« まだ続いていていた神栖市のヒ素問題 | トップページ | 消費者庁発足1年 »

2010.08.30

首相のやることか?

読売新聞より「介護保険、高齢単身・夫婦世帯に手厚く…首相

菅首相は29日、2012年度の介護保険制度改正の際、高齢者の孤立化を防ぐため、高齢者の単身世帯や夫婦のみの世帯への支援を基本目標に追加するよう、厚生労働省など関係省庁に指示したことを明らかにした。

高齢者の所在不明問題が社会問題化していることを踏まえたもので、介護保険法改正や新規立法の必要性にも言及した。

支援の具体策として、

  1. 〈1〉介護従事者による24時間体制での地域巡回・訪問サービス
  2. 〈2〉見守り付きなどの高齢者住宅の整備
  3. 〈3〉認知症支援
を「新型サービス3本柱」として全国普及を目指す方針も示した。

厚生労働省は11年度予算の概算要求で、24時間地域巡回サービスに28億円、認知症の高齢者の見守りに関する新規事業に9・8億円を盛り込んでいる。

首相は兵庫県姫路市で記者団に、保護司制度や罪を犯した人の更生支援策の充実策を検討する関係省庁連絡会議設置を千葉法相に指示したことも明らかにした。

(2010年8月29日20時16分 読売新聞)

なんで、介護保険なのだ?

そりゃ高齢者問題だから、という意味で介護保険というのはARRIかもしれないが、原稿の介護保険が十分に機能しているのか?となると、十分とは言い難い。
つまり、現行サービスの質の向上が必要だと思う。

そこに、こんな問題を上積みして成り立つものなのか?

別立法という選択肢とか言っているが、いちいち起きた事件に対応して、何かをやるという後追いでは政治とは言えまい。
高齢者の所在不明問題なんてのは、行政の情報管理の問題だけであって、個人にとって何か国からサービスを受けなければならない種類の問題なのか?

ちょっとやり方がひどすぎるのではないか?

8月 30, 2010 at 04:52 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49296339

この記事へのトラックバック一覧です: 首相のやることか?:

コメント

コメントを書く