« 児童虐待・家裁の判断が間違っていないか? | トップページ | 阿久根市長の行動は奇行と呼ぶしかない »

2010.03.06

需要の3倍の空港建設

東京新聞より「航空需要 国に配慮、過大予測

全国で空港の需要予測を手掛けてきた財団法人「運輸政策研究機構」(東京都港区)の羽生(はにゅう)次郎会長(元国土交通審議官)が本紙の取材に応じ、機構自らの予測の多くが過大だったことを認めた。

その背景について、空港建設を進めたい国の意図に配慮し、過大な数字を出してしまう現実があると言明した。

同機構は昨年六月に開港した静岡空港や北九州空港などの需要予測を担当。

予測は建設の必要があるのか、事前に検証する重要な数字だが、多くのケースで実需の二、三倍もの予測を出し、「無駄」批判を浴びる空港建設につながってきた。

外れ続きの予測について、羽生会長は

「反復的に大幅に外してきたのは恥ずかしい。
発注者(国)側からこういう結果を出せとまでは言われないが、造りたい国の意図をおもんぱかってしまう。
地元業者の期待感もあり、これに反する結果を出せればいいが、そうもいかない」
と語った。

その上で、近年造られた空港の必要性について、

「お金があるときならたくさん空港がある方が便利。
離島などは別として、本当に必要なものと言えるのは羽田空港の第四滑走路(建設中)くらいだろう」。
静岡空港のほか、今月十一日に開港する茨城空港などを挙げ、
「建設の是非を問われれば反対だ」
と述べた。

今後の財団のあり方については、国や自治体の事業の受注はできる限り減らし、自主財源による研究や提言を中心にしたい考えを強調した。

(東京新聞)

「身も蓋もない話し」というのはこう言うことでしょうか?

一方で、少子化から人口減に転じているのに、相変わらず「成長戦略」しか提示しないという日本全体の方向性が、このようなひずみを生み出している、というべきでしょう。

言葉が見つからないのですが「成長戦略」を戦争での「攻撃」にたとえるのであれば、今の日本に必要なの「撤退の政略」なのではないでしょうか?
成長戦略で進みつつ、現実には人口減などであらゆる分野が縮小するのですから、空港を建設したが需要がない、ぐらいのことは当たり前に起きます。
問題は、そのコストであって、需要の3倍の規模の空港でも1/3の費用で作る事が出来ればOKだとも言えます。

こういう意見が当事者から出てきたということは、そろそろ「成長戦略を止めよう」という議論が出て来るのでしょうか?

3月 6, 2010 at 11:34 午前 人口問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47737250

この記事へのトラックバック一覧です: 需要の3倍の空港建設:

コメント

コメントを書く