« 裁判所が事件を起こしてどうするの? | トップページ | 北教祖のデタラメ »

2010.05.19

レクサスのハンドルソフトウェアって?

毎日新聞より「トヨタ:「レクサス」リコールへ ハンドル不具合で

トヨタ自動車は19日、09年秋以降に販売した最高級車「レクサスLS」でハンドルの動きが一時的にタイヤと連動しなくなる不具合があり、21日にも国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出ることを明らかにした。

対象台数は約4500台。海外約50カ国での販売分も近くリコールする方針で、国内外の回収台数は約1万1500台になる。【宮島寛】

リコールするのは、ハイブリッド仕様の「LS600hL」「LS600h」の09年11月以降に販売した分と、ガソリン仕様車「LS460L」と「LS460」の10月以降販売分。

車速に応じてハンドルの利き具合を調節するVGRS(ギア比可変ステアリング)の制御プログラムに問題があり、

  1. 低速でUターンする際などにハンドルを最大に切った後で急に戻すと、
  2. 勢い余ってハンドルが直進の状態より反対方向に最大90度近く動くという。
その際も車は正常に直進し、ハンドルは数秒後に正常位置に戻る。

プリウスのリコール後の今年3月以降、顧客からトヨタに不具合の指摘が12件あり、トヨタは4月末から国交省に相談し、リコールの準備を進めていた。
国交省にこの問題が原因とみられる事故報告はないという。

トヨタ幹部によると、

  1. ハンドルが一時的に戻りすぎるのは機構上の特性で、
  2. 説明書に注意書きも入れていた。
  3. しかし「対象の車は戻り方が極端で、顧客に不安を与えてしまった。
  4. より運転しやすくするために昨年秋の一部改良でプログラムを変更したことが裏目に出た」
と説明している。

こんな「高級車」に乗ったことがないので、どういうことなのか理解できませんが、なんでハンドルの特性を積極的に制御する必要がなるのでしょうかね?

いずれにしろ、ドライバーの感覚とズレがあることを承知で、それを説明書に書いた、というのはヘンではないだろうか?

自動車が採用な可能な技術は沢山あるが、多くは整備とかドライバーの慣れていないなど、社会的に許されないから実用されていないわけで、トヨタはそこらへんに問題があることを承知してやっているのだろうか?
プリウスのABSが感覚的にずれている、という問題もどうもトヨタは「ユーザーがなれるべきだ」と技術の採用に踏み切っているのではないだろうか?

5月 19, 2010 at 05:15 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48401093

この記事へのトラックバック一覧です: レクサスのハンドルソフトウェアって?:

コメント

電子制御=運転席でラジコン発信器を操作して、受信機の付いている車体を動かす。
       操縦者の手足の微妙な動きは車体に伝わらない。
       車体の反応は操縦者に伝わらない。

機械式制御=Uコン。操縦者車体相互に動きが伝わる。

と理解するのが一番簡単。

投稿: 昭ちゃん | 2010/05/20 0:09:55

コメントを書く