« ハイチ大震災と衛星写真 | トップページ | 日航問題・穴を先に塞げよ »

2010.01.16

ホームオブハート裁判に影響するか?

今朝(2010/01/16)遠めがねのアクセス状況をなんとなく見たら「ホーオブハート」関連記事にアクセスが集中していました。
何だろうと調べたら、これが火元であります。

スポニチアネックスより「X JAPAN」TOSHI 元アイドル妻と離婚へ

ロックバンド「X JAPAN」のボーカリストのTOSHI(44)が、「WANKU(わんくぅ)」の名で歌手活動中の香夫人(40)と離婚に向けた話し合いを始めたことが15日、分かった。TOSHIは、夫婦で参加していた自己啓発セミナーの主催団体「ホームオブハート」から脱会。団体主宰者のMASAYA氏(52)とも決別し、音楽活動に打ち込む意向だ。

関係者によると、TOSHIから離婚を切り出した。大きな理由は、夫婦で心酔してきたMASAYA氏との決別だ。

香夫人は元アイドル。「守谷佳央理」などの芸名で活躍し、TOSHIと出会ったのは93年のロックオペラ「ハムレット」での共演。数年間の交際を経て、97年2月14日に結婚。その後、芸能界から一時引退し、TOSHIの個人事務所の代表として支えた。

TOSHIがMASAYA氏に傾倒していったのは香夫人と出会ってから。結婚後の97年8月に初対面している。MASAYA氏が作るヒーリングミュージックにも影響を受けた。結婚直後の97年4月には、ロサンゼルスに滞在するX JAPANの相棒のYOSHIKI(年齢非公表)を訪ね、音楽的な方向性の違いを理由にバンドからの脱退を申し出た。これが引き金となってX JAPANは同年末の解散に至ったとされる。

翌98年には、ファンや親族らが自己啓発セミナーからTOSHIを脱会させようと動き始め、その後、たびたび衝突。周囲によると、08年のX JAPAN再結成後から徐々に「ほかに信じられるものができたようだ」(関係者)といい、ついに決別した。

同時に香夫人との離婚も決意。ただ、夫人は合意していないとみられ、離婚調停に入るとの情報もある。

TOSHIはロサンゼルスに滞在中。香夫人はスポニチ本紙の取材に「(離婚調停は)ありません。いずれにしましても、私の口からお話しすることはありません」と述べた。TOSHIの弁護士は「守秘義務がありお話しできません。ただ、週明けにも説明したいと思っております」としている。

◆TOSHI(トシ)本名出山利三(でやま・としみつ)1965年(昭40)10月10日、千葉県生まれの44歳。82年YOSHIKIとX結成。89年メジャーデビュー。92年シングル「made in HEAVEN」でソロデビュー。08年にはエコをテーマにしたバンド「TOSHI with T―EARTH」を結成。血液型A。

◆WANKU(わんくぅ)本名出山香(でやま・かおり)。旧姓守谷。1969年(昭44)7月26日、愛知県生まれの40歳。86年、松竹の「ミス・レインボー」でグランプリ受賞。翌87年にシングル「予告編」で歌手デビュー。「守谷佳央理」や「守純かほり」の芸名で活動。一時引退したが、08年に歌手活動を再開。血液型AB。

2ちゃんねるでは、ちょっと前から「別れるのではないか?」といった話しが飛び交っていましたが、実際にそうなるのでしょうか?

ホームオブハート裁判の予定には、Toshiの証人尋問の予定もありますから、わたしとしては関心を持たざるを得ません。

1月 16, 2010 at 10:54 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47306876

この記事へのトラックバック一覧です: ホームオブハート裁判に影響するか?:

コメント

コメントを書く