« 阿久根市・今度は新聞を購読しないことにした。 | トップページ | 大阪市営地下鉄・失敗学を勉強するべき »

2010.04.02

若林議員の奇怪な行動

サンケイ新聞より「若林氏議員辞職願提出 参院本会議での代理投票問題の責任をとって

自民党の若林正俊元農水相は2日午前、参院本会議での採決時に席をはずしていた青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを押していた問題の責任をとり、議員辞職願を江田五月参院議長に提出した。

若林氏は3月31日の参院本会議で、NHK予算案の採決の際、隣席の青木氏の「賛成」ボタンを押していた。
その場面が写真撮影され、発覚。

民主党は1日、「国会の議決を不正行為によってゆがめた前代未聞の事案だ」として参院議長に懲罰動議を提出した。

自民党執行部は混乱が広がることを懸念。若林氏の議員辞職を求めるなど、問題の早期の幕引きに乗り出していた。

これはいったいどういうことなのだろう?
元の事件の報道は、サンケイ新聞より「自民・若林議員辞職へ 青木氏の「代理投票」に説明があります。

自民党の若林正俊元農水相が参院本会議の採決で席をはずしていた青木幹雄前参院議員会長の代わりに投票ボタンを押していたことがわかり、自民党執行部は1日夜、議員辞職を含めた厳しい対応を求める方針を固めた。

2日に尾辻秀久参院議員会長が若林氏と会談し、辞任を促す見通し。

若林氏は農水官僚出身で昭和58年に衆院初当選。その後、参院に転出し、農水相、環境相などを歴任。
7月の任期満了で政界引退を表明していた。

3月31日の参院本会議で若林氏がNHK予算案の採決で青木氏の投票ボタンを押したところを写真撮影され、発覚した。

民主党は「国会の議決を不正行為によってゆがめた前代未聞の事案だ」として参院議長に懲罰動議を提出した。

これを受け、自民党も事実関係を調査。青木氏はこの件を知らず「驚いている」と語ったという。

どう考えたって、バレるでしょう。
だから、自民票を一票増やすという結果を求めた行動ではないですよね。
つまり、いたずらですか?

4月 2, 2010 at 10:22 午前 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47973815

この記事へのトラックバック一覧です: 若林議員の奇怪な行動:

» 魔が差した、自民党の若林正俊元農水相が陳謝会見 トラックバック 出来事は無限の果てに
軽い気持ちでボタン押しちゃったということなんでしょうか。 いずれにせよ代理投票は責任は重大で、 国会議員としての 資質を問われる問題。 与野党揃っての批判集中というのも、 何だか笑ってしまいます。 こんなときばかり歯切れよく声高に批判されて...... 続きを読む

受信: 2010/04/02 15:00:09

» 参院のボタン式投票は止めた方が良い トラックバック 杉山真大日乗
自民党の某議員が隣の議員の投票ボタンを押していたことが判り、矢張りと思わざるを得 続きを読む

受信: 2010/04/02 21:47:32

コメント

自ブログで取り上げたんだけど、そもそも「代返」が出来てしまう本人認証の無いシステムからして問題だったのでは?起立採決と比べて、果たしてベネフィットがあったのか疑問なんだよね。

投稿: 杉山真大 | 2010/04/02 21:55:05

コメントを書く