« ホメオパシーは「荒唐無稽」 | トップページ | 変圧器260トンを盗む? »

2010.08.24

ソマリア・モガディシオでホテル襲撃

サンケイ新聞より「国会議員15人死亡 ソマリア、武装勢力が襲撃

2010.8.24 19:28

ソマリアの首都モガディシオで24日、武装勢力が政治家らが宿泊しているホテルを襲撃、自爆攻撃も行い、ロイター通信などによると、国会議員を含む少なくとも15人が死亡した。

モガディシオでは23日から、国際テロ組織アルカイダに忠誠を誓うイスラム過激派組織アッシャバーブと暫定政府軍が戦闘を続けており、AP通信によると、少なくとも市民40人が死亡、130人が負傷している。

ソマリアで6千人規模の平和維持活動(PKO)部隊を展開しているアフリカ連合(AU)は先週、数百人を増派。アッシャバーブは23日「大規模戦争」の開始を宣言した。(共同)

ソマリアはこんな国です。

Up

外務省のHPより
面積63万8千平方キロメートル(日本の約1.8倍)
人口895万人(2008年:世銀)人口増加率2.9%
首都モガディシュ(人口約60万人)
かなり広大な国で、南北方向に1800キロ、東西方向に860キロもあります。
ところが、ソマリア内戦で国内統治は首都モガディシオ周辺だけだと言われていて、北部のエリはソマリア沖海賊の本拠地と言われています。

映画「ブラックホークダウン」は、1993年に首都モガディシオで起きた市街戦を描いています。
今回、モガディシオで国会議員も死亡する事件となると、平和維持活動の効果がますます無くなりつつあって、とんでもないことになっていくのかもしれません。

8月 24, 2010 at 10:33 午後 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49241955

この記事へのトラックバック一覧です: ソマリア・モガディシオでホテル襲撃:

コメント

コメントを書く