« 日航問題・いよいよ衣が剥がれ始めたか | トップページ | 工場爆発・横浜市金沢区福浦の同じ工場でまた爆発 »

2010.01.06

日弁連会長選挙に注目

毎日新聞より「日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点

6日公示の日本弁護士連合会の会長選が、かつてない盛り上がりをみせている。

立候補するのは、現執行部の路線を継承する前副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(65)と、多重債務問題への取り組みで知名度の高い宇都宮健児氏(63)。

従来は主流派の事前調整で擁立された候補の信任投票の様相だったが、今回は激戦模様。法曹人口問題への対応が最大の争点で、若手弁護士の支持取り込みもカギだ。

会長選は全国約2万7000人の弁護士全員が投票権を持つ。投開票は2月5日。任期は4月から2年間。

これまでは大規模弁護士会の主流派が調整し、東京の3弁護士会や大阪弁護士会の会長経験者を「統一候補」として擁立するのが通例。その流れで今回は元東京弁護士会会長の山本氏が推された。

これに対し宇都宮氏は「政権交代など政治・社会情勢が変化する中、市民のための日弁連をつくる好機」と挑む。東京弁護士会所属でオウム真理教犯罪被害者支援機構の理事長を務め、08年末の「年越し派遣村」で名誉村長になった。

日弁連の最大課題は法曹人口増員。

政府は司法試験合格者を10年までに段階的に年3000人に増やし、18年に法曹人口を5万人とする計画を立てた。しかし、質の低下や過当競争への懸念が弁護士の間に強く、日弁連は09年3月「今後数年間の合格者数は現状の年2100~2200人を目安に」とペースダウンを提言した。

山本氏はこの提言作りにかかわり、会長選にも同様方針で臨む。

「09年の合格者数2043人を当面の目安とする」
と強調。

一方、宇都宮氏は

「合格者数を1500~1000人に減らすべきだとの一部弁護士会の決議に耳を傾け、現状より合格者を減らす」
と現執行部との違いを鮮明にしている。

「組織票」による票読みが難しくなってきた中で、若手弁護士の投票動向がカギになり、両陣営とも若手の支援強化を掲げる。【銭場裕司、伊藤一郎】

は~宇都宮弁護士が立候補ですか・・・・・・。

一度、消費者庁設置要求集会後に、居酒屋で宇都宮弁護士と親しくお話しする機会がありました。
宇都宮弁護士が、何もないところから、現在の過払い金取り戻しのようなところまで持ってきたのはすごい実行力だと思います。

まあ、そういう意味では日弁連会長になる事には、何をやってくれるのかな?という期待もありますが、同時に現場でやってもらうことも沢山ありそう、とも思うところで微妙であります。

弁護士増員問題は、本当に日弁連会長選挙の焦点なのだろうか?

弁護士増員問題は実は、法科大学院制度の問題なのではないだろうか?
だとすると、日弁連と文科省の対決となるわけです。
早晩どこかに落とし所を見つけざるを得ないところで、宇都宮弁護士は速く決着付けるという方向であろうし、現在の路線を継承するのであればこのまま百家争鳴状態が続く、となりそうに思う。

個人的には、非常に興味深い選挙戦であります。

1月 6, 2010 at 10:09 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47218469

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連会長選挙に注目:

コメント

そもそも可能な限り司法の判断を仰ぐ様になる→法曹人口を増やすってのが、司法改革を推進する大義名分の一つだった訳ですし。

おそらく、裁判所の規模を拡充して序でに弁護士との法曹一元で対応しようということで、決着を図るのでは。

投稿: 杉山真大 | 2010/01/06 19:47:03

何と宇都宮先生が……。
あのとき、私も居て、握手してもらいましたよ。
面白い選挙になりそうですね。

投稿: apj | 2010/01/07 9:45:55

千葉法務大臣が、法科大学院問題について「法務省・文科省で・・・・・」などと言っています。

これで何とかなればよいのですが、千葉という人は「何もやらない・出来ない」事について定評のある人ですから、物事が進まない可能性の法が大きいかもしれません。

投稿: 酔うぞ | 2010/01/07 10:27:51

コメントを書く