« SECがゴールドマンサックスを詐欺で訴える | トップページ | ホームオブハート事件・Toshi個人分の債権者集会 »

2010.04.19

アイスランド火山噴火があっちこっちに影響

アイスランドの火山噴火の影響のニュースを集めました。
個人的には、MoTo GP 日本の中止が「あ~そうか」という印象です。

NHKニュース 成田 欧州便運行見通したたず

北欧・アイスランドの火山の噴火でヨーロッパの空港の閉鎖が続き、成田空港はヨーロッパ便の欠航が始まってから19日で5日目となります。
運航が再開される見通しは依然たっていません。

成田空港では、18日はヨーロッパを結ぶ便あわせて43便が欠航し、帰国できない外国人旅行者などおよそ100人が空港で一夜を過ごしました。

ヨーロッパ各地と成田空港を結ぶ便は、19日もほとんどの便がすでに欠航を決めています。

欠航はイギリス、オランダ、フランス、ドイツを中心に、17日からはロシアやイタリアを結ぶ便にも拡大し、運航が再開される見通しは依然たっていません。

空港ビルでは18日夜、外国人旅行者などに空港会社から寝袋や水が配られました。

19日朝5時前にロビーの照明がつくと、パソコンのインターネットで航空会社の運航情報を確認する人もいました。
また、誰もいない航空会社のカウンターの前に10人余りが列を作って、担当者を待つ姿も見られました。

フランス人の33歳の男性は

「ここはよく眠れない。あと1週間ここにいることになったら生きていけないと思う」
と話していました。

航空各社では19日と20日の便について、欠航するかどうか決まりしだい、随時、インターネットなどで知らせていくということです。

戻る

CNN.co.jp オバマ米大統領ら、ポーランド国葬の参列中止 火山噴火の影響で

ワルシャワ(CNN)
ポーランド政府専用機の墜落事故で死亡したポーランドのカチンスキ大統領の国葬が18日に営まれるが、アイスランドの火山噴火の影響で欧州諸国の空港閉鎖が相次ぐ中、参加を表明していた一部主要国首脳の出席が難しくなっている。

米ホワイトハウスは17日、オバマ大統領の葬儀参列を取りやめると発表。
駐ポーランド大使が代行出席するもよう。

オバマ氏は声明で、ポーランドのコモロウスキ大統領代行に電話で出席を取りやめると伝えたことを明らかにした。

さらに

「ポーランド国民が今回の悲劇から立ち直れるよう、あらゆる面で協力する。カチンスキ大統領は愛国者で、米国の親友で同志だった。事故で亡くなったほかの人々もそうだった。米国民が亡くなった人々のことを忘れることは決してないだろう」
などと述べたという。

火山灰の影響で航空網が混乱している影響で国葬参列を中止する要人が続出しているが、国葬は予定通り実施される予定とポーランドのシコルスキー外相は述べている。

現時点で出席取りやめを表明した首脳は、サルコジ仏大統領、ドイツのメルケル首相、カナダのハーパー首相、韓国の鄭雲燦(チョン・ウンチャン)首相、スペインのサパテロ首相など。

なお、英国のブラウン首相は選挙活動中のため当初から欠席の予定だった。

ロシアのメドベージェフ大統領は現在もモスクワにおり、国葬に出席するためポーランドに向けて出発するか否かは明らかにされていない。

エストニアのアンシプ首相は車でポーランドへ向かう予定に変更した。
また、カチンスキ大統領と親しかったとされるラトビアのザトレルス大統領も、13時間かけて車でポーランドへ向かう予定だという。

戻る

サンケイ新聞 アイスランド噴火、日本企業にも影響広がる

アイスランドの火山噴火で欧州の空港閉鎖が相次ぐ中、日本企業の経済活動にも懸念が広がっている。

近畿日本ツーリストは、23日までに日本を出発するロンドンやパリなどの欧州向けツアーの中止を決め、約500人に影響が出た。
欧州ツアーは1人当たり20万~30万円と単価が高く、担当者は「ようやく欧州向けが回復してきたところなのに…。これ以上、尾を引かないでほしい」と嘆く。

日本航空と全日本空輸は15~18日の4日間で計50便を運航停止。

19日も計12便を欠航させる。「欧州路線の搭乗率は平均7割前後と回復基調にあっただけに収益への影響は大きい」(全日空)という。

現地生産を進めるメーカーは「航空貨物を利用するのは一部」(日立製作所)と冷静だが、船便への転換で海上輸送が混雑する恐れを指摘する声もある。

ロンドン出張中の社員が足止めを食った富士通など、日欧を行き来するビジネスマンへの影響も大きい。

国際会議にも余波が出ている。スペインのアジア欧州会議(ASEM)財務相会合は野田佳彦財務副大臣が欠席。

23日には米国で20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議、その直前に先進7カ国(G7)の非公式会合もあるが、混乱が長引けば、日程や議事に影響が及ぶ懸念もある。

戻る

読売新聞 アイスランドの噴煙、日本の観測衛星が撮影

アイスランドの火山噴火に伴う噴煙が欧州各地に広がっていく様子を、日本の温室効果ガス観測衛星「いぶき」が撮影した。

日本時間15日午後10時半ごろに撮影されたものは、噴火した火山から出た噴煙が英国の北方沖を通過し、北欧のスカンディナビア半島に到達した状況をとらえている。

いぶきは国立環境研究所や宇宙航空研究開発機構などが昨年打ち上げた。二酸化炭素などの濃度を観測しているが、いぶきに搭載されたセンサーが噴煙に吸収された紫外線の一種をとらえ、結果的に噴煙の様子を記録できた。
(2010年4月19日03時04分 読売新聞)

戻る

東京新聞 欧州火山灰、影響長引く 8割超が欠航、EUが緊急会議へ

【ロンドン共同】
アイスランドの火山噴火による火山灰の影響で、欧州の空の便の混乱は18日も続き、欧州の航空交通管制の調整機関「ユーロコントロール」(本部ブリュッセル)によると、同日運航予定だった約2万5千便の84%が欠航の見通しとなった。

「第2次大戦後最悪」(欧州メディア)の空の混乱を受け、欧州連合(EU)各国の運輸相は19日、緊急テレビ会議を開催し、対応を協議する。

英国は18日、空港閉鎖を19日午前7時(日本時間同日午後3時)まで延長した。

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)など英航空各社は英国を発着する19日の便の全面欠航を決定、欧州の空の混乱は19日も続き、長引く見通しとなった。

英仏など各国は運航再開に向け、試験飛行を行った。 火山灰は数日は空中にとどまるとみられる。

空港閉鎖の影響で、政府専用機墜落事故で死去したカチンスキ・ポーランド大統領夫妻の18日の国葬への参列を見送る要人が続出した。

戻る

東京新聞 アイスランド噴火 バイク日本GP中止

アイスランドの火山噴火の影響で、今月二十三~二十五日に栃木県のツインリンクもてぎで行われる予定だった、オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第二戦日本GPが中止になったことが十八日、関係者に通達された。

欧州の主要空港閉鎖で、WGP関係者が来日できないための措置。代替開催などの詳細は十九日に正式発表されるが、秋へのスライド開催が濃厚という。

WGPの興行権を持つ「ドルナスポーツ」が決定し、「国際レーシングチーム協会(IRTA)」(ともにスペインに本部)が関係者に伝えた。

天候不順によるセッションの順延や、財政難による開催中止は過去にあったが、天災による直前の中止は六十一年にわたるWGPの歴史でも極めて珍しい。

スペインのバルセロナなどの空港も閉鎖となり、日本GPの翌週に予定されている第三戦スペインGPの開催も微妙になっている。欧州の関係者には、日本GPは十月三日(決勝)に開催すると通達されたという。

日本GPは一九八七年から鈴鹿サーキット(三重県)か、もてぎで二十三年連続して開催(二〇〇〇~〇三年のパシフィックGPを含めれば二十七回)されてきた、日本の二輪レースの最高峰イベント。過去には、ともに故人となった加藤大治郎さんや阿部典史さんが大活躍して、レースファン以外でも大きな話題になったことがある。

戻る

4月 19, 2010 at 09:27 午前 国際経済など |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48125548

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド火山噴火があっちこっちに影響:

コメント

まあ噴火で世界経済への影響がと騒ぐのも判りますがこの程度ならまだ可愛いものです。
噴火が長引きもっと大量の火山灰が地球全体にまき散らされば、世界の平均気温も簡単に1度は下がるでしょう。まあそうなれば、夏は来ないいわゆる「火山の冬」の到来です。
世界中にはもっとより大きく周辺に大災害を引き起こす火山や今は一休み中の活火山も、いつかは大爆発を起こすわけで、いまはその時の予行演習と思っていた方が良いでしょう。火山大爆発によって起きる地球文明の危機については、世界中の火山学者達がその危険性を警告しているので、真面目に耳を傾ける必要があるでしょう。

ちなみに箱根の前回の噴火爆発は、神奈川県・東京都を火砕流で埋め尽くしたのですから。

投稿: 昭ちゃん | 2010/04/19 10:28:51

お山から煙が上がっただけで情けなや文明の利器は使えない有り様。迷える子羊ちゃん成すすべなし。これは奢れる成り上がり生物への地球からの怒りと見るのが一番分かりやすい。

投稿: テスラ | 2010/04/19 11:03:27

昭ちゃん様
>ちなみに箱根の前回の噴火爆発は、神奈川県・東京都を火砕流で埋め尽くしたのですから。

都内に火砕流の痕跡があったとは知らなかったので神奈川県立生命の星地球博物館の特別展「箱根火山」の資料などをみました。
箱根の噴火による火砕流で大磯丘陵を超えたのは2例あって、6万6千年前の火砕流堆積物は横浜付近までです、25万年前の火砕流は
登戸浮石Iというのが多摩丘陵にありますが東京都内では確かなものはありません。 (自然科学のとびら 15巻4号を参考)

投稿: tune | 2010/04/19 15:41:08

コメントを書く