« NHKの落日 | トップページ | マグロ問題の種明かし »

2010.03.19

阿久根市長・危なすぎる火遊び

朝日新聞より「阿久根市長「不信任してくれ」 反市長派市議に2月依頼

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が先月、反市長派の市議に「議会で不信任(決議)を出してくれ」と依頼していたことが19日わかった。

市議側は、竹原市長には不信任決議を受けたうえで再び議会を解散する狙いがあるとみており、「辞める気があるなら自ら辞職すべきだ」と話す。

依頼を受けたのは鳥飼光明市議で、2月中旬に電話があったという。

竹原市長が「不信任を出してくれ」
と持ちかけてきたのでその意図を問うと、
「自分の計画が前に進まない」
と語ったという。

竹原市長の議会出席拒否は3月4日の本会議総括質疑から始まった。
他の反対派市議も竹原市長から同じような要請を受けたという。

竹原市長は昨年2月に不信任決議を受けて市議会を解散した。

出直し市議選後の4月に2度目の不信任決議を受けて失職したが、直後の出直し市長選で当選した。

12人の反市長派市議は19日、市議会後に記者会見。多くの議員が

「市長が議員に不信任提出を言っているのは議会を解散する目的だ」
と話し、不信任決議案提出には慎重姿勢だった。

「市長が議員に不信任提出を言っているのは議会を解散する目的だ」
なるほどねぇ~。
以前、不信任 → 議会解散 → 市長選挙再選、となっているので「2匹目のドジョウ」を狙っている、ということなのでしょうか?

しかし、そのために市議会の運営を妨げたり、判決に従わない、というのは有り得ないでしょう。

普通の意味で、法律の規定に反している=実力行使ですから、これがエスカレートすると、テロリズムとかクーデターといった「実力行使」が見えてきます。
竹原市長の「実力行使」は民主主義社会にとって、極めて危ない火遊び、と言えるでしょう。

3月 19, 2010 at 09:57 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47853578

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市長・危なすぎる火遊び:

コメント

とうとう竹原市長の足元に火が付くか?

阿久根市長家族の経営会社、市発注工事を1円差で落札
http://www.asahi.com/national/update/0320/SEB201003190056.html

投稿: エディ | 2010/03/20 13:28:31

コメントを書く