« パロマ湯沸かし器事故で有罪判決 | トップページ | パロマ湯沸かし器事故で有罪判決・その3 »

2010.05.12

パロマ湯沸かし器事故で有罪判決・その2

サンケイ新聞社説より「【主張】パロマ事故判決 安全確保への義務に警鐘

パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、東京地裁は業務上過失致死傷罪で被告の元社長(求刑禁固2年)ら2人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

製品そのものの欠陥ではなく、湯沸かし器の修理業者による不正改造から起きた事故だが、元社長らは事故防止の対策を取る義務があったと判断した。

メーカートップには状況に応じて厳しい注意義務が課せられるとした判決であり、産業界は「他山の石」として重く受け止めるべきだ。

都内の大学生がパロマ製のガス瞬間湯沸かし器の不正改造による一酸化炭素中毒で死亡し、兄も重症にさせた。

同じような中毒事故は全国各地で起き、判決によると昭和60年以降、平成13年までに計15人が亡くなった。

元社長らは

「パロマは修理業者を指揮監督する立場にはない」
と無罪を主張したが、東京地裁は
「パロマ側が製品の点検や回収を適切に行っていれば、死傷事故を未然に防止できた」
と被告側の過失を認めた。

判決でも指摘する通り、生命の危険を伴う製品を提供する企業は、機器それ自体の安全性の向上を図るだけでなく、消費者が安全に使用できるよう配慮することも求められている。

今回の事故はパロマの系列業者も改造工事を担当しており、元社長らは事故の多発を認識する立場にあった。

消費者の安全を守るためには、メーカー責任をより厳格にとらえるのは当然だろう。

監督官庁にも、責任の一端がある。

この問題は平成8年に起きた別の事故の遺族の要望で再捜査した警視庁が経済産業省に連絡し、18年7月に事故情報を公表して表面化した。

それまで、経産省内で情報が集約化されていなかったことも明らかになっている。

もっと早く行政が手を打っていれば、少なくとも同様の事故が相次ぐ事態だけは防止できた可能性がある。

この事故を契機に、安全点検や重大事故の報告などを義務付ける消費生活用製品安全法が強化された。

省庁ごとの縦割りの弊害が指摘された消費者保護を一元的に管理するため、昨年9月には消費者庁も創設された。

今後とも行政とメーカーが情報を共有し、実効性のある安全対策を講じてゆくことが何よりも重要だ。

「パロマ湯沸かし器事故で有罪判決」では、コメントをいただき、他にもネット上では「製造責任を課題に捉えた判決だ」と有罪判決に対する批判意見も多いようです。

わたし自身は、判決を批判するか是認するかについて、判断できていません。
判決自体には「あり得るかな?」といった感想ですが、判決に対する批判の多くが、「この種の判決が一般的になると、製造販売ができない」とメーカーなどが減ることに危惧の念を持っている、と述べています。

つまり、この判決が

「一般的に製造業者は・・・」
という観点からの判決である、という見方での批判だと思いますが、わたしには
「この判決は、かなり特異な事件だと捉えての判決だろう」
という思いがあります。

社説中に紹介されている

「パロマ側が製品の点検や回収を適切に行っていれば、死傷事故を未然に防止できた」

この部分をどう読み取るか、だとなりますがわたしは「適切に」がもっとも重視されていたのではないのか?と思います。

裁判所の認定は、「適切ではない」で決定であって、「回収しなかった」ではない、と考えます。

適切に処置したが回収できなかった場合には無罪、つまり適切な処置をする努力を評価した上での判決だろうと思うのです。

どこが適切でなかったのか?が問題になりますが、

「パロマは修理業者を指揮監督する立場にはない」

もし被告会社側がこれしか主張がなかったのであれば、「いかなる状況でも、修理業者の行動については関知しない」と受け取られて仕方ないでしょう。
これは、普通に考えて通用しないし、事実注意喚起を業者に行っているのだから、部分的には指揮監督しているわけです。

いわば「言っていることとやっていることが一致していない主張」となってしまいます。
これでは裁判所は納得しないでしょう。

有罪判決批判のご意見は、被告会社が裁判を正当に戦ったのだが、裁判所は被告会社の立場を無視した判決を下した、といった見方なのだろうと思います。

しかし、わたしには今回の裁判で被告会社は、正面から裁判を戦っていないのではないか?という印象が強くあります。
つまり、自分の主張を尽くしていない。

そのために、裁判所が「こういう会社が、こういう問題を起こした」といった具合に、決定した上での判決だったのではないのか?
もしそうであれば、判決の批判は被告会社の裁判に対する姿勢に問題があった、となっていくのかもしれません。

判決文を見ないことには決定的に言えないのですが、現時点でのわたしの考えは、どこに問題があり、判決が問題に沿っているのかどうかも、今ひとつ分かりません。

5月 12, 2010 at 09:58 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48338924

この記事へのトラックバック一覧です: パロマ湯沸かし器事故で有罪判決・その2:

コメント

コメントを書く