« 囲い込み屋の収益を没収せよ | トップページ | ホメオパシーは「荒唐無稽」その3 »

2010.08.25

ホメオパシーは「荒唐無稽」その2

「ホメオパシーは「荒唐無稽」」で、

今後、ホメオパシー推進論者からの反撃が予想されます。

で書きましたが、当然のように反論が出始めています。日本ホメオパシー医学協会のサイトには2010年8月25日09:00現在次のように掲示が出ています。

●その7 日本学術会議「ホメオパシー」についての会長談話へのJPHMAコメント詳細は、明日8月25日に掲載予定です。

毎日新聞より「ホメオパシー療法:「科学的根拠なし」学術会議会長

山口県で昨年10月、助産師にビタミンK2の代わりにホメオパシー療法の特殊な錠剤を投与された乳児がビタミンK欠乏性出血症で死亡したことを受け、日本学術会議の金沢一郎会長は24日、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されている。医療関係者が治療に使用することは厳に慎むべきだ」との談話を発表した。

ホメオパシー療法は18世紀末ドイツで始まった。病気と似た症状を起こす植物や鉱物を何度も水で薄めてかくはんし、この水を砂糖玉にしみこませた錠剤(レメディー)を服用して自然治癒力を引き出し、病気を治すというもの。元の物質は水にほとんど残っていないが、実践する人たちは「水が記憶している」と主張している。

欧米やインドで盛んだが、最近は効果を巡り議論が起きている。日本でもごく一部の医療関係者ががんやうつ病などの患者にレメディーを投与している。

日本学術会議は政府に科学振興策などを勧告できる、日本の科学者の代表機関。記者会見した金沢会長は国内で死者が出た事態を重視し

「ホメオパシーに頼り過ぎると、有効な治療法を受ける機会を逸する」と指摘。欧米のように普及する前に、医療分野で広がらない手だてが必要と主張した。唐木英明・同会議副会長も「ただの水なので効果はない」
と訴えた。

山口県の乳児死亡では、母親が助産師を相手に損害賠償を求める裁判を起こしている。ビタミンK欠乏性出血症は新生児約4000人に1人の割合で発症する。乳児死亡後、厚生労働省や日本周産期・新生児医学会は、新生児にビタミンK2シロップを与えるよう医療関係者に訴えている。

ホメオパシー療法の普及活動をしている「日本ホメオパシー医学協会」(東京都)は

欧米の実績で分かるように、ホメオパシー療法は治癒効果が科学的に証明されている
と反論している。【小島正美】

毎日新聞 2010年8月24日 20時34分(最終更新 8月24日 22時02分)

日本ホメオパシー医学協会のサイトがどのような「反論」をするのか、注目です。

8月 25, 2010 at 09:37 午前 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49245863

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシーは「荒唐無稽」その2:

コメント

HPによると、コメントは後日だそうです。
どうしたんでしょうかね。

投稿: 昭ちゃん | 2010/08/27 18:28:16

反論して、有効性などの議論になるのもマズいと、適当に流そうとするのかなあと。

投稿: 北風 | 2010/08/28 15:11:25

コメントを書く