« 検察の無罪論告 | トップページ | 車から降ろし損ねて死亡 »

2010.07.21

裁判員裁判の無罪判決に検察が控訴なのだが

サンケイ新聞より「裁判員裁判2例目 放火「無罪」検察が控訴へ

2010.7.21 00:55

空き巣に入りアパートに放火したなどとして、現住建造物等放火などの罪に問われた無職(40)について、同罪を認めず窃盗罪などで懲役1年6月(求刑懲役7年)とした東京地裁の裁判員裁判判決について、東京地検は20日、「事実認定に誤りがある」として、東京高裁に控訴する方針を固めた。

裁判員裁判での検察側控訴は2例目。

被告は昨年9月、東京都葛飾区のアパートに侵入して現金を盗み、灯油をまいて放火したとして起訴された。

今月8日の判決は

「被告が放火した可能性はかなり高い」
としながらも、アパートの住人が部屋を留守にした時間から出火までが5時間以上と長時間なことから、
「被告が立ち去った後に第三者が放火した可能性を完全に否定できない」
と判断した。

東京地検は控訴理由として、第三者が侵入した形跡がなく被告以外が放火した可能性があるとした認定は誤りがあると主張するとみられる。

「検察の無罪論告」と同じですよね。

疑わしいから、無罪にした。
それを控訴するということは、その疑わしい点を検察は立証できるのだろうか?

5時間後に出火するように火をつけるというのは技術的に難しいだろうから、事故とか過失ではなく故意に放火したこと自体が証明不可能ではないだろうか?

控訴審は注目です。

7月 21, 2010 at 09:30 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48931020

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判の無罪判決に検察が控訴なのだが:

コメント

初めまして。
ネット上の名誉毀損について調べていたところ発言小町のレスに行き当たり、HNからこちらにたどり着きました。

全く無関係の方でしたら申し訳ございません。

私は法律もネット関係も全くの素人なので理解が難しいとは思いますが、過去ログからじっくり拝読したいと思っております。

投稿: 小町経由です。 | 2010/07/21 15:59:58

あっ(^_^;)

小町にもコメントしております。

特に体系立てて書いてはいませんので、参考書のようにはならないでしょう。

ネット上の名誉毀損事件には複数関わっています。
おかけでいろいろ勉強しました。

わたしは法曹人ではありませんが、情報ネットワーク法学会の会員で、2003年までは @nifty でフォーラム管理者を14年間務めていました。

現場の人間としては、知っている方だといえます。

これからもよろしくお願いします。

投稿: 酔うぞ | 2010/07/21 22:59:12

コメントを書く