« 柳ケ浦高バス事故・判決」 | トップページ | 浜名湖で、カッターが転覆、女子中学生1名が死亡 »

2010.06.18

岡本倶楽部・電話相談

紀藤弁護士のブログより「全国岡本倶楽部被害対策弁護団の発足!

現在、電話が鳴りにくい状況が続いているようですので、もう一回線増やしました。

電話番号は、03-3261-8330

に加え

電話番号は、03-3261-2690

です。

現在、受任依頼が殺到しています。
今後、受任者においては、特別に、「受任者専用ダイヤル」を設置し、対応する予定としています。

岡本倶楽部 被害救済へ説明会 NHKニュース

弁護団事務局は、リンク総合法律事務所内ですから、何度か訪問して知っているわたしとしては「大変ですなあ~」と言うしかないです。

回線を増やしたということは、基本的に連続して掛かってきているのですよね。
ちょっと想像しがたいですね。

藤森弁護士のHPにも

2010/6/12 未登録被害者の当弁護団への結集を呼びかけます。

岡本倶楽部被害対策弁護団
団長 弁護士 藤森克美

 当HPに転載してある2010年6月10日付「破産管財人からのご連絡」(第一報)にあるとおり、管財人の今一番の課題は、会員名簿の整備です。そのために管財人は被害対策に当たっている弁護士から管財人への名簿の情報提供を求めております。当然当弁護団は管財人に全面的に協力して行きます。
 同「ご連絡」によると、会員数は約8000名とされておりますが、当弁護団が6月11日(金)までに受付けた会員数は807名であり、全体の約1割程度にしか過ぎません。
 未登録被害者が速やかに当弁護団に受付けをし、管財業務を一歩でも前進させていくことを要望します。
 尚、当弁護団の事務局事務所は4回線の電話を常設しておりますが、今週の6月7日(月)頃からは電話がつながらないという状況は解消されております。
 尚、平日は9:00~18:30、土日は9:00~13:00まで対応しております。

となっていて、やはり相談が殺到している様子です。

ニュースに出て来るのは一瞬ですが、この種の相談は本質的に終わりがないわけで、今後も数は減ってもダラダラと続くでしょうから、事務方は大変であります。

6月 18, 2010 at 04:34 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48661244

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本倶楽部・電話相談:

コメント

コメントを書く