« 東京23区の清掃工場で水銀被害で操業停止中 | トップページ | ホームオブハート裁判・トシオフィス債権者集会 »

2010.08.02

阿久根市・ようやくリコールが正式稼働

サンケイ新聞より「市長リコール16日申請 阿久根の市民団体

2010.8.2 17:37

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対するリコール(解職請求)の成立を目指している市民団体「阿久根市長リコール準備委員会」は2日、リコール運動をするための証明書交付を16日に市選挙管理委員会に申請することを明らかにした。早ければ17日から署名集めを始める。

1カ月以内に有権者の3分の1以上の署名が必要で、阿久根市では約6700人が必要となる。確定すれば60日以内に住民投票が行われ、過半数の賛成で市長は失職、50日以内に出直し市長選が行われる。同準備委は年内にも住民投票が行われると見込んでいる。

準備委は6月下旬から市内61カ所で説明会を実施。川原慎一委員長は「市民から竹原市長の資質を疑問視する声が上がっている。市民はリコールを望んでいる」と話した。

リコールってこんなに時間がかかるものなのでしょうかね?
6月下旬から、説明会を実施していて、8月の16日から一ヶ月かけて署名集めなんですよね。

それにしても、市長を交代できるのでしょうか?
前回のリコールでは、リコールは成立したが、占拠してみたら元に戻ってしまった、つまり適切な候補者がいなかった。

現在も市長が強気なのは、ライバルがいないというのが大きいのではないだろうか?
いわば、鼠が「ダレがネコに鈴を付けるのか?」と相談している、とでも言うべき状況では無いのだろうか?

首尾良く猫を追い払っても、鼠にはネコの代わりは務まりませんでした。というのは大いにありそうに思う。

8月 2, 2010 at 06:30 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49039061

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市・ようやくリコールが正式稼働:

コメント

就任から1年経過してないとリコール出来ないことに加えて、リコール請求と国政選挙期間が重なる場合、同期間内は署名活動はできない為、このタイミングになったようです

↓参考
http://www.janjanblog.com/archives/1910

投稿: わくたま | 2010/08/03 10:48:34

竹原さんは地元住民には結構人気があるみたいですね。
職員の給与を公開して透明性を高めたり、
財政を削減しその分で減税やゴミ袋を安くしたりと、
色々やっているそうです。
道を切り開く人とは、案外こういう人なのかもしれませんな。
果たしてリコールが吉と出るのか凶と出るのか。

投稿: なる | 2010/08/04 23:59:21

陰謀論を信じるポピュリズム政治家が切り開いた道になんか行きたくないなあ。

投稿: オキナタケ | 2010/08/05 21:07:52

>竹原さんは地元住民には結構人気があるみたいですね。

そうでしょうね。選挙で選ばれたのですから。民主主義ですから。
ヒトラーだって人気がありました。

投稿: zorori | 2010/08/06 6:25:02

リコールというのは、主張を引きずり下ろして終わり、では無いはずなんですよね。

よりより首長を選出して「こっちの方が良かったと証明した」とならないと、合法的な破壊主義になってしまう。

少なくとも、阿久根市での前回のリコールは、そういう段階以前で失敗だったわけです。

では、次のリコールで別の首長が出て、うまくいのか?と考えると、書いたように「首尾良く猫を追い払っても、鼠にはネコの代わりは務まりませんでした」は大いにあり得るのではないのか?

こんなことを繰り返していると、独裁の方がましだ、議会を廃止しろ、となりかねないのです。

投稿: 酔うぞ | 2010/08/06 9:45:29

もう阿久根市の市民の判断には期待できないと思っているが、現状打開のためにはリコールしかないんでしょうね。しかし出直し選挙で再々選出されたら?怖いですね。今までのやりたい放題の市長を市民は選ぶのでしょか?
ここは、腹をくくって市民が立ち上がらないと阿久根市に未来なんてありませんよ。「障害者差別発言」に始まって一連の法律無視の行動は民主主義なんて言葉は到底当てはまらないし、あまりにも市民をバカにしている。竹原こそ昔の優生保護法なるもので淘汰されるべき人間?(畜生にも劣るが、畜生は死んで人の食料となって役に立っている)しかも、防大卒といえば、衣食住をはじめ授業料もすべて国民の血税でまかなわれていることをご存知ですか?そのような好待遇を受けて、自衛官として勤めたのはたった2年間。さらに防大卒者は入隊直後から二尉(昔でいう中尉)に着任するというこれも好待遇。しかし、前原市長なる独裁者は二尉のまま昇進もしていないということは、何らかの欠陥があったと思われるのです。
自衛官の職もまともにやり遂げ得なかった者に地方自治が理解できると思いますか?
このように、能力的にも不釣合いの者を市長の職に就けるなんてことは常識ではあり得ないのですよ。妹が社長である建設会社が、市が発注した工事の入札で市の制限価格と1円しか違わない金額で落札するなんてことは、絶対にあり得ないことですよ。ここでも行政を私物化している姿が容易に察しがつきますね。このように問題点を挙げれば枚挙にいとまはありません。市民の皆さん・議会議員の皆さん、そして市職員の皆さんが立ち上がらないと阿久根市は全国の笑いもののままですよ。
立ち上がってください。もう時は来たのです。竹原を阿久根市から追い出す気概を持ってことに当たってください。

投稿: 老人と鴨 | 2010/08/11 14:25:49

いっそ民主主義がいかに簡単に壊れるかのサンプルとして保存したらいいかも?
(リコール→再選をループし続ける)
阿久根市民でもなければ鹿児島県民でもない、赤の他人だから言えることですが。

>>老人と鴨 さん
いってることが酷すぎます。
(1)「優勢保護法で淘汰されるべき」なんて、竹原市長と五十歩百歩どころか五十歩五十歩の差別発言です。
(2)いきなり二尉任官は修士卒で、防大卒は一般大卒と同じ三尉任官です
(正確には卒業で曹長任官、その後陸海空の幹部候補生学校修了で三尉任官)。
一般大卒より防大卒の方が幹候の期間が短い(半年だったかな?)ので、
同年齢の一般大卒より若干出世は早いですが、防大で防衛学の基礎教育が済んでいる分で、別に厚待遇というわけでもありますん。
(3)防大卒後2年で辞めて無責任だと非難しているのですか?
辞めさせられた無能・欠陥人間だと非難しているのですか?
竹原肉しのあまり、論旨に矛盾が出てきてるように思います。

投稿: | 2010/08/18 2:07:21

コメントを書く