« 商船三井のタンカー攻撃された? | トップページ | 氷河特急・転覆事故は速度超過 »

2010.07.30

阿久根市・教育委員長も選挙管理委員長も日当1万円に専決

読売新聞より「13件目、阿久根市長が教育委員ら日当制に

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は30日、教育委員や選挙管理委員らの報酬と副市長の給料(いずれも月給制)を日当制にする改正条例を専決処分した。

4月以降、市議会を開かないままの専決処分は計13件に上る。

報酬を日当制にしたのは、教育委員長と委員3人、議員選出の監査委員、選挙管理委員長と委員4人。
現行では月額3万4700円~5万6300円だったが、専決処分で一律に日額1万円とした。施行は8月1日。

副市長の給料は、昨年7月の市議会で40%削減が可決された市長給料と同率を削減する。
現行の63万4000円から38万400円となり、竹原市長の任期の2013年5月まで適用する。

日当制になったある委員は「違法な専決処分による報酬は返納したい」と話した。
(2010年7月30日20時32分 読売新聞)

月額3万4700円~5万6300円を日当1万円にすると、かえって高く付くことにならないか?

教育委員長なんて常勤じゃないの?

とりあえず、市長が交代して議会が開かれたら、これらの専決処分はほとんどが否決されるだろう。
いったいどうなってしまうのか?

7月 30, 2010 at 08:55 午後 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49013779

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市・教育委員長も選挙管理委員長も日当1万円に専決:

» ネット右翼・考(11)かくして竹原氏は擁護される トラックバック 世の中ウォッチング!
罰則がないことをいいことに堂々と違法行為を続ける竹原氏。ネット右翼たちはどう見ているのか、どうも意見は分かれているようだ。今回は擁... 続きを読む

受信: 2010/07/31 8:27:04

コメント

コメントを書く