« ホームオブハート裁判・Toshi離婚の報道 | トップページ | 子どもの携帯電話問題 »

2010.02.11

トヨタ・の経営危機管理

毎日新聞より「トヨタ:社長が米運輸長官と面会へ 不信感解消へ直接説明

一連の自主改修・リコール問題で渡米するトヨタ自動車の豊田章男社長が、ラフード米運輸長官と面会することが分かった。

10日に渡米する予定だったが、現地の大雪で飛行機が飛ばず、再度日程を調整している。

米国は昨年のフロアマット問題に端を発した一連のトヨタ不具合問題の震源地。米議会や世論がトヨタへの不信感を強めているため、経営トップが自ら現地入りして説明を尽くし、不安解消に努める。

10日には米議会下院の監視・政府改革委員会の公聴会が開かれる予定だったが、大雪のため24日に延期になった。
公聴会には現地法人トップの北米トヨタ自動車・稲葉良※社長が出席し、詳しく事情を説明する予定だった。

トヨタは9日に米国でも、ブレーキが利きにくくなる問題で新型プリウスなどのリコールを届け出ている。

豊田社長は24日の公聴会前に渡米し、議会関係者らとも会談して理解を求める見通しで、現地での記者会見も検討している。【宮島寛、米川直己、鈴木泰広】

この社長「上を見て仕事をしている」ではないのか?

プリウスのブレーキ問題についての記者会見をした、品質管理担当役員のやった事は「上を見て仕事をしている」の典型でありましょう。

そもそも、なんで「公聴会に出席する」とか「運輸長官に面会する」といった内容を発表するのかな?
お上意識に取り憑かれているのではないのか?

結局は市場を無視している、ととらえられるだろう。
この社長は、結局はパフォーマーだった、という事になりそうだ。

2月 11, 2010 at 01:22 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47537443

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・の経営危機管理:

コメント

コメントを書く