« 仮想不動産取引事件?・その3 | トップページ | 小林千代美衆院議員・連座制適用に »

2010.05.31

エレベーターロープ切断の怪

朝日新聞より「シンドラー製エレベーターのロープ破断 渋谷東口歩道橋

2010年5月31日18時32分

国土交通省は31日、東京都渋谷区の渋谷駅東口の歩道橋に設置されたエレベーターで、かごをつっているワイヤロープ3本のうち1本が切れる不具合が起きていたと発表した。

シンドラーエレベータ(東京)製で、保守管理も同社が担当している。

国交省は、同社が管理する全国5千基のエレベーターの緊急点検を始めた。
同社の製品や保守管理について全国規模の緊急点検が実施されるのは3回目。

ロープはピアノ線の束八つをよりあわせたもので、国交省は少しずつ破断せず、いきなり切れた点を問題視している

現場は繁華街で、エレベーターは月4万回使われていた。

国交省によると、ロープが切れたのは4月23日。

安全装置が作動して自動的に運転が止まり、けが人はなかった。

同社の定期点検は月1回で、直前の点検ではロープが「さびている」との報告はあったが、交換はしていなかったという。

ロープの破断は重大事故につながるため、傷みが目立ってきたら定期的に交換するのが通常の管理方法とされている。

エレベーターのつり下げロープの安全率はものすごく高いですから、負荷で切れることはないでしょう。

ありそうなのは、欠陥ですかね?
それにしても、一本がスッパリ切れるというのは、起こりそうもないですね。
人為的に切断されたのかな?

5月 31, 2010 at 08:43 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48508434

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターロープ切断の怪:

コメント

コメントを書く