« ホメオパシー問題とは医療ネグレクトだ | トップページ | 深度1万メートルに地震計を設置する »

2010.08.12

最悪の名古屋中央児童相談所

FNNニュースより「大阪・2幼児放置死事件 1年前に名古屋市で警察が長女を児童相談所に保護するよう通告

大阪市西区で母親が子ども2人を放置し殺害したとされる事件で、1年前に住んでいた名古屋市で、警察が長女を児童相談所に保護するよう通告していたことがわかった。

無職のS容疑者(23)は、2010年6月初旬から2カ月近く、長女(3歳)と長男(1歳)をマンションに放置し、衰弱死させた殺人の疑いが持たれている。

その後の調べで、S容疑者が家を出た6月初旬には、2人が会話もできないほど衰弱していた疑いが強いことがわかった。

また2009年8月には、当時住んでいた愛知・名古屋市で、長女を保護した警察が、「ネグレクトに発展するおそれがある」と児童相談所に通告していた。

名古屋市中央児童相談所は

「虐待としての緊急性は、(警察は)感じていなかった、考えていなかったということでしたので、そこまで踏み込んだ深い調査っていうのは、してなかったです」
と語った。

児童相談所は、住民票がない世帯への支援方法を検討したいとしている。

名古屋市中央児童相談所には、警察から「ネグレクトに発展する可能性がある」であり、その対象が、当時おそらく2歳の長女であったわけです。
それで、結局はろくろく調べていなかったわけですが、その言い訳が

「虐待としての緊急性は、(警察は)感じていなかった、考えていなかったということでしたので、そこまで踏み込んだ深い調査っていうのは、してなかったです」
要するに、警察が調べてから児童相談所にもって来い、という風に見えます。
じゃあ、一般市民からの通告だったらどうしたというのか?

なんで、報道記者はそこを突っ込まなかったのか?

誰がなんと言おうと、このケースは「児相が本来業務を積極的にサボタージュした」としか評価できません。
「誰それが、積極的でないから、調査しない」なんてのは言い訳にすらならない。

8月 12, 2010 at 04:24 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49129582

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の名古屋中央児童相談所:

コメント

ごもっともです。あの痛ましい事件は、名古屋中央児童相談所の手抜きによるものですね。処罰されない、意味不明な権力を与えられた役人は強気な犯罪者軍団としかいい様がないですね。http://m.blogs.yahoo.co.jp/zero923914/37552394.html
名古屋中央児童相談所の人間たちは、児童相談所への天下り目的の教師とグルになり、もともと生徒の親が片親、もしくな離婚歴や再婚歴があるか否かをピックアップしておき、そういった家庭の子供に目を光らせ、辛そうな表情だとか寝不足の理由だとか少しの怪我だとかを全て家庭の問題だと独断と偏見で判断し、教師は自身の点数稼ぎの為に保護者には一切の連絡なしで児童相談所に通報する。そうやって組織ぐるみで簡単に拉致できる児童のみを一時保護と称して誘拐するだけです。児童相談所の人間は大急ぎでやってきて、児童を連れ去り、虐待の疑いで一時保護した と保護者に一方的に通告する。
彼らは児童を1人保護する事で30万〜60万を国から受け取ります。そのお金がおりるまでは、何があっても拉致した子供と親を会わせることをしません。あれやこれやと、冷酷で腹立たしい役人ならではの杓子定規のみの対応でわざと保護者を苛立たせ、それによって 子供を返すことの出来無い危険な親 だと無茶苦茶身勝手な決定を下し、ひたすら子供と会わせません。更には、なんの資格も持たないただのおっさんが、ケースワーカーだとかプロフェッショナルだとかわけのわからない立場を主張し親から引き離した子供を、君は虐待されたかわいそうな子だからここで治療しよう、と洗脳します。
更には精神薬を投与し薬漬けにしていきます。

どこかの恐ろしい独裁国家 そのもの。

彼らによる被害者が続出しています。彼らによって引き離された家庭の九割以上が確実な家庭崩壊を起こし苦しんでいます。しかし、彼らは法に守られ、権利だのを主張し続け、他人の子供を大切に保護だと言いながら自身の休みはしっかりととり土日祝日以外は、日々獲物探しをしています。何千万もの予算を消化する為に、一方的で理不尽な拉致を続けています。
何故こんなことが許されるのでしょうか。完全に狂っています。
恐ろしい集団です。

私の実体験と、多方面から集めに集めた情報より、できるだけ完結にコメントをさせて頂きました。
この名古屋中央児童相談所について検索された方々に少しでも現状を知ってもらえたら、何かのお役に立てたらと思います。どうか、泣き寝入りしないように…。どうか皆様の大切な子供が名古屋中央児童相談所と関わる事がないように…。

投稿: | 2014/07/06 9:11:21

名古屋中央児童相談所は恐ろしいところです。

彼らの月収、ご存知ですか?
所長の月収、ご存知ですか?
ボーナス、いくらもらってると思います?

たかが受付のお婆さんがロレックスにダイヤの指輪。
相談員とやらも、揃いも揃ってロレックス。
教師を辞めて児童相談所でケースワーカーと名乗るOというおっさんはヴィトンのカッターシャツ。クロムハーツの指輪までしていた。
眼鏡もどこぞのブランド。
小太りなKという女性の相談員は、始めたばかりなのか全く似合わない下手くそな化粧と安っぽい香水の匂いを漂わせ、ネイルアートもしていた。
Mという中年の薄ら禿げた相談員はアトピーなのか頭や腕をバリバリ掻きながら人の目を見て話さない。
一体この施設は、ここにいる人間はなんなんでしょう。

他人の家庭をなんにも考えず壊し、国から 税金から とんでもない高給をもらい、平日のみ拉致に励むおぞましい人間の集まり。

ヤクザやヤクザっぽいモノが絡む家庭には手を出さないそうです。
わが身が可愛いから、という簡単な理由です。

そういう家庭こそ問題があるのに、面倒なことには関わらない、ザ!公務員様ですね。

上記の大阪の事件も、そのせいで起きたのでしょう。
手抜きなんて生易しい表現では許されませんね。


沢山の家庭を崩壊させた名古屋中央児童相談所の人間ども全員に、天罰が下ることを心から祈ります。
他人の家庭を壊してのうのうと生きているなんて、決して赦されない。

投稿: | 2014/09/24 18:45:56

この記事へのコメントは終了しました。