« 日航問題・穴を先に塞げよ | トップページ | ホームオブハート裁判・全く違った展開になるか? »

2010.01.17

Toshi離婚騒動・ホームオブハート裁判はどうなる?

やや日刊カルト新聞より「TOSHI激白!香夫人との結婚は「形ばかり」、自身は「自己破産」

「ホームオブハート裁判に影響するか?」で書いたToshiの離婚騒動が一段と拡大しました。

mixi には Toshi のオフィシャル日記がありますが、そこに「皆様へ」とだいする日記が、本日18時付けでアップされました。

 夫人・出山香氏(旧姓・守谷、芸名WANKU)との離婚や、自らが広告塔を務めてきた自己啓発セミナー「ホームオブハート(HOH)」からの脱会を報じられているX JAPANのTOSHIが、mixiの日記上で、裁判所に自己破産を申し立てすでに破産宣告を受けたことを明らかにしました。香夫人については、「10年前から、実質的には夫婦ではありませんでした」「守谷香氏は、私との家庭生活よりもMASAYA氏と共に暮らすことを選び」などと記述しています。以下、全文を引用します。

【mixi 2010年01月17日】皆様へ

皆様へ  先日、一部マスコミにおいて離婚報道がありましたが、そのことも含めて、この12年間について私の感じたままに正直にお伝えしたいと思います。

1、これまでの12年間について
1998年よりこれまで12年間活動してきましたが、その間、実質上所属してきた株式会社ホームオブハート、株式会社ヒーリングワールド(ホームオブハートと実質同じスタッフの一連の会社)に私の活動のすべての売り上げのお金が渡っていました。
これまで、非常に過密なスケジュールの中で、一日も休むことなく働き続けてきましたが、仕事上のごくわずかな必要経費以外、コンサートのギャラも給与も生活費もXJAPANからの収入も含め、すべてのお金が私には一切与えられていませんでした。
働いた多額のお金は今日にいたるまですべて持っていかれてしまいました。
実際の生活費は、私の友人、知人に個人的に援助を受けて生活してきました。
今回、病に倒れたときですら、知人に援助を受けるすべしかなかったのです。

2、株式会社トシオフィスについて
私が代表者である(株)トシオフィスも、実質的には(株)ホームオブハートの経営の中にあり、私には経営や経理を含めた権利はなにも与えられていませんでした。
毎日働いたお金のすべてを、守谷香氏(妻)や(株)ホームオブハートや(株)ヒーリングワールドに渡していたにもかかわらず、詳細のわからない間に、私自身に莫大な税金と借金が課せられました。
これまで私は(株)ホームオブハートのために無償で働くただの従業員に過ぎなかったのです。

上記のようなつらい生活を続けてきたのは、12年前に心病んでいた私が、プロデューサーのMASAYA氏や守谷香氏(妻)に出会い、「救われた」となぜか思い込み続けてしまったからです。

これらのことについて、これまで長い間本当に悩み続け、心身ともに疲れ果ててしまいました。

3、守谷香氏(妻)のこと
10年前から、実質的には夫婦ではありませんでした。
仕事場でごくたまに会う以外、守谷香氏(妻)の生活は実際のところまったく知りません。
守谷香氏は、私との家庭生活よりもMASAYA氏と共に暮らすことを選び、これまで毎日、現在に至るまで10年間、那須で生活しています。
私は、東京都港区芝にあるマンションの小さな部屋で、一人で暮らしてきました。
この度、形ばかりとなっていた守谷香氏(妻)との婚姻関係を解消するため、妻に対する離婚調停を申し立てました。
実際はそうではないのに、守谷香氏のブログで、二人で仲良く暮らしているかのような嘘の文章を掲載されたり、デュエットなどの活動を押し付けられていた、すべての偽りが精神的な極度の疲労となっていました。

4、裁判について
私自身は、那須にある(株)ホームオブハートには10年ほど前に一度だけ、那須にある(株)トシオフィスにもこの10年間で3~4回立ち寄っただけで、(株)ホームオブハートや(株)トシオフィスでどのようなことが起きていたのか、まったくわかりませんし、裁判内容に関しての事実も知る由もありませんでした。
これまでいくつかの民事裁判が行われ、ニュースになるときにはいつもTOSHIの名前が出され、この件に巻き込まれたことを悩み、心痛んでいました。

5、現状について
私はこのような現状の中で、やむを得ず自己破産の申立をし、破産宣告を受けました。
現在進行中の破産手続において、私にはわからなかった、(株)ホームオブハート、(株)ヒーリングワールド、(株)トシオフィスに関する一連の、私にとって不透明な金銭や経理が明らかにされることになると思います。私としては、国の機関による真実の解明にすべてを委ね、誠実に協力したいと思います。

これまで長年にわたってだまされていたことからやっと目が覚めた気持ちです。

以上のような真実について、長い間本当のことを話せずにいたこと、また押し付けられていた毎日長時間にわたる過酷な労働が、心身ともに苦痛となり、積もり積もって今回の病気になってしまいました。

これまでの言動やブログの文章等で、仕事のためやむを得ず、自分の意思とは反して偽りを伝えたことも皆様にお詫びいたします。

今まで44年間生きてきた中で、この2か月半の間が一生分以上に大きな時間でした。 この間じっくり考え抜き、本当に大切なものがなんなのかを知り、ここで人生の再出発をしようと決意しました。
この思いを生涯忘れることなく、これからはささやかでも、嘘のない自分の生活を送っていきたいと思います。
これまで私を応援し支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。 これからのTOSHIをどうか見てください。

                      2010年1月17日 TOSHI

 HOHをすでに脱会しているHOH被害者の一人は、本紙の取材に対して、このように語っています。

「TOSHIがHOHの本社の建物に行ったのは1回だけかもしれませんが、彼は、本部以外の施設に何度も出入りしています。

1回4~5泊するHOHのセミナーに、私ががしっているだけでも5~6回、TOSHIが参加していた。

また屋久島にある関連施設でのセミナーも、複数回、私自身がTOSHIと一緒に参加しています。
さらに、HOH本社が那須に移転する前、東京の麻布にあったときからTOSHIはセミナーに参加していた」

 TOSHIは「皆様へ」の中で、「(株)ホームオブハートや(株)トシオフィスでどのようなことが起きていたのか、まったくわかりません」と書いていますが、HOHをやめてもなお、真実を語るに至っていないようです。 

投稿者 藤倉善郎 時刻: 19:11:00

こんな展開になるとは、さすがに予想外でありました。
この記事を書いている時点では、裏を取った続報もなく、何が真実なのか分からないとも言えますが、徐々に真実に近づきつつあって、基本的には全くのデタラメということはないだろうと思います。

HTP最新情報によれば、1月25日、2月9日、3月2日、3月16日、4月13日と裁判の予定がありますが、これらにどのような影響を及ぼすのかが、心配です。

民事裁判を行っているわけですから、要するにお金の問題です。
その当事者が、破産すると破産した人はお金に関する交渉能力が無くなりますよね?破産管財人が行うことになる・・・・・・。
ってそれで裁判って出来るのか?

1月 17, 2010 at 08:43 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47320718

この記事へのトラックバック一覧です: Toshi離婚騒動・ホームオブハート裁判はどうなる?:

コメント

コメントを書く