえる
と出たか、と思います。

「好転反応」は、この手の事件にしばしば登場するもので、わたしが応援している「真光元裁判」でも登場しました。

に書いた通りです。

好転反応という言葉を誰が言い出したのか分かりませんが、平たく言うと「好転反応」=「症状が悪化」です。
現実は順序が逆で、症状の悪化した患者に対して、「それは好転反応だ」と通常の医療を拒否するように説得する言葉として使われているわけです。

真光元事件で、小児糖尿病の被害者が、意識不明の状態になっても「好転反応」だとしていて、医療機関への搬送が遅れて亡くなりました。

真光元裁判では、一審で被害者(原告)が敗訴していますが、控訴審が8月26日に始まります。

  1. 8月26日(木)
  2. 午前10時30分~
  3. 東京高等裁判所824号法廷

わたしには、強力な洗脳がセットになって、事件を引き起こしているように思えます。
新聞に紹介されている例はいずれも、患者本人や、親が積極的に通常医療を拒否しているわけで、その理由が、代替医療が通常医療を否定しているから、患者本人や患者の親が代替医療を信じ込むと、通常医療を否定する、となるのです。
そのように信じ込むのは、強力な洗脳によるものだ、と解釈するべきでしょう。

人が何かを信ずるのは、程度の差はあっても自然なことですから、それを否定することは出来ません。
しかし、積極的に通常医療を拒否するというのは、患者本人ならとにかく、親が子供の医療を拒否するのは「医療ネグレクト」です。

わたしの考えでは、通常の知識(常識)のある人が、積極的に医療を拒否する場合、周囲の人たちの影響が大きいでしょう。
真光元事件は、まこも神社という宗教組織の影響を受けての事件ですし、新聞の記事のように「ホメオパシー」、「手かざし」「浄霊」などが挙げられます。
これらすべてを説明するのには、代替医療問題の本質が「カルト問題である」と言うしか無いです。

8月 11, 2010 at 09:26 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49119523

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシー問題とは医療ネグレクトだ:

コメント

助産院は危険です。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/09/images/s0905-7f1.gif

50年前、分娩場所が助産所や自宅から、病院や産婦人科医院(診療所)に代わり、母体死亡率が激減してます。

半世紀前に戻るのか????

投稿: beauty | 2010/08/11 18:20:29

酔うぞさんは、すでにお気づきのことと思いますが、「真光元被害者の会」のサイトに、
> 何分パソコンにとても不慣れな為、皆様方からお寄せ頂いた情報を誤って
> 全て削除させてしまい大変途方にくれております…。
と、「お知らせ」が載っています。

> つきましては大変身勝手なお願いではございますが、
> 再度『被害者の会』に是非とも情報をお寄せ頂けませんでしょうか…m(_ _)m
とのことですので、お心当たりの方は、よろしくお願いします。

投稿: mimon | 2010/08/11 23:36:39

コメントを書く