« 都筑区の看護師3名死亡事故の裁判始まる | トップページ | 岡本倶楽部・電話相談 »

2010.06.18

柳ケ浦高バス事故・判決」

朝日新聞より「柳ケ浦高バス事故、運転の元副部長に2年6カ月の判決

大分県日出(ひじ)町の大分自動車道で昨年7月、全国高校野球選手権大分大会の開会式に向かっていた柳ケ浦高校(同県宇佐市)の大型バスが横転し、野球部員38人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷の罪に問われた元野球部副部長(27)の判決公判が18日、大分地裁であり、西崎健児裁判官は禁固2年6カ月(求刑禁固3年6カ月)を言い渡した。

判決によると、元野球部副部長は昨年7月11日午前8時半ごろ、部員46人を乗せた大型バスを運転し、制限速度40キロの左カーブを時速80~90キロで走行。
バスはバランスを崩して道路側面に衝突して横転し、2年の吉川将聖さん(当時16)を死亡させ、37人にけがを負わせた。

検察側は、不破被告の無謀運転の結果は重大で悲惨で、被害者の処罰感情が大きいと主張しており、弁護側は、バスにシートベルトがついていなかったことや学校側の安全運転指導が不十分だったとして執行猶予付きの判決を求めていた。

この事故は、台風の影響で大雨のインター出口での事故だったと思います。

なんか、たまたま大型免許を持っていたから部員を乗せるバスの運転手もやっていたとかで、ちょっとずつの不十分が積み重なって、事故になったという印象があります。

結果はかなり重大ですが、ドライバー一人に責任を全部課して良いのかな?と感じるところがあります。

6月 18, 2010 at 02:42 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48660636

この記事へのトラックバック一覧です: 柳ケ浦高バス事故・判決」:

コメント

コメントを書く