« ホームオブハート裁判・共同記者会見・2010年4月23日 | トップページ | 富士通のゴタゴタ・テープが公開された »

2010.04.22

携帯電話低温ヤケド・欠陥商品だと仙台高裁

共同通信ニュースより「携帯電話の過熱でやけどに賠償 仙台高裁

こたつの中で携帯電話が異常過熱し、やけどを負ったとして宮城県亘理町の男性(54)が製造物責任法(PL法)に基づき、パナソニックモバイルコミュニケーションズ(横浜市)に約545万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は22日、男性の訴えを退けた一審判決を取り消し、同社に約221万円の支払いを命じた。

小磯武男裁判長は「(携帯電話は)ポケットに収納し、こたつで暖をとることは通常予想され、取扱説明書で禁止したり、危険を警告する表示をしていない。

本件事故は製造物が通常有すべき安全性を欠き、製造上の欠陥があると認められる」とした。

判決によると、男性は2003年5月、自宅でズボンのポケットに同社の携帯電話「P503iS」を入れたまま、約2時間半にわたりこたつに入って座るなどしていた。

その後、左太ももが携帯電話とほぼ同じ形に赤くなっているのに気付き、皮膚科の医師から熱傷2度と診断された。

製造物責任法(PL法)に基づき、パナソニックモバイルコミュニケーションズ(横浜市)に約545万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は22日、男性の訴えを退けた一審判決を取り消し、同社に約221万円の支払いを命じた。

う~ん・・・・・、2度のヤケドでしょう?
それで、500万とか200万とかになるんですねぇ~。

別に、携帯電話が特別ではなく、デジカメとか、iPod とか色々な電子機器を身につ行けていることは多いわけで、低温ヤケドの可能性はあるといえばありますが、それが賠償の対象になることなのでしょうか?

「製造物が通常有すべき安全性を欠き、製造上の欠陥があると認められる」
ここは争いになるのではないかなあ?

4月 22, 2010 at 05:22 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48153135

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話低温ヤケド・欠陥商品だと仙台高裁:

コメント

賠償額(約221万円)の大きさが気になりますが、製造上の欠陥とされたのは、

>過熱の原因について小磯裁判長は「事故当時に携帯電話が連続通話状態で45度前後になっていたことや、こたつの熱が外部熱源になり、電池に作用したことなどが考えられる」と指摘した。

これが大きく効いているんでしょう。
通話していないのに連続通話状態になるのはユーザーの使用ミスですが、同時にメーカーが誤操作防止対策を行なっていない事を重くとらえたんでしょう。

もっとも、この判決が妥当かどうかは難しいですね。

投稿: e10go | 2010/04/22 20:55:05

コメントを書く