« 運転免許証をコピーした事件 | トップページ | 学生と会社の認識にズレ、だそうです。 »

2010.06.16

全国岡本倶楽部被害対策弁護団

紀藤弁護士のプログより「今日夜、全国岡本倶楽部被害対策弁護団が結成します。

本日の夜の説明会で、全国岡本倶楽部被害対策弁護団(弁護団長青木英樹=二弁)が、結成します。

ようやくですが、お待たせしました。

東京の3つの弁護士会の消費者問題対策委員会の有志約50人の弁護士が参加します。
紀藤は副団長に就任することになりました。

被害の全額回収が難しい情勢ですが、多くの被害者が結集することが重要です。
被害に泣き寝入りすることは、犯罪者に利益を温存させることにつながります。
被害に泣き寝入りせず、ぜひ弁護団に参加していただけることを、望みます。

岡本ホテル側の被害救済を妨害する動きも活発となっていますが、ぜひ騙されないように、ご注意ください。
今日の説明会で、弁護団の今後の方針なども、説明させていただきたいと思います。

全国岡本倶楽部被害対策弁護団

「岡本倶楽部のオー・エム・シー破算手続開始」で紹介した「被害者説明会 」が本日(2010年6月16日)19時半から霞が関の弁護士会館2階講堂クレオで開催されます。

これに合わせて、全国岡本倶楽部被害対策弁護団が起ち上がりました。

これを見ると、

弁護団長青木英樹弁護士(東京御茶の水総合法律事務所)
弁護団事務局リンク総合法律事務所内 全国岡本倶楽部被害対策弁護団
さらに、「東京の3つの弁護士会の消費者問題対策委員会の有志約50人の弁護士が参加」ですから、大規模消費者被害事件と言えます。

すでに、岡本倶楽部の運営会社であるオー・エム・シーには、消費者被害事件では有名な藤森克美弁護士が破算手続を申立、6月10日には破算手続が開始されています。

「元本保証」とやっているのですから、出資法違反は確実だろうと思いますが、詐欺に相当するのではないか?という印象があります。

岡本倶楽部の会員が、昨年9月末時点で7854人とされていますから、これらの人たちに会員としてのサービスの提供は無理だったのではないのか?と感じます。

岡本倶楽部のHPによると、現在も「第四次会員募集」となっていますね。
「ホテル紹介」のページには

岡本ホテルグループは2008年4月末日現在、
計11ホテルございます。
これからも全国へ展開してまいります。
となっています。

ベイサイドリゾート伊勢志摩岡本ホテル2009年8月オープン
熱海シーサイドヴィラ岡本ホテル2008年12月オープン
赤穂岡本ホテル呑海楼2008年10月オープン
芦原岡本ホテル2008年年7月オープン
旅籠おかもと2007年12月オープン
南箱根ダイヤランド岡本ホテル2007年12月オープン
伊東マンダリン岡本ホテル2006年11月オープン
下部夢の庄岡本ホテル2006年2月オープン
赤倉岡本ホテル2005年12月オープン
熱川岡本ホテル2004年10月オープン
熱海岡本ホテル1932年岡本旅館開業

これで見ると、熱海岡本ホテルは正に老舗なのですが、2007年から2009年までの1年8ヶ月の間に、6ヵ所をオープンしているのですね。
これらを見ると「全体としてはどうなっているのだ?」という印象が強くします。

6月 16, 2010 at 01:01 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48644815

この記事へのトラックバック一覧です: 全国岡本倶楽部被害対策弁護団:

コメント

弁護団結成されたようですが、内容はさっぱり分かりませんでした。なんだか鴨がねぎしょってくるのを待ってるような、一人2万~4万円遅れの話ばかり肝心のお金が戻ってくるのやらはさっぱり不明、有志の会があるので近づくなと脅されて説明会が終わった、なんじゃらホイって感じで帰ってきた。

投稿: 被害者 | 2010/06/16 23:52:50

ご苦労様です。

紀藤弁護士のブログでも、うまく話が伝わっていない、ととれる記事が出ていました。

説明が悪かったのでしょうか?

わたし自身は、この手の問題の被害者になったことはありませんが、今までに何回か被害者相談会を拝見しています。

総勢1000人とのことですから、おそらく近未来通信の時よりも多くの参加者がいたのでしょう。

近未来通信などでは「話が良く分からない」といったことはなかったように感じましたから、今回はかなり分かりにくい説明だったのでしょう。
(こんな事になるなら、見学に行けば良かった)

有志の会の存在は、初めて知りましたが、藤森弁護士のところや、2ちゃんねるにも報告が出ていますね。

このやり方は、円天(L&G)がそっくりなことをやっていましたね。
(他にも多数の例がある)
そして、「反対運動に潰された」と言い訳しています。

こんな事を考えると、典型的な詐欺商法であって、過去にあったものと質的には変わりはない、と強く感じます。

投稿: 酔うぞ | 2010/06/17 9:13:43

コメントを書く