« 中学校の履修偽装事件 | トップページ | CD販売・新星堂が大リストラ »

2010.04.17

2度も成田に引き返した、エア・カナダ

毎日新聞より「エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に

16日午後4時50分ごろ、千葉県沖約200キロの太平洋上で高度約9800メートルを巡航中の成田国際空港発カナダ・カルガリー行きエア・カナダ10便(ボーイング767-300型、乗員10人・乗客181人)が、エンジン故障を示す警告が表示されたため成田に引き返し、約50分後に緊急着陸した。

点検を終え午後8時20分ごろ再離陸したが、同じエンジンの故障表示が出て、約1時間後に再び成田に緊急着陸した。けが人はなかった。

国土交通省成田空港事務所や空港会社によると、故障の表示が出たのは2基あるエンジンのうち右主翼の第2エンジン。最初の着陸後の点検で、燃料に混じった異物を取り除くフィルターの目詰まりがあり、フィルターを交換して2度目の出発をしたという。

同機は当初、長さに余裕があるA滑走路(4000メートル)に着陸予定だったが、直前に着陸した米フェデラル・エクスプレスの貨物機から部品が落下、散乱していたため破片の回収作業でA滑走路は閉鎖されており、急きょB滑走路(2500メートル)に着陸した。
【山田泰正、斎川瞳】

この便は、16時発なのですね。

  1. 16時発
  2. 16時50分着陸
  3. 20時20分離陸
  4. 21時過ぎ着陸
5時間も掛けて、成田から出発できないとは、お気の毒なことであります。

最近では、4発旅客機からドンドン双発機に機種改変が進んでいますが、エンジンにちょっとでも異常があれば、すぐに引き返さざる得ませんね。

アメリカ大統領専用機は現在はボーイング747の改造機ですが、アメリカではすでに4発旅客機を製造していないので、「後継機をどうしたものか?」となっているそうです。

コストの問題とは言え、整備水準をこれ以上下げるのは論外で、もっと向上させるように、当局が介入するべきでしょうね。

4月 17, 2010 at 12:43 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48104498

この記事へのトラックバック一覧です: 2度も成田に引き返した、エア・カナダ:

コメント

コメントを書く