« 裁判員裁判無罪判決に検察控訴 | トップページ | 大阪府が金融特区案 »

2010.07.03

BP社の株主、経営陣交代に動き始めるか

読売新聞より「英BPの主要株主、経営陣を一掃か…英紙報道

【ロンドン=是枝智】
メキシコ湾で原油流出事故を起こした国際石油資本(メジャー)の英BPの主要株主が、流出が止まった段階で、経営陣の一掃に動き出す可能性が高まってきた。

3日付の英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

報道によると、最も問題視されているのが、カールヘンリック・スバンベリ会長で、トニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)も辞任に追い込まれる公算が大きいという。

スバンベリ会長は6月半ば、オバマ米大統領との会談後の記者会見で、被害住民の気持ちを逆なでする失言をしたほか、指導力を発揮していない点に批判が集まっている。

BPの株価は、4月20日の事故発生前の半値に落ち込んでいる。ライバルの米エクソンモービルや、英・オランダのロイヤル・ダッチ・シェル、中国石油天然ガス集団(ペトロチャイナ)など中国勢からの買収リスクが高まっており、株主の危機感が強まっているという。
(2010年7月3日20時04分 読売新聞)

なるほどと思うか、当然と思うかの境目と言ったところでしょうか?

英BPの主要株主が、流出が止まった段階で、経営陣の一掃に動き出す可能性が高まってきた。

と言っても、簡単に止まりそうもないわけで、それまで株主が耐えることができるのか?という問題なのかもしれません。

7月 3, 2010 at 09:07 午後 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48788644

この記事へのトラックバック一覧です: BP社の株主、経営陣交代に動き始めるか:

コメント

コメントを書く