« 2学期制から3学期制に戻りつつあるのだそうだ | トップページ | BP社の株主、経営陣交代に動き始めるか »

2010.07.03

裁判員裁判無罪判決に検察控訴

朝日新聞より「検察、裁判員無罪判決で初の控訴へ 千葉の覚せい剤密輸

2010年7月3日3時2分

裁判員裁判で被告を全面無罪とした6月22日の千葉地裁の覚せい剤密輸事件の判決について、検察当局が東京高裁に控訴する方向で検討を進めていることが分かった。

週明けに正式に決める。裁判員裁判で検察が控訴すれば全国で初めてとなる。

検察内部で協議した結果、今回の事件でも間接的な証拠は多くあり、裁判官だけで審理する控訴審では有罪が得られる可能性がある、との判断に傾いた。

無罪を確定させれば、同じような事件での有罪立証のハードルが高くなるとの懸念があり、今後の捜査への影響も考慮したとみられる。

裁判員裁判で初の全面無罪判決を言い渡されたのは、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた神奈川県相模原市の会社役員の男性被告(59)。

昨年11月に被告がマレーシアから成田空港に到着した際、ボストンバッグに入れたチョコレート缶3缶に、合計約1キロの覚せい剤を隠して輸入しようとしたとして起訴された。検察側は懲役12年、罰金600万円を求刑していた。

争点は、被告に違法な薬物を運んだ認識があったかどうかだった。

「別の覚せい剤密輸事件で日本で裁判中だった人物から、偽造旅券を日本に運ぶよう頼まれ、30万円の報酬を約束された。チョコレート缶はマレーシアの委託者から、土産として他人に渡すよう頼まれて預かった」
とする被告の供述などから、判決は
「缶の中に違法な薬物が隠されていると被告が分かっていたとまではいえない」
と結論づけた。

検察側は、缶が不自然に重いことや、税関での検査時に白い結晶が発見されて

「これは何だと思うか」と質問され、「見た目から覚せい剤じゃねえの」
と答えたことなどから、違法薬物が隠されていることを認識していたはずだ――と主張していた。

判決後の裁判員の記者会見では、無罪とした理由について、

被告の犯行を裏付ける客観的な証拠が欠けていた
ことを指摘する意見が相次いだ。

裁判員裁判で検察はこれまで、主張する罪名通りに認定されなかったり、求刑の半分以下の年数の懲役刑の判決が出たりしても「市民の判断を尊重する」として控訴しなかった。

東京地裁立川支部では6月、被告の一部の罪が初めて無罪とされたが、捜査の不十分さを認めたうえで控訴を見送った。

何かヘンな印象を受ける記事ですなあ~。

この被告には、偽造旅券に関わった件について有罪の判決が出ているようです。

裁判所(裁判員)の判断は、

被告の犯行を裏付ける客観的な証拠に欠けている
つまり、客観的な証明をしなさいよ、という意味であったのだが、検察が控訴する理由は、
と答えたことなどから、違法薬物が隠されていることを認識していたはずだ
ということだそうです。
ここが二重の意味でおかしい。

裁判所が客観的に証明されていない、としたのがこの部分であるとすると、検察の主張は、客観的に証明されているその理由は、ということではなくて客観的に証明する必要性があるほどのことではない、と言っていることになる。

これでは、議論としてかみ合っていない。

次に、裁判所がなぜ「客観的証拠が無い」と言ったのかを考えると、検察の主張する「被告がこう言った」という客観的証明は、録音録画を証拠として提出すれば良いだけの話だろう。
捜査側が、証拠を出し損ねて無罪になることは大いにあり得る事だろう。そういうことも含めて、「証拠が無い」のであって「心証が真っ黒だから客観的証拠は必要ない」とか「以前はこの程度の証明で有罪にできた」では、時代の変化について行けないだろう。

指紋の発見や、血液型の発見は、犯罪捜査を大いに進歩させたが、採用当時は客観的証拠たり得るのか、という議論が盛んであったそうだ。
このようにして、社会は進化してきたのであって、検察の主張は「今までのやり方でなきゃイヤだ」とダダをこねているレベルではないのか?

結局は、この話は「取り調べの録音録画の義務化」の阻止のための無理筋控訴だとわたしには見える。

7月 3, 2010 at 10:22 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48784483

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判無罪判決に検察控訴:

コメント

コメントを書く