« 医療問題・電子化反対裁判をやっていて良いのか? | トップページ | 少子化問題に取り組むのにはどうするのか? »

2010.02.14

空中発射レーザーでミサイル撃墜実験

FNNニュースより「空中レーザー発射試験機の弾道ミサイル撃墜試験初成功 米国防総省ミサイル防衛局が発表

アメリカ国防総省のミサイル防衛局は12日、敵が弾道ミサイルを発射したあと、上昇中の段階で撃ち落とすALTB(空中レーザー発射試験機)の初の撃墜試験が成功したと発表した。

ALTBは、ジャンボジェットの機首に大型のレーザー砲を搭載したレーザー戦闘機の試験機で、敵が発射した弾道ミサイルを上昇途中で撃ち落とすために、ミサイル防衛局が開発中の兵器。

発表によると、11日午後、カリフォルニア州沖から、標的となる液体燃料の短距離弾道ミサイルが発射された数秒後に、ALTBは、赤外線センサーなどで標的のミサイルを見つけ出し、低出力レーザーで追尾、計測などを行ったあと、メガワット級の大出力レーザーを照射し、発射から2分以内にミサイルを破壊したという。

レーザー砲の最大射程は400kmとされ、朝鮮半島の休戦ラインの南を高度1万5,000メートルでレーザー戦闘機が飛行すれば、北朝鮮から発射される弾道ミサイルを射程内に収めるとみられる。

標的が液体燃料の短距離弾道ミサイル(そんなモノがアメリカにあるのかね?)というのがいかにもでありますが、このプロジェクトは中止の報道もありました。本当のところはどうなるのでしょうか?

しかし、どういう原理でレーザーでミサイルを破壊するのだろうか?
ミサイルの何が壊れるのだろうか?
精緻な誘導をしているミサイルの制御機構をレーザーで狂わせたというのならとにかく、単なるロケットが弾道飛行している場合は、レーザーでは阻止できないから物理的(キネティック)弾丸による破壊しかできないだろう。

そんな事を考えると、今回の実験は北朝鮮向けのアピールということか?

2月 14, 2010 at 10:25 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47562522

この記事へのトラックバック一覧です: 空中発射レーザーでミサイル撃墜実験:

コメント

空間磁力メッキ(違)への対抗手段は何なのでしょうか?気になるところです。(^_^;)

投稿: BUNTEN | 2010/02/14 18:23:14

 このニュースを耳にしたときには、おっ!そんなSFのビーム兵器のようなものが現実のもになったのか?と目を丸くしました。米国が世界に向けて初の成功と発表するのですからそうなんでしょう。レーザービームと言えば身近なレーザー加工機が現実のものとして有りますが、数ミリの金属板を溶断できる出来ないの能力で、しかもヘッドと相手板とは鼻付きつけ合うような至近距離での話。それが空飛ぶ高速物体をこれまた飛行中の航空機から遠距離破壊するとは全くの驚きです。第一、そのすざまじいエネルギーを地上の施設ではなく飛行機の中でどうやって作り出すのか大いに興味が湧きます。

投稿: テスラ | 2010/02/14 22:55:26

ここに
http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams01/al-1.html
簡単な解説がありますが、いわゆる化学レーザーだそうです。

で、何かイメージとしては、ドラム缶を弾丸にした機関銃のような構造だ、という説もありましたね。

B747を改造して、先端に可動式の反射板を取り付けて、機内から機首までレーザービームが飛んで、機首で目標方向に曲げられる、という仕組みのようです。

しかし、レーザーだからレンズでビームを絞ったりするのでしょうかね?
反射鏡かな?

飛行機のようなヤワなベッド上で、レーザー発信が出来ること自体が、考えてみると恐ろしく難しいことですね。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/14 23:21:05

これですね。
http://baisokumovie.jp/detail/dr8T7bxW1Z0.html
いやー恐ろしい兵器が簡単に空を飛ぶ時代なんですなー。

投稿: 昭ちゃん | 2010/02/15 1:44:19

>可動式の反射板

それが熔けないのであれば、空間磁力メッキ有効、と。¢(-∀-○)。

投稿: BUNTEN | 2010/02/15 9:22:29

なんか、レンズマンの世界が現実になったような感じですなあ~。

投稿: 酔うぞ | 2010/02/15 9:34:22

映像などを見る限りではすでに2機は抹殺飛行ができるようです。宇宙戦艦大和の飛行機版。
1機は全身空色、もう一つは前半分真っ黒。
B52なんかと同じで、自分が攻撃目標になることなどハナから考えていない、あるいはステルス機の援護付か。
絶対に誤動作しないんでしょうねー、整備中に間違って波動砲誤発射だけはゴメンですね。
ある日突然予告無しに在日米軍基地着陸、なんてあり得ます。
でもよくもまあレーザー生成装置を6基も積み込んだものです。
技術進歩がまた一つ殺人兵器を生み出してしまった。世界終末時計は何分前をしめすのだろう。今は6分前。

投稿: 昭ちゃん | 2010/02/15 11:02:17

コメントを書く