« ホメオパシーは「荒唐無稽」その2 | トップページ | ホメオパシーは「荒唐無稽」その4 »

2010.08.28

ホメオパシーは「荒唐無稽」その3

「ホメオパシーは「荒唐無稽」その2」には、コメントをいただいていますが、日本ホメオパシー医学協会のHPがコロコロと変わっているのが何とも微妙です。

Up_2

元々は、このページは

●その7 日本学術会議「ホメオパシー」についての会長談話へのJPHMAコメント詳細は、明日8月25日に掲載予定です。

と記載がありましたが、それが

●その7 日本学術会議「ホメオパシー」についての会長談話へのJPHMAコメント詳細は、後日掲載予定です。

と書き換わりました。

さらに、現在では

⇒日本学術会議の声明についての海外からのメッセージNEW!

が積まれています。
そもそも、コンメント無しに「海外からのメッセージ」というのが「なんなんだよ?」という印象ですが、この海外からのメッセージというのがもろに「トンデモ本」であります。

ホメオパシーに関する海外からの応援メッセージ

今回の報道問題について、海外から続々、応援メッセージが届いています。

No4.ペター・ヴィクスヴィーン
<欧州ホメオパシー中央評議会(ECCH) 会長 ノルウェーホメオパス>

<コメント和訳>

JPHMA理事様

とうとう「ホメオパシー反対運動」が日本にも到着したようですね。
日本学術会議のコメントは、とても典型的です。 このような声明に回答する為の多くの文書が準備されています。 添付でお送りします。

⇒ECCH文書 肯定的なホメオパシーリサーチ

- シンとエルンストの書籍(邦訳版の題名代替医療のトリック)に対するアルダーソン氏のレポート
⇒要約
⇒全文
※全文はページ数が多いのでPDFを開くのに時間が掛かります。

更に私達が何かできる事がありましたら、お知らせ下さい。

敬具

ペター

No3.ライオネル・ミルグロム (ホメオパシーの歴史研究家ピーター・モレル氏から転送を受けてのコメント)

<プロフィール>

ホメオパス。化学博士。英国王立化学協会特別研究員。 1990年代以来ホメオパシー治療を行う。 量子理論の視点から治療プロセスへの洞察において研究をし、発表をしている。 更に、ロンドンのインペリアル・カレッジで化学における研究を続けており、とくに、天然色素から由来する光や染料を使った癌に対する新しい穏やかな治療についての研究をしている。 ホメオパシーと科学について、新聞、雑誌、学術誌に寄稿している。
http://www.homeopathicconsultant.co.uk/aboutlionel.html

<コメント和訳>

JPHMA理事様

知人を経由して、日本学術会議の声明文が書かれたEmailを受信しました。 この無知な声明について、私がどう考えるかお話するのに、非礼にならずにはいられません。 当然ながら、私達もイギリスで、この手の人物から何年間も批判を受けており、最近では、国民健康保険でのホメオパシー使用を政府に止めさせようとする試みもありました。 ですので、英国の全ホメオパスを代表し、現在のあなた方を理解する事ができます。 ホメオパシーに介入してもらわない為には、もちろん、今重要な事は、日本でホメオパスを結集する事ですが、更に重要な事に、ホメオパシー愛用者からの署名をあつめ、国会へ陳情する事です。

また、ホメオパシーをサポートする日本の報道機関へ論文を提示すべきです。 (例えば、日本でホメオパシーを使用する有名人を御存じでしたら、それを公衆で発表するとか?)、そしてそれにに対する論争も必要でしょう。 見ようとする意志のない人々ほど見えない人はおらず、一瞬たりとも彼は何も気づかないでしょう。 しかし、その対応は、可能な限り公なものである事を確実にしなければなりません。

このホメオパシーへの危機が簡単に消え去る事を祈って、ダチョウのように砂に頭を埋め込んでいるだけでは、消え去りませんから。。。! 英国では、ホメオパシーを嫌がる人々から主に「証拠」を聞く国会委員会がありました。 この委員会は、科学と技術委員会と呼ばれ、2009年11月の間、ホメオパシーにおける2回の証拠チェックが行われました。 幸運な事に、私達はこの委員会の活動についての事前に警告を受けており、私達は、文書で対応する事ができ、この文書で証拠を提示し、彼らの報告書に盛り込まれ発表されました。 残念ながら、彼らは、ホメオパシーに否定的な結論をサポートする文書しか読まなかった事が、この報告書の結論から極めて明白です。 その時に、この委員会へ出した、私の発表した文書を添付します。

この論文は、委員会がエビデンスによって何を本当に意味しているかを疑問視しており、また、ホメオパシーは効果がないという仮定をしたいわゆる科学的理由を解体するものである。 また、ランダム化比較試験の欠陥をあらわにし、製薬産業が自分達の薬を売りつくす為に行われている恥ずべき行為の数を指摘しています。 信頼できるソースからふんだんに引用しています。

この文書が役立つ事を祈ります。 ご奮闘の中での幸運をお祈りします。
⇒参考文献リンク

敬具

Dr Lionel Milgrom LCH, MARH, RHom, BSc, MSc, PhD, CChem FRSC

No2.ディディエ・グランドジョージ氏

<プロフィール>

1977年以来ホメオパシー治療を行っている。
フランス・マルセイユにあるClinical Trainingの指導者。 フランス・プロバンス地方にあるハーネマニアン・スクールの設立者の一人。 Ecole Hahnemannienne de Frejus や Fac. de Medicine de Marseilleで教え ている。
「L' Homeopathic Exactement」の著者。

<コメント和訳>

私は小児科医で、ホメオパシーを30年治療し、良い結果を持っています。
日本学術会議の声明に同意する事はできません。
添付ファイルは、私の最近の臨床記録です。
⇒新生児の逆流

敬具

ディディエ・グランドジョージ



No1.トレバー・ガン

<プロフィール>

生化学者、英国のホメオパス。 1989年以来ホメオパシー治療を行っている。
The Japan Royal Academy of Homoeopathy副学長。 「予防接種は果たして有効か」著者。

<コメント和訳>

JPHMAで、ホメオパシーには、当然ながら多くの科学的リサーチがあるという簡潔な声明をすると良いかもしれません、 日本学術会議はリサーチについて何も分かっていません、もし分かっているならば、何故彼らは、自分が出せる意見の制限がある点まで、特定のものを引用したり批判しないのでしょうか、 ですので、ここでの質問は。。。彼はどこで具体的に何について批判しているのでしょうか?

まず第一に、彼は、ホメオパシーと超希釈の違いについて不明瞭でいます。 これは、無知からきている意見である事を知らしめて下さい。。。彼は、少し知識を持つ必要がありますので、彼を先に立たせると良いでしょう。。。 ホメオパシーを弁護したり、弁護のリサーチを引用するよりむしろ(これは簡単に出来ることですから)。 彼らは、気づいておらず、恐れている。。。そしてホメオパシーはより人気が出ているという事を覚えておいて下さい。

幸運を祈ります。。。良い仕事を続けて下さい。

トレバー・ガン

8月 28, 2010 at 03:45 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49275668

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシーは「荒唐無稽」その3:

コメント

日本国外からの発信はダラダラとぶら下げることはできるが、日本協会は協会として自ら発信する言葉を持っていなかった。つまり他人の作った理論の受け売りをしていただけなので、第三者に対して自分の言葉で説明する理論も能力を持ち合わせていなかったと言う事実が現れてしまったということでしょう。

投稿: 昭ちゃん | 2010/08/28 16:18:23

8月7~8日にビッグサイトで「癒しフェア」が開かれました。
http://a-advice.com/healingfair2010_tokyo/

由井寅子氏の講演がありました。
http://a-advice.com/healingfair2010_tokyo/speakers_c_yui.html

わたしは前日(7日)が高校生模擬裁判選手権だったので、8日にこの講演を見に行かなかったのですが、見てきた人の話によると、まるっきり宗教行事であったようです。

真光元裁判でも、どう考えても薬効があるとは思えない、ガマが原料の真光元がなぜ効くのかという説明は「神通力」でありました。

ホメオパシーについても、薬効は入っていないのだから、結局は神通力のようなところに行くのでしょう。

その結果が、講演が宗教行事と化す。

問題は、それを信じる(欺される)人が居ることですね。
そして、それこそが被害そのものです。

投稿: 酔うぞ | 2010/08/28 16:36:46

> ホメオパシーについても、薬効は入っていないのだから、結局は神通力のようなところに行くのでしょう。

いえ、「水の記憶」です。

ホメジャと仲が悪い別のホメ団体と江本氏は仲が良いようです。

投稿: お代官 | 2010/08/30 13:22:14

HNを北風から変更しました。

>ホメオパシーについても、薬効は入っていないのだから、結局は神通力のようなところに行くのでしょう。
>その結果が、講演が宗教行事と化す。

いや、カルトでしょう。
薬効がないレメディをあたかも薬でもあるかのように思いこませるのですから。
HPにしろ、直接に薬であるとは書いていません(もちろん、薬効がないとも書いてません)が、偽薬以上の効果があるように受け止められるようにしていますね、商売ですから。
ホメオパシー側からは、「化す」というか意図的でしょう。

>問題は、それを信じる(欺される)人が居ることですね。

患者側からすれば、治ったという体験に対してなぜ?という説明がないのですから、「信じる」しかなくなるので、【宗教】になるという点は大きいです。

>そして、それこそが被害そのものです。

被害そのものなんですが、被害については、騙そうという側(=ホメオパシー)の責が大だと思います。

被害者側が「信じる」に至る道筋と対策については簡単ではないと思います。
例:現代医学では死を待つがん患者
 回復することも皆無ではないでしょうが、基本、患者の死が前提で延命することが目的となるでしょう。エセ医療だからこそ「治る」といえるものの患者がそれにすがるのも理解できる
例:なぜ?が明瞭でないものを「信じる」、医者の薬、「かかりつけのこの医者」の薬、について受け入れているのは「その医者」を信じているだけというケースはどれくらいあるのか。この場合に問題にならないのは「医者」「薬」の信頼が担保されている=施術者側の要因 が主。

投稿: 北風Mk-2 | 2010/08/30 21:24:11

コメントを書く