« ゆうパックとペリカン便 | トップページ | 港区がシンドラーエレベータ他に損害賠償請求訴訟を起こす・その2 »

2010.07.06

高校生二人水死、一年がかりで事件になった

NHKニュースより「高校生水死 過失致死で送致へ

去年7月、東京・大田区の多摩川で、川遊びをしていた男子高校生2人がおぼれて死亡した事故で、警視庁は、いっしょにいた同級生の少年と少女が、2人の背中を押して川に落として死亡させた疑いが強まったとして、近く過失致死の疑いで同級生2人の書類を家庭裁判所に送る方針です。

この事故は、去年7月、東京・大田区の多摩川で、いずれも私立高校1年生で16歳の男子生徒2人が川に転落しておぼれて死亡したものです。

警視庁は当初、2人はいっしょに川遊びをしていて、1人が川に飛び込んでおぼれたところをもう1人が助けようとして2人ともおぼれて死亡したものとみていました。

しかしその後、2人といっしょに川で遊んでいた同級生の携帯電話に、死亡した生徒の背中を別の生徒が押している動画が残されていたことがわかり、警視庁が当時の状況についてあらためて同級生から事情を聞いたところ、いっしょにいた同級生の少年と少女が死亡した2人の背中を押して川に落としたことを認めたということです。

警視庁は、同級生の少年と少女が男子高校生2人を川に落として死亡させた疑いが強まったとして、近く過失致死の疑いで同級生2人の書類を家庭裁判所に送る方針です。

事件のあった場所は、わたしが小学校から就職するまで住んでいた大田区矢口の工場街です。

もちろん、遊び場であってよく知っているところですが、テレビニュースで見ると護岸工事のために水に落ちると上がれないのですね。

それにしても、落とすところをムービーで撮っていながら、救助努力をロクロクしていないように見えるのはなんとも分からないです。

7月 6, 2010 at 08:05 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48809271

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生二人水死、一年がかりで事件になった:

コメント

これ、動画をどうやって見つけたんでしょう。
 ・実は警察が捜査を継続していた
 ・面白がって友人に動画を見せたり、ネットに上げたりしていた
のどっちかしかないように思うんですが。
後者なら過失致死じゃなくて殺人でしょう。
前者は、容疑者にもなってない個人の携帯中の動画なんて見つけられるのか疑問ですし、普通消しますよね。

投稿: めいさいらっぱ | 2010/07/06 8:47:21

>普通消しますよね。

どうも、友達に見せて、それがウワサになっていて、再捜査に入った、ということらしいです。

かなり、地元がイライラしていた、というのが実情のようで、なんで1年がかりかというと、一端事故にしてしまったために、事件にするのは厄介だ、というようなところがあったようです。

投稿: 酔うぞ | 2010/07/06 11:21:13

つまり、
 動画を撮影しつつ突き落とし
 (おそらく)救助せず、助けも呼ばない
 落ちた高校生は死亡
 そのまま放置逃走して
 後日、動画を友人に見せていた
殺人でしょう。
しかし、こんな簡単な方法で(動画を即座に消していれば)完全犯罪だったというのが恐ろしいですね。

投稿: めいさいらっぱ | 2010/07/06 12:39:43

多摩川下流(多摩川園~)あたりは夜になれば昔からまず人っ子一人見ませんね。夜釣りに向く場所でもないし。
丸子橋の橋脚に弾丸の跡があったりして・・・・。まあ安全な場所ではありません。何が起きても完全犯罪になっちゃうでしょう。
昔は護岸もなかったので、手製ボートで船出したり、対岸まで渡ったり、など川遊びには事欠きませんでした。
唯一危険というのが砂利採取の穴。同級ではありませんでしたが2~3人亡くなっています。

>落とすところをムービーで撮っていながら、救助努力をロクロクしていないように見える

遊び、としか思っていないのでしょうね。所謂いじめの1例とも言えるでしょう。

投稿: 昭ちゃん | 2010/07/06 13:06:52

コメントを書く