« 続・永住外国人の参政権問題にビックリ | トップページ | 高速道路の逆走事故対策 »

2010.02.21

カナダの洋上学校帆船がブラジル沖で沈没

大石英司の代替空港の記事「※ ブラジル沖で帆船沈没、生徒ら64人救出 日本人女子高生も
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100220/amr1002201153002-n1.htm

>昨年9月にカナダを出発し

 これも、どういう学校なのか知りたいですよね。商船学校の類にも思えないけれど。

というのがあったから、ちょっと検索してみました。
CNN.co.jp より「カナダ船が沈没、乗員乗客64人全員を救助 ブラジル沖

(CNN)
 カナダ空軍当局者は19日、南米ブラジル沖の大西洋上でカナダ人生徒らが乗る船が沈没したが、乗員乗員乗客64人全員を救助したと発表した。

この船は、カナダのウェスト・アイランド・カレッジが洋上で授業を行う10カ月間の履修コースで航行していたもので、2月8日にブラジル北東部レシフェを出発し、ウルグアイのモンテビデオに向っていた。

同大学によると、沈没の原因や正確な日時は不明。しかし、同船は18日から救難信号を発していた。

生徒らは3隻の救命ボートに分乗し大西洋上を漂っていたところを、近くを通りかかった商船2隻に救助された。
その後、ブラジル海軍の艦船に収容されていた。

e-Nikka.ca より「洋上学校の「コンコルディア号」ブラジル沖で転覆、生徒ら救助

航海しながら船上で学ぶカナダのスクールシップ「コンコルディア号」が2月18日、南米ブラジル沖およそ500キロの大西洋上で強風にあおられ転覆した。

乗っていた生徒48人、教員8人、乗組員8人の合計64人は、付近を航行中にSOSをキャッチして駆けつけた商船2隻に救助された。

コンコルディア号はノバスコシア州にある学校、ウエスト・アイランド・カレッジ・インターナショナルが所有する帆船。

1922年に建造されたもので、全長57.5メートル、マストの高さが35メートルで、15の帆がある。

コンコルディア号は2009年9月、ノバスコシア州ルーネンバーグを出航、イギリス、地中海などを巡ったあと、大西洋をアフリカ西海岸沿いに南下、南米ブラジル方面に向かっていた。航海期間は10カ月の予定だった。

「フローティング・クラスルーム」と呼ばれる船の中で日常生活をしながら学習するユニークな教育方法で、今回の「クラスA洋上教育プログラム」には、トロントの女子生徒キートン・ファーウエルさん(17歳)、ニューマーケットのアリスン・グラントさん(18歳)ら48人の生徒が参加していた。

授業料は生徒一人 4万ドルといわれる。

遭難の一報が入った後、生徒たちの救助に関する情報がカナダ側に長時間伝わらなかったため、保護者たちがやきもきさせられる場面もあった。

PRIVATE SCHOOL SEARCH OUR KIDS GO TO SCHOOL というポータルサイトのようなところに「West Island College International - Class Afloat」がありました。

下の方に「VIEW E-BROCHURE」をクリックすると学校案内といえるPDFにリンクしています。
ここに、航路が出ているのですが、これがすごい。

Lunenburgルーネンバーグカナダ
St.Pierre & Miquelonサンピエール島ミクロン島北アメリカ東端
Hortaオルタアゾレス諸島(大西洋中央)
Dublinダブリンアイルランド
La Corunaラコルーニャスペイン
Lisboaリスボンポルトガル
Ajaccioアジャクシオコルシカ島
Agadirアガディールモロッコ
Las Palmasラスパルマスデグランカナリア(アフリカ沖)
Dakarダカールセネガル
Praiaプライアカーボベルデ(セネガル沖)
Cabedeloカベデロブラジル(南アメリカ東端)
Puerto Madrynプエルトマドリンパタゴニア
Tristan da Cunhaトリスタンダクーニャ南大西洋の中央
Cape Townケープタウン南アフリカ
Walvis Bayウォルビスベイナミビア
St.Helenaセントヘレナ南大西洋の中央
Natalナタールブラジル
Port of Spainポートオブスペイン
Hamiltonハミルトンバーミューダ
Rhode Islandロードアイランドアメリカ
Lunenburgルーネンバーグカナダ

要するに、大西洋南北に往復する間に、東西に往復するという、まるで大西洋を縫っているような航路です。
もう一隻の船があるようですが、一人4万ドルで50人参加だから売上げとしては、18億円ぐらいですね。それで10ヶ月の航海、というのはベラボーに高いとは言えないでしょうが、しかしあっちこっちに上陸するとは言え10ヶ月間の50人の学校というのは、学校としては良いと言えるものなのでしょうか?

まあ、色々な意味で驚きのニュースです。

2月 21, 2010 at 02:12 午後 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47624136

この記事へのトラックバック一覧です: カナダの洋上学校帆船がブラジル沖で沈没:

コメント

コメントを書く