« カナダの洋上学校帆船がブラジル沖で沈没 | トップページ | 大学にキャリア教育を義務づける »

2010.02.22

高速道路の逆走事故対策

朝日新聞より「関門道で乗用車逆走? タンクローリーと衝突、男性死亡

22日午前6時40分ごろ、山口県下関市の関門自動車道上り線で、無職(52)の乗用車とタンクローリーが衝突し、さらに後続の車3台が玉突き衝突した。乗用車の運転手は頭などを打って間もなく死亡。
タンクローリーを運転していた北九州市小倉南区の男性(41)は軽いけがで、積んでいたガソリンなどの流出はなかった。県警は乗用車が関門橋方向へ逆走し、正面衝突したとみて調べている。

県警などによると、「乗用車が逆走している」との110番通報を受けて出動した高速隊員らが事故現場を見つけた。

現場は中国自動車道下関インターチェンジ(IC)から北九州市側へ約600メートルの関門自動車道。乗用車は同ICから高速に入り、逆走したとみられるという。

この影響で、関門橋を含む門司―下関IC間の上り線が約3時間半にわたって通行止めになった。

高速道路の逆走事故が日常的になってしまって、珍しい事ではなくなってしまいましたが、こうなると逆走させないではなくて、逆走車が来ることを知らせる方が対策としては現実的ではないでしょうか?

基本的には、出口から進入するのですから、センサーで拾ってより手前の情報表示板に警報して、必要であれば通行止めにする、といった方法があるでしょう。

出口で逆行する車をセンスするのは、比較的簡単だと思います。
それで、せめて警報を出すのはアリでしょう。

2月 22, 2010 at 01:04 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47633881

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路の逆走事故対策:

» 高速道路の逆走による事故 トラックバック Nariの書斎から
<朝日新聞ニュース>  高速道路の逆走による事故は、時々おきているようです。実際 続きを読む

受信: 2010/02/24 9:20:15

コメント

 高速逆走車について酔うぞさんは以前から、出口から進入する(ことが多い)という御意見のようですが、そうなのでしょうか?
 例えばこのニュース記事には進入箇所は書いてありませんが、
(首都高ランプの類をのぞけば)出口から進入すれば料金所があるはずで、そこで指摘されるのでは?
(ETCレーンを逆走しようとしても、バーが上がらないのでは?)と思います。
 私はむしろ、正規の入口から進入したあとで、本線との合流帯で(高速道路であることを失念して)
「一時停止→右折」してしまうのではないかと思います。
 中央分離帯が目隠し(遮音壁?)されていて車がほとんどいないと、
片側2車線一方通行が片側1車線対面通行に見えてしまうのではないでしょうか?
 ICの構造にもよるでしょうが、一般道を漫然と左側通行していても、高速出口に誤進入することは考えにくいと思います。

あと、出口から進入したなら、そこから「逆走した」と完了形(過去形)で通報されたはずで、
「逆走している」と現在進行形で通報されたというのは、最初の発見・通報が本線を逆走している段階のもので、
出口では気づかれなかった→そもそも出口から入ったのではない、ということを表しているようにも読めます。
(これは県警の発表か新聞の記者の語法の問題の可能性もありますが)

投稿: ペーパードライバー | 2010/02/22 21:06:21

 以前他でコメントしたこと有りますが、高速道逆走してしまうのは高齢者ドライバー(今回は50代ですか?驚きです)に多いようで、しょっちゅう利用する者にはちょっと想像出来ないことですが、PAなどから本線に合流する合流ポイントで有ろうことか右折して反対方向に走り出そうとするらしいです。これ、なんで?って、どうしてそう判断するのか理解を超えるのですが実際起きてるようです。高速道に初めて乗り込んだのか?それとも一瞬方向感覚がなくなってしまうのか?わが身も含めますます高齢者が増える中、それこそ逆走検知センサーのようなものの設置を真剣に考えなければならないかもしれませんね。手っ取り早くは合流路に直進直進のインジケーターを光らすか、右折禁止?の案内をしつこく並べるか?いや高齢化社会とはそういう事なんですね。

投稿: テスラ | 2010/02/23 1:06:24

例えばこのニュース記事には進入箇所は書いてありませんが、

記事には


現場は中国自動車道下関インターチェンジ(IC)から北九州市側へ約600メートルの関門自動車道。乗用車は同ICから高速に入り、逆走したとみられるという。

と書いてありますよ。

正規の入口から進入したあとで、本線との合流帯で(高速道路であることを失念して)「一時停止→右折」してしまうのではないかと思います。

高速の逆走で、一番多いのがサービスエリアから出るときに、入口に向かってしまうケースのようです。
わたしは、東名で追い越し車線を走っていた車が、出口をちょっと通りすぎたのでUターンしようとしているのを目撃しました。
この時は、1キロぐらい手前から深夜でガラガラの東名でわたしの前車がウロウロしていたので「何が起きた?」と慎重に進んで無事に通りすぎました。

逆走する原因には色々あるようです。
先日、首都高で起きた事件は、首都高上り線錦糸町料金所(上り線にしかない)を抜けた直後に、Uターンしてゲートを反対向きに抜けて逆走した。というのがありました。
これではドライバーの意図は見当も付きません。
あり得るのは、1キロぐらい手前(千葉より)にある錦糸町出口を通りすぎたので、上り線の錦糸町入口を逆行して下りるつもりでUターンしたが、入口ランプではなく本線に進んでしまったのでそのまま千葉方面に進んで、事故になった。というぐらいですね。



出口から進入したなら、そこから「逆走した」と完了形(過去形)で通報されたはずで、

ちょっと意味不明ですが、入ったところを地図で見るとここのようです。

この地図を見ると分かるのは、高速に乗るために料金所のゲートを抜けると合計4本の道に繋がっていて、左から、

  1. 岡山方面行きの入口
  2. 北九州方面行きの入口
  3. 岡山方面からの出口
  4. 北九州方面からの出口
と並んでいますが、これはインターの標準的な構成です。

事故を起こした車は、ここから入って4番目の道に進入したわけですが、上下線を仕切っているのは可動式の柵が多く、場合によっては車がすり抜けられる隙間が空いています。
これは、パトカーなどのUターン用に使われます。

事故車を起こした車は、たぶんこの隙間を抜けて反対車線に入ったのだろうと思います。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/23 10:21:59

ラジオのローカルニュースではパーキングエリアから逆方向に出たようなことを言っていました。m(_@_)m

投稿: BUNTEN | 2010/02/23 10:22:47

高速道逆走してしまうのは高齢者ドライバー(今回は50代ですか?驚きです)に多いようで、

わたしは、今回事件は事実上の自殺ではないか?と想像しています。
確信的な自殺行動なのか、判断力の低下など不可抗力的あるいは突発的なことなのかは、分かりませんが先にコメントした通り、反対車線に入るのは簡単です。

しょっちゅう利用する者にはちょっと想像出来ないことですが、 PAなどから本線に合流する合流ポイントで有ろうことか右折して反対方向に走り出そうとするらしいです。これ、なんで?って、どうしてそう判断するのか理解を超えるのですが実際起きてるようです。

現実には、かえって安全かと思いますが、関越トンネルの新潟側の上り線(東京方面向き)の土樽PAは出口に向かう道が新潟に向かってからUターンして東京に向かうので、なんども駐まっていますが毎回「???」と思いながら走っています。

道路構造を変えるのかどうか?と考えると、ちょっと難しいでしょうし、インターチェンジ内のUターンとか、SAでの逆方向走行は物理的に出来ないと困るのですから、結果的に道路の構造変更は今後も出来ないでしょう。

その意味では、確信的な自殺者といった形での逆走事故はなくなりません。

そこで、次善の策として防衛する方法は無いのか?というのが、元の記事の趣旨です。

すでに一部のSAなどでは、逆行してSAを出ようとする車に警告表示が出るようにするらしいですが、感知しているのなら本線上の情報表示板に「この先、逆行車あり」と出して、良いかと思うのです。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/23 10:40:20

詳しく有難う御座います。

>同ICから高速に入り〜
>と書いてある
いや、最初のコメント投稿の主旨は、今回の事故車が何処から入ったかではなく、
逆走車が一般的に(「基本的に」)どこから入りやすいのか?ということなのですが。

また、その引用記事にしても、そのICの、具体的にどこから入ったのかは書いてありませんよね。
酔うぞさんが書かれた番号で言えば
4.北九州方面からの出口
と酔うぞさんは断定されていますが、引用記事からは断定できなくて
1.岡山方面行きの入口
から普通に入って、本線合流の所から逆走を始めた可能性もあるんじゃないでしょうか。


>>出口から進入したなら〜
>ちょっと意味不明
>可動式の柵〜この隙間を抜けて
それらの場合なら料金所の目の前なのだから、料金所の人が通報してるんじゃないか?
でも料金所付近からはすぐに見えなくなるので、通報時の言葉は正しい日本語表現としては
「乗用車が逆走して い る 」と現在進行形ではなく、「逆走し(て い っ)た 」と過去形になるのではないか?
通報の言葉が現在進行形なのは、通報が料金所(付近)からではなく、本線ですれ違った車等からであることを表しているのではないか?
(でもこれは言葉尻の問題なので、ただの言い間違いかもしれないですけどね、)
ということです。

投稿: ペーパードライバー | 2010/02/23 16:17:42

Nariです
 高速道路の逆走は、一度、常磐自動車道で出くわしたことがあります。目的のインターの出口を過ぎてしまったようで、慌ててUターンして逆送していきました。
 高速道路の逆走は、出口から入るというよりも、こういった目的地の間違いとか通り過ぎとかのミスから来るものではないでしょうか?
 逆走による事故は、時々おきているようです。これを防ぐ方法は、地道な活動でしかありませんが、マナー向上しかないと思います。

投稿: Nari | 2010/02/24 9:03:05

Nariさん

行きすぎ逆行の場合は、逆行する本人もそれなりに注意しているから、事故になる確率が低いのでしょうね。

気づかないで、逆行して「なんで対向車多いのだ?」と思っていた、なんて話しもあります。

こういうのは、マナーの向上ではどうにもなりませんよ。
もちろん、マナーというか教育向上は必要不可欠ではありますが・・・・・・。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/24 9:32:19

    >いや、最初のコメント投稿の主旨は、今回の事故車が何処から入ったかではなく、
    >逆走車が一般的に(「基本的に」)どこから入りやすいのか?ということなのですが。

一番多いのは、SAですね。
ただ、逆走するという異常な状況に施設としての道路は対応出来ません。
入る気になれば、すぐに入れます。例えば、緊急車出入り口だとカギを壊して扉を開けて入る、となるから施設としては逆走しにくいと言えますが、その他は入りやすさに違いはないでしょう。

    >1.岡山方面行きの入口
    >から普通に入って、本線合流の所から逆走を始めた可能
    >性もあるんじゃないでしょうか。

本説明書では合流点で逆走と、インター内で路線の切り替えとどちらが簡単か?という話しですよ。
あまり問題にはならないし、そもそも合流点で逆走するは、180度の方向転換必要ですよ。あまりないでしょう。

    >料金所の人が通報してるんじゃないか?

最近は、料金所には人手がほとんどありません。
人がいるのは、メンテナンス基地とか、警察です。
料金所が、ETCになってガックリと人が減りました。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/24 9:59:58

>高速道路の逆走事故が日常的になってしまって、珍しい事ではなくなってしまいましたが、こうなると逆走させないではなくて、逆走車が来ることを知らせる方が対策としては現実的ではないでしょうか?

そうですね。で、現在、電光掲示板で表示してますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/pochiwann/56811731.html

>基本的には、出口から進入するのですから、センサーで拾ってより手前の情報表示板に警報して、必要であれば通行止めにする、といった方法があるでしょう。
>出口で逆行する車をセンスするのは、比較的簡単だと思います。

無人料金所ゲート(ETCゲート)では、センサーで逆走車の通過を検知できます。有人料金所ゲートなら、係員が気付くでしょう。
今のところ、本線上でUターンしたら逆走を検知するシステムはない様ですね。
SA・PAの進入路にはある様です。「逆走防止へ警告システム 事故多発受け高速道路3社」
http://www.47news.jp/CN/200701/CN2007012201000063.html
また、逆走車を見つけた場合、実際に通行止めにする例もある様です。
http://www.e-nexco.co.jp/activity/local_activity/tohoku/voice/h1909answer.html
http://minkara.carview.co.jp/userid/295282/blog/15303738/

余談ですが、カーナビで逆走防止の警告を行なうシステムも開発されている様です。
http://jafmate.jp/safe/20090127_760.php

さらに余談ですが、NHKニュースでは以下のように伝えています。
http://www.nhk.or.jp/news/k10015761841000.html
>渡邉さんは車に残されていた入場券から、事故の1時間前の午前5時半すぎに下関インターチェンジから高速道路に入ったとみられ、警察は、渡邉さんが1時間ほど休憩したあとで誤って車をUターンさせて対向車線を走ったものとみています。

下関ICの10キロほど先に王司PAがありますが、そこで休憩してから出る時に逆走(出てからUターン)したんじゃないでしょうか。

もう一つ、これこそ余談ですが(笑)、高速道路の事故による長時間通行止めで、事故手前の本線上にいる車がその先のICから出られない時は、高速警察隊の誘導で手前のICまで逆走させる事があります。その逆走シーンのビデオを見た事があります。

投稿: e10go | 2010/02/24 15:19:45

>余談ですが、カーナビで逆走防止の警告を行なうシステムも開発されている様です。
 昨今はカーナビ装着車が多いですから、道路情報を逐次読んで指示を出しているカーナビを上手く活用するのは有効な手段ですね。しかしそれをも無視して自殺行為に及ぼうとするのはどうしようも無いですが。随分以前に地元の某交差点で、4輪でなく2輪車でしたが、交差点を渡り切ろうとしてるこちらに真正面から、しかもライトを消して突っ込んで来る、所謂狂った暴走族にはまったくゾッとした経験があります。もうこうなると衝突事故は運不運のことですが。

投稿: テスラ | 2010/02/28 11:03:45

1年ぐらい前に、ドライブレコーダーを付けましたが、それまで何年か調べていて、色々な記事とかTVなども見ていました。

TVで「タクシーに取付あるドラ部レコーダーが当たり屋の姿を記録していて、当たり屋の方が逮捕された」というのがありました。

要するに、自己防衛ですよね。

やはり供給側の視点だけで問題解決を図るのは無理な時代になってきた、と考えざるを得ませんね。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/28 12:12:00

2003年にはハイウェイバスが逆走したのがありました。問題は東名高速道でハイウェイバスの運転手が停留所を行き過ぎてしまい、バックで逆走したのがいけませんでした。気付くのが遅れて怠ったりすると駄目なのです。逆走を防ぐには必ず確認してからでないと遅いのです。

投稿: タクロウ | 2010/02/28 13:47:07

コメントを書く