« 高校生二人水死、一年がかりで事件になった | トップページ | 法科大学院・個々の大学院ではなくて仕組みを見直すべきだ »

2010.07.06

港区がシンドラーエレベータ他に損害賠償請求訴訟を起こす・その2

6月3日に書いた「港区がシンドラーエレベータ他に損害賠償請求訴訟を起こす」には沢山のコメントが付きましたが、今日(2010年7月6日)港区は実際に提訴しました。

NHKニュースより「エレベーター事故 港区が提訴

7月6日 18時13分 動画あり

4年前、東京・港区のマンションで高校生がエレベーターに挟まれて死亡した事故をめぐり、マンションを所有する港区は、事故に伴ってエレベーターを交換するなど多額の損害が生じたとして、メーカーやメンテナンス会社などに総額およそ14億円の損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

この事故は、4年前の平成18年6月、東京・港区のマンションで「シンドラーエレベータ」社製のエレベーターが突然上昇し、高校2年生(16)がドアに挟まれて死亡したものです。

訴えによりますと、マンションを所有する港区は、事故が起きたエレベーター1基と同じマンションや区の施設に設置されていたシンドラー社製のエレベーター4基を交換するなどの損害を受けたとして、シンドラー社やその親会社、それにメンテナンス会社の「エス・イー・シーエレベーター」と「日本電力サービス」の4社に対し、総額13億8400万円の賠償を求めています。

これについて、シンドラー社は「提訴されたことは遺憾です。主張は裁判の中で明らかにしていきたい」とコメントしています。

また、エス・イー・シーエレベーターは「訴状を見ていないのでコメントできない」、日本電力サービスは「担当者がいないので答えられない」としています。

事故をめぐっては、去年7月、シンドラー社とエス・イー・シー社の当時の担当者5人が、エレベーターの安全管理を怠ったとして業務上過失致死の罪で起訴されています。

マンションを所有する港区は、事故に伴ってエレベーターを交換するなど多額の損害が生じた

損害保険の考え方をひっくり返すようなもので、事故に伴ってエレベーターを交換した事実の責任が、被告にあると具体的な立証を必要としますが、それは可能なのでしょうかねぇ?

傍聴したいものです。

7月 6, 2010 at 07:11 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48812417

この記事へのトラックバック一覧です: 港区がシンドラーエレベータ他に損害賠償請求訴訟を起こす・その2:

コメント

港区議会のサイトは、時々チェックしていましたが、審議結果は、未発表のままです。これでは、サイトを持っている意味がありませんね。
しかし、
> シンドラー社は、区との間で工事請負契約を締結し、当該契約に基づき、本件
> エ レベーターを含め、シティハイツ竹芝に二基、港区立障害保健福祉センターに三基の
> エ レベーターを設置した者である。
と、無関係な施設の分まで請求するとは、無茶なことだと感じます。

投稿: mimon | 2010/07/07 0:33:38

コメントを書く