« 弁護士増員・大問題 | トップページ | ホームオブハート裁判・終結したので整理すると »

2010.04.13

ホームオブハート裁判・和解で終結。

弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版より「ホームオブハート事件:全面勝訴的和解の成立-2004年4月以前の被害者についての勝訴的和解のご報告

 報告が遅れましたが、ホームオブハート側を裁判で訴えてきた消費者被害者5人(山本さん、Kさん、Cさん、Oさん、Yさん)の事件は、このたび、ホームオブハートと勝訴的和解をし、ほぼ全面的な解決に至りましたので、「ホームオブハートとToshi問題を考える」に、経過を報告します。

 なお僕も、今回和解した被害者も、今後も、ホームオブハートの活動を続けるメンバー(TOSHIと同様、被害者と評価できるメンバーもなお残っています。)らへの救済活動や、新たな被害者を出さない活動など、ホームオブハートへの追及の手は緩める気はありませんし、またホームオブハートを脱会してくる被害者らへの暖かい手を差し伸べるつもりでいます。

 この点は、ホームオブハート問題に関心を持つ、すべての皆さんにご報告したいと思います。

 この間水面下でいろいろあって、ご報告が遅れ、心配をおかけしたこともあったと思います。心からお詫びします。

 そして2004年に訴えられて以降、多くの人に、物心両面において、支えていただきました。

 とにかく感謝します。

ホームオブハートとToshi 問題を考えるの報告

 報告が遅れましたが、ホームオブハートを訴えてきた消費者被害者5人(山本さん、Kさん、Cさん、Oさん、Yさん)の事件は、このたび、ホームオブハート側(具体的には、株式会社ホームオブハート、MASAYA=倉渕雅也=本名倉渕透、TOSHI の元妻:守谷香=森谷香=出山香=WANKU、同社代表取締役社長加田順子、同社会長代表取締役会長桃井多賀子、その外子どもたち5人とその母親3人。)と勝訴的和解をし、ほぼ全面的な解決に至りました。

 実は、TOSHIの破産(2010年1月6日)・TOSHIの真相を明らかにした記者会見(2010年1月18日)の後、2010年2月4日に、突如、ホームオブハートの代理人から和解の打診がありました。

 当初は、被害者側も和解打診ですら受け入れるつもりはまったくなく、2月9日には、山本さんの本人尋問を実施し、結審(2010年3月15日付)に向けて、最終準備書面を出すだけであったOさん、Yさん事件の最終書面の準備も着々と進めていたのですが、その後、ホームオブハートは、僕や山本さん、Kさんらを訴えている訴訟をすべて取り下げること、僕への懲戒請求2件(実は昨年12月11日付で「懲戒しない」という決定が第二東京弁護士会に出されたのですが、これに対してホームオブハート側が、日本弁護士連合会に異議を出していたもの)を取り下げること(すなわち被害者や僕への言論妨害・業務妨害訴訟等をすべて取り下げること。)、加えて消費者被害者5人(山本さん、Kさん、Cさん、Oさん、Yさん)に対し、被害実損害額に、実務上、判決で勝訴判決が出された際に認められる約1割の慰謝料と約1割の弁護士費用の合計約2割を加算した額を、さらに大幅に上回る案を提示してきました。

 すなわちこのような提案は、この間、僕や被害者らの主張を、でっちあげなどと述べてきたホームオブハートが、被害者側の請求をすべて認めるものであり、言わば白旗とも言えるものであったことから、被害者らとしては、2004年4月から続く、一連の紛争にいったん終止符を打つこととし、結審間際のOさん、Yさん事件の裁判の中で、この勝訴的和解を受け入れることにしました(2010年3月10日)。

 但し被害者側として、ホームオブハートの資力に不安があったため、和解の義務の履行として、まずホームオブハート側からの訴訟等の取り下げと支払いを先行させることとし、この結果、先週金曜日(2010年4月9日)に、最終的な和解額全額が振り込まれてきましたので、昨日(2010年4月12日)、被害者側の訴訟について、こちらで取り下げるべきものは、すべて取り下げました。

 これにより、2004年以前に生じた消費者被害者のホームオブハート事件は、ほぼ解決したと評価できます。

 なおこの間、TOSHIが代表取締役をつとめるトシオフィスが、4月7日付で破産し、TOSHIと同一の破産管財人が就任しました。破産は、委任の当然終了事由ですので、今までTOSHI及びトシオフィスについていたホームオブハート側の代理人弁護士全員の代理人権が消滅しています。

  ⇒破産手続開始通知書=PDFファイル
 
(委任の終了事由)
民法第653条  委任は、次に掲げる事由によって終了する。
 一  委任者又は受任者の死亡
 二  委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと。
 三  受任者が後見開始の審判を受けたこと。


 そのため今回の和解は、TOSHIとトシオフィスを除いた和解となりましたので、なお48部事件、C事件(最高裁)、K事件(東京高裁)は、TOSHIとトシオフィスとの関係では終了せず、事件として係属しています。

 この点は、今後、破産管財人との話し合いとなりますが、TOSHIも、当然にホームオブハートの被害者と評価できますので、被害者らと、課題は共通です。

 したがいまして、今後は、TOSHI及びトシオフィスの破産管財人に協力しつつ、これまで以上に、TOSHIを含めた新たなホームオブハートの被害者の救済を続けていく決意であり、これからもなおホームオブハートとこの団体を支えるMASAYA=倉渕雅也=本名倉渕透、TOSHI の元妻:守谷香=森谷香=出山香=WANKU、加田順子、桃井多賀子ら幹部「信者」の責任を追及していく所存です。

 今後も、僕と、被害者らを応援していただければ、幸いです。

今後も、すべてホームオブハート問題の活動費として使わせていただきます(感謝!!)。

郵便振替口座:000270-1-78416 「ホームオブハート被害者を支援する市民の会」
銀行口座:みずほ銀行麹町支店 普通預金口座番号 8104723 名義人 弁護士紀藤正樹を支える会 (略称「弁護士紀藤を支える会」でもお振込みが可能です。)

[参考]
・カテゴリー 2004-4 ホームオブハートとToshi問題を考える
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/cat7089127/index.html
・2010.01.21 今日事務所宛に届いた官報に、TOSHI(出山利三氏)の自己破産が広告されていました。
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2010/01/ethunder-b2c3.html
・2010.01.19 とても感慨深い-TOSHIの記者会見
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2010/01/toshiyoutube---.html
・2010.01.19 昨日のTOSHIの記者会見を受けての感想
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2010/01/ethunder-199b.html

・過去の裁判日程⇒裁判日程BLOG

1月に「Toshi離婚騒動・ホームオブハート裁判はどうなる?」を書きました。
記事を書いた時点では「裁判の進行が止まるだろう」と理解していましたが、それからどうなるの?が疑問でありました。

まして、和解で裁判が終了するというのは、予想外でした。

しかしながら、Toshi個人が自己破産したのに、Toshiが代表の会社が存続できるとも思えなかったのですが、破産手続開始通知書にあるように
2010年3月31日申立、2010年4月7日開始で破算手続が始まりました。

今まで起こされた裁判が和解となり、Toshiについても破算手続が始まったということで、正に一段落すると感じています。

2004年の春に「元X-JapanのToshiが関わっている自己啓発セミナーで児童虐待」とテレビが一斉に報道しました。
それを見て「紀藤弁護士は、また派手な事件に関わっているのね」と漠然と思っていただけでした。

わたし自身は、自己啓発セミナーが怪しげなところもあるという漠然とした知識しかありませんでしたし、X-Japanについても名前は知っている、という程度のものでした。

これが、当事者から色々と話を聞いていると「カルト問題だ」となってきて、傍聴などでもそのような視点から、ホームオブハートの関係者の挙動を見るようにしていました

なにぶん長い期間ですから、何度も見ているわけですが、非常に印象的だったのが、「続・ホームオブハート裁判・控訴審証人尋問の感想」の回です。
2008年12月9日の高裁でのMASAYAの証人尋問の時でした。

ホームオブハート裁判は全体として、ホームオブハート(MASAYA)とトシオフィス(Toshi)が出てきますので、今回の法廷にも「本人」として、Toshiと出山香も弁護席に座っていました。
ホームオブハートとトシオフィスの関係がよく分かりません。どっちが上でどっちが下といった明確な関係は無いようです。だからと言って、一体ということでもないようです。

Toshiは終始落ち着いて座っていましたが、出山香は大きくうなずくというかリズムを取っているような動作があったりして、「どうしちゃったんだろう?」と不思議な感じがありました。

この記事中に書いていますが、MASAYAは証言が途中から演説になってしまって、裁判長に何度も注意されていました。
傍聴している側としては「呆れ返っている」のがほとんどで「この証言にどういう意味があるのだろうか?」とも思っているわけです。

ホームオブハート側の弁護士席にはToshiも出山香りも座っていました。
MASAYAの証人尋問ですから、ホームオブハート側がMASAYAの挙動を不審に感じるような様子を見せないのは当然ですが、だからと言って「良く言った」と誉められるようなことでもないわけですから、Toshiも含めて静かに座っているだけです。

そこで、出山香りだけが、うなづくというか、同意するというか、という動作を繰り返していたわけで、ひときわ異様な印象を今も覚えています。

何年前に、裁判所でToshiと守谷香を見たのか、覚えていませんが、最初に見た時には「やっぱり芸能人だね」といった雰囲気を感じました。
しかし、その後何回か見かける内に、こちらが見慣れたという以上に、二人ともなんか疲れたような雰囲気を感じさせるようになってきました。
Toshiはほんの2~3回しか見かけていませんが、守谷香は何回も傍聴に来ていますから、たびたび見ていたことになりますが、これまた「どうなっちゃったんだ?」といった印象でした。

まあ、7年の長さを表している変化なのかもしれません。

「ホームオブハート事件・Toshiの再生」に書いたように、今まで争ってきた裁判については和解になったわけですが、事件(裁判)になった原因である、ホームオブハートとMASAYAが各種法律を無視する姿勢は、いまもToshiの権利を侵害しているわけです。
つまりは、和解にはなったが根本は変わっていないと言えるわけで、今後も別の裁判沙汰も起きるでしょうし、紀藤弁護士が解説している通り、Toshiと被害者(原告)との争いは、別の手続になります。

まだまだ、この話題は続くと言えます。

4月 13, 2010 at 10:32 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/48080092

この記事へのトラックバック一覧です: ホームオブハート裁判・和解で終結。:

コメント

コメントを書く