« ホームオブハート裁判・全く違った展開になるか? | トップページ | ホームオブハート裁判・ドンドン延期に »

2010.01.19

ホームオブハート裁判・Toshiの記者会見

やや日刊カルト新聞より「TOSHI会見、60分の一部始終映像

1月18日、X JAPANのTOSHIが、自らが広告塔を務めた自己啓発セミナー「ホームオブハート(HOH)」からの脱会、自己破産、妻との離婚に向けての現状について、都内で記者会見を行いました。本紙ではYoutubeに「やや日刊カルトTV」を開設し、1時間に及ぶ会見の一部始終を配信中です。

 会見でTOSHIの代理人弁護士は、「自己破産の目的のひとつは、TOSHIを裁判から外すこと」と語りました。TOSHIは現在、ホームオブハートの被害者らとの裁判のうち2件で被告になっています。TOSHIは、自分の影響でHOHに関わってしまった被害者がいることについては「申し訳ない気持ち」といった言葉は口にしました。しかし、明確な謝罪はなく、今後、被害者への謝罪や賠償を行うつもりかどうかについても明言を避けました。

 TOSHIは最後までサングラスを外そうとせず、しきりに笑顔も見せていました。「謝罪会見」という態度は全くなく、HOHからの脱会、自己破産、妻との離婚手続きに関する報告と、自らが被害者であることをアピールするといった内容でした。つめかけた報道陣からは、HOH問題などについて厳しい質問も出ましたが、TOSHI最後に「これからのTOSHIを見てください」とにこやかに席を立ちました。その後は、報道陣から「TOSHIさ~ん、こっち見てくださ~い」「こっちもお願いしま~す」「手を振ってくださ~い」と声がかかり、まるでふつうの芸能人の写真撮影会。

HOH被害者を含めて、HOH問題におけるTOSHIの役割を知っている人々にとっては、決して満足のいく会見ではなかったかもしれません。それでも、被害者や被害者側弁護士を口汚く誹謗中傷する態度ではなかっただけ、これまでのTOSHIに比べればずいぶんマシだったように思います。本紙既報の通り、TOSHIはまだウソをついていると思われる部分もあるので、その態度が今後、変わっていくのかどうか注目されます。

 本紙はTOSHIとサイエントロジーの関係を過去に報じていますが、会見でTOSHIは、サイエントロジーへの入信は否定しました。

 TOSHIの記者会見に関するマスコミ報道については、HOH被害者の代理人の一人である紀藤正樹弁護士がブログ上でコメントを出しています(昨日のTOSHIの記者会見を受けての感想)。

記者会見の最初から最後まで7本のビデオが、アップされています。

  1. http://www.youtube.com/watch?v=fMgoGTbEopY&feature=channel
  2. http://www.youtube.com/watch?v=f--sOwBiQ-Y&feature=channel
  3. http://www.youtube.com/watch?v=k-dRXPfKTiE&feature=channel
  4. http://www.youtube.com/watch?v=0_HSwEmExmQ&feature=channel
  5. http://www.youtube.com/watch?v=IPMyoFmjAvU&feature=channel
  6. http://www.youtube.com/watch?v=70YZCKNk9pY&feature=channel
  7. http://www.youtube.com/watch?v=89SGDiyEO-M&feature=channel

昨日書いた「ホームオブハート裁判・全く違った展開になるか?」の中で

この4本のニュース記事でこれだけいろいろな切り口が出てきているということは、記者会見ではいろいろな話が出てきたのだろうと思われます。
は予想通りでした。
基本的には、記者が大きく分けて「芸能記事の取材」と「社会事件取材」に分かれていて、それぞれの立場で質問していますね。

少なくとも、Toshiがホームオブハートと組んで被害を増大させたのは間違えのないところで、その点については明快な謝罪とかありませんでしたね。
さらに、不思議な印象を受けたのは「生活費などを知人らに援助されていた」というところで「洋服も買わないで貰っていた」というところがあります。
洋服をもらうというのは、一般人にはそうそうあることでなく、それで服を買わないで済ませられる、というのはかなり異常な状態でしょう。
にもかかわらず、この点に触れたときの態度が「特別なことではない」という感じでした。

これを芸能人だからプレゼントは多い、と見れば納得出来るわけですが、それゆえに広告塔として被害を拡大させた、となるわけです。
そうなると、服をもらうのも、被害を拡大させたのも、同次元であり芸能人だから出来るのだ、という解釈も成立しますが、そもそも「芸能人だから特別である」と社会で行動されては、一般人の社会常識からは逸脱してしまうわけです。そういう視点から今回の事件を考えてみると、Toshiは一般の社会人としてではなく、芸能人の立場としての今回の騒ぎにしたのではないのか?と強く疑問を感じました。

何度も見ると「今ひとつ整合性の取れた説明になっていない」とも感じます。
今回Toshiについた、さくら共同法律事務所河合弁護士の経歴を見ると、バリバリのビジネス処理の大ベテランです。
このような有力な弁護士に依頼し、弁護士も受任するというのは普通はそれなりに事態が明らかになっているからでしょう。
事実、弁護士間でも最初に相談を受けた弁護士が「この問題は誰それが得意だから」と別の弁護士に回すことは良くあります。

では、「ホームオブハートにお金を巻き上げられて大変だ」と河合弁護士に相談したのか?と記者会見を見てみるとどうも順序が違う。

  1. 河合弁護士と接触
  2. 入院
  3. 問題であることに気づく
  4. 離婚調停
  5. 破産申請
といった順序のようです。

入院中に連れ戻しに来た、ホームオブハートから病院が守ってくれた、と述べているのですから、何らかの思惑が本人か周辺にあって、同時に体調不良で入院した、ということだろうと想像出来ます。

もう一つ気になったのは、Toshiは「純粋に」といった言葉を結構ポンポン出していましたが、これは出山香氏などが証言でさんざん使っている言葉です。
わたしには非常に抵抗感がある言葉なのですが、何度も出てきます。それだけ聞くと「変わっていないだろう」とも取れるのです。

そういう細かいところを気にしてみると、ホームオブハートを脱会するのだとしても、これほどの大問題に拡大させてしまった、判断力の甘さのような部分は変わっていないのではないのか?と思えるのです。

1月 19, 2010 at 01:59 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47335419

この記事へのトラックバック一覧です: ホームオブハート裁判・Toshiの記者会見:

コメント

酔うぞさんのコメント鋭いですね。
10年以上関わっていて、ライブなどで自分でも使っていたわけですから、カルト用語が普通の言葉として染み付いているのでしょう。 本人もそれがMASAYA用語であるとは気づいていないのではないでしょうか?
HOHにとって、彼は稼ぎ頭であると同時に、一般社会と接しているという危険要素も持っていたので、絶えず電話セミナーという名目で、監視し洗脳がとけないようにしていたのでしょう。
心の中での疑問はかなり前から生じていたのではないですかね。そこから実際に行動に移すまでには相当の葛藤があり、究極的に声が出なくなる~MASAYAの歌は歌いたくない~までに至ったのだと思います。裁判も影響したでしょうし、”妻”とのコラボも、これ以上嘘をつづけられない・・と決心するきっかけになったのかも。
しかし、もともと持っているTOSHIの心の問題は解消されたようには見えません。今は、行動を起こした直後の気持ちの張り、自己防衛、躁状態・・みたいな感じなのかもしれません。まだまだ、揺り戻しとか、フラッシュバックとか、、辛い状態が続くのではないでしょうか。
もう少し見守りたいと思います。

投稿: tambo | 2010/01/20 9:07:17

tambo さん

    >今は、行動を起こした直後の気持ちの張り、自己防衛、
    >躁状態・・みたいな感じなのかもしれません。
    >まだまだ、揺り戻しとか、フラッシュバックとか、、
    >辛い状態が続くのではないでしょうか。

わたしは、97年ぐらいから悪徳商法被害者の相談会を見学したり、直接相談に乗ったりしたことがありますが、やはり被害者も視野狭窄になっています。

ホームオブハートの元セミナー生は、いずれも多額の金銭被害を受けていますが、普通なら絶対に出さないお金を出しています。

そこについて直接話を聞いても「欺されたから」という結論にしかなりません。
そこがカルトのカルトたるところです。

で、欺されたという状態がどれくらいで普通になるのか?というと、これは被害の程度(心理面も含む)にもよるのですが、半年以上は掛かるようです。

Toshiの記者会見にも出てきますが「段々とおかしいのではないのか?」と気づいてから、相手を訴えるとなるまでに、段階があるようです。

この点を、紀藤弁護士が「とても感慨深い-TOSHIの記者会見」 http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2010/01/toshiyoutube---.html で、

    >実は、カルト的な団体を脱退するに際し、メンバーが、
    >偶然の病気や入院によって、団体との関係を断て、
    >ゆっくりと考えられる時間が与えられることで、
    >マインドコントロールが解けていくということは、
    >脱会の現場では、よくあることです。

と説明しているところそのものでしょう。

さらに、現実に裁判ともなればそれ自体がストレスですから、そのことによる不安感が表に表れることも多く、周囲の人が保護する必要はあります。

しかし、裁判に持ち込めないとか、脱会しないとか、戻ってしまう、社会と絶縁気味になってしまう、といった色々な行動になる人も多く、それらの状況が顕れてくるのは、何年も先になるようです。

洗脳状態と一般の状態の間を揺れ動くなら対処も分かりやすいですが、全く別の予想しがたい行動や考えになってしまう場合もあり、Toshiについても今後を予測するのはまだ早すぎると思います。

投稿: 酔うぞ | 2010/01/20 11:14:33

TOSHIの会見、記事と、守屋香のブログなどでのコメントを読むと大きな違和感を感じます。

癒し、大きな愛、などを強調するファンタジーあふれる顔の裏側には、強欲で狡猾な顔があったってことか。

ブログには愛してる、愛してる、といいながら、10年も別居とはなぜ?

ブログでは、私にも何が起こったのか分からない、などと言いながら、株式会社の役員、財務責任者なのはなぜ?

愛しているならば、自己破産する夫を支えるのが本当の愛なのでは?

投稿: 違和感 | 2010/01/22 18:56:36

違和感 さん

    >TOSHIの会見、記事と、守屋香のブログなどでのコメントを読むと
    >大きな違和感を感じます。
    >
    >癒し、大きな愛、などを強調するファンタジーあふれる顔の裏側には、
    >強欲で狡猾な顔があったってことか。
    >
    >ブログには愛してる、愛してる、といいながら、
    >10年も別居とはなぜ?
    >
    >ブログでは、私にも何が起こったのか分からない、などと言いながら、
    >株式会社の役員、財務責任者なのはなぜ?
    >
    >愛しているならば、自己破産する夫を支えるのが本当の愛なのでは?

この数年、ホームオブハート裁判に関わって、そこからオウムなどを含む各種事件の当事者からもお話を聞く機会が何度となくありました。

そのようにして分かってきたことは、カルト集団においては、最初から全部を計画して推し進めるといった、ビジネスのようなあるいは計画的個人生活のような物は、無いようなのです。

カルト集団のやっていることの共通点の一つに、リーダーの気まぐれというか行き当たりばったりの行動が、大問題になることがあります。

人民寺院の集団自殺とか、オウムのサリン散布なんてのは、最終的な結果を目指して計画的に進めたことではない、と分かっています。

カルトでは、リーダーの思い込みで全体がトンでもない方向に動くのですが、会社組織などでもしばしば見られる事ですが、リーダーに近いほどイエスマンが増える、というのがあります。
カルトでは、どうもこのイエスマンの程度が普通よりもはるかに強いようです。

その強さは、往々にしてリーダーを上回るわけで、歴史的にもしばしば登場する話しです。

おそらくは、「会社の利益のために」ならとにかく「社長の実入りを増やすために」とかやったら、ハッパをかけられ方が抵抗するでしょうし、営業会社が「地球のために・・・」とか言い出したら「利益はどうするんだよ」と反発されるでしょう。

それを、宗教活動、ボランティア活動など非利益組織で言うのは抵抗がない。
そこで「地球の方が大事でしょう。だからこの組織をもり立てないと。そのために、あなたの活動が大事で。・・・・・」とやっていけるわけです。

ここで肝心なのは「個人の都合は後回し」ですね。会社は利益を上げて、社員としても給与に反映する、といった原理ですがこの手の団体では「個人は後回し」とか言いやすいわけです。
それが過度になると、「愛しているから別居」とか可能なのですよ。

結局は、社会常識が通用しない組織を作ると、こういうことは可能だという証拠です。
大会社でも「わが社の法律は・・・・・」とか言っていた会社が多かったから、今ではコンプライアンス重視、とか言わざるを得なくなったのだ。と理解するべきなのでしょう。

こういうことが可能である、と知っている小数の人たちが、マルチ商法とか自己啓発セミナーとかを次々にやっているのです。

裁判で証拠として提出されていますが、MASAYAが使っているホームオブハートの自己啓発セミナーのマニュアルは、MASAYAが受けたセミナーのマニュアルです。
円天で有名な、波和二はマルチ商法を何度も繰り返しています。

あえて言えば、別世界のルールがあるわけです。
それを持ちこんで来ているから、繰り返して同じような被害者が出てしまう。
それを、現実の社会常識での行動に当てはめても、理解出来なくて当然です。

ここらが、この問題のイヤらしいところです。

投稿: 酔うぞ | 2010/01/23 12:43:30

コメントを書く