« 社会人不適格だろう | トップページ | Toshiのホームオブハート脱会宣言への感想 »

2010.01.24

ニセ爆弾探知機事件

サンケイ新聞より「中身はただのダウジング…偽爆弾検知機を英社が輸出 イラクやアフガンに数百億円分

2010.1.24 12:27

実際には機能しない偽の爆発物検知機を、英国の会社がイラクやアフガニスタンなどに輸出し数千万ポンド(数百億円)規模の売り上げを得ていたと23日付の英紙インディペンデントが報じた。

英警察当局が詐欺容疑で同社の経営者を逮捕、英政府もイラクなどへの輸出を禁じる措置を取った。

同紙によると、約1500台を購入したイラク政府は購入の経緯などを調査する。
同政府は1台約4万5千ポンド(約650万円)で買い、バグダッド市内の多くの検問所で使用しているという。

偽の検知機は、手に持った金属棒などで地下に埋まっている物を検知すると一部で信じられている「ダウジング」の“原理”を用いていた。
中身を調べた爆発物の専門家は、電子機器がほとんど使われておらず「がくぜんとした」と語った。

パキスタンやレバノン、ヨルダンにも輸出されたといい、武器の専門家が数カ月前から役に立たないと指摘していた。
BBCは輸出先は20カ国に及ぶと伝えた。

偽検知機は昨年10月にバグダッドで150人以上が死亡した爆弾テロ事件の現場にも配備されていたという。
(共同)

BBC News で調べたら、この記事でした「Export ban for useless 'bomb detector'

The UK government has announced a ban on the export to Iraq and Afghanistan of some so-called "bomb detectors".

It follows an investigation by the BBC's Newsnight programme which found that one type of "detector" made by a British company cannot work.

The Iraqi government has spent $85m on the ADE-651 and there are concerns that they have failed to stop bomb attacks that have killed hundreds of people.

The ban on the ADE-651 and other similar devices starts next week.

There is nothing to program in these cards. There is no memory. There is no microcontroller. There is no way any form of information can be stored Dr Markus Kuhn

Sidney Alford, a leading explosives expert who advises all branches of the military, told Newsnight the sale of the ADE-651 was "absolutely immoral".

"It could result in people being killed in the dozens, if not hundreds," he said.

Questions were raised over the ADE-651, following three recent co-ordinated waves of bombings in Baghdad.

Thirty-nine-year-old Aqeel Yousif Yaqoub was caught in a bomb at Iraq's Justice Ministry last October.

The blast left him with injuries to his face and limbs, and damaged his take-away falafel store.

"If they were effective," he asked, "how did the suicide car bomb reach this area?"

And an attack in December killed over 120 people, prompting Iraqis to ask how the bombs could have got through the city's security.

Attention is increasingly focusing on the ADE-651, the hand-held detector now used at most checkpoints in Baghdad.

'Glorified dowsing rod'

Iraq has bought thousands of the detectors for a total of $85m (£52m).

The device is sold by Jim McCormick, based at offices in rural Somerset, UK.

The ADE-651 detector has never been shown to work in a scientific test.

Mr McCormick told the BBC in a previous interview that "the theory behind dowsing and the theory behind how we actually detect explosives is very similar".

He says that the key to it is the black box connected to the aerial into which you put "programmed substance detection cards", each "designed to tune into" the frequency of a particular explosive or other substance named on the card.

He claims that in ideal conditions you can detect explosives from a range of up to 1km.

The training manual for the device says it can even, with the right card, detect elephants, humans and 100 dollar bills.

Anti-theft tag inside

Claims of such almost magical technical abilities would almost be comic, if the potential consequences were not so serious.

Sometimes when I drive through checkpoints, the device moves simply because I have medications in my handbag. Sometimes it doesn't - even when I have the same handbag Umm Muhammad, retired Iraqi schoolteacher

Newsnight obtained a set of cards for the ADE-651 and took them to Cambridge University's Computer Laboratory where Dr Markus Kuhn dissected a card supposed to detect TNT.

It contained nothing but the type of anti-theft tag used to prevent stealing in high street stores.

Dr Kuhn said it was "impossible" that it could detect anything at all and that the card had "absolutely nothing to do with the detection of TNT".

"There is nothing to program in these cards. There is no memory. There is no microcontroller. There is no way any form of information can be stored," he added.

High price

The tags which are supposed to be the heart of such an expensive system cost around two to three pence.

"These are the cheapest bit of electronics that you can get that look vaguely electronic and are sufficiently flat to fit inside a card," Dr Kuhn told Newsnight.

The ADE-651 has been sold to a range of Middle Eastern countries and as far afield as Bangkok for eye-watering prices.

Iraq paid around $40,000 for each device.

No Western government uses them.

The promotional material for the ADE-651 claims it is powered only by the user's static electricity.

Iraqis themselves are sceptical about the device.

"They don't work properly," Umm Muhammad, a retired schoolteacher said. "Sometimes when I drive through checkpoints, the device moves simply because I have medications in my handbag. Sometimes it doesn't - even when I have the same handbag."

The BBC has learned that following the December bombings, the Iraqi Prime Minister Nouri al-Maliki has ordered an investigation into the bomb detectors, expected to report any day now.

FBI warnings

Concern over the use of dowsing rods to detect bombs was first raised by American sceptic, James Randi.

Mr Randi has confirmed to the BBC that he is still offering Mr McCormick $1m if he can prove that the ADE-651 works.

In 1995, the Sandia national labs and the FBI raised the alarm over a dowsing rod device called the Quadro Tracker which they described as "a fraud" and the FBI warned: "All agencies should immediately cease using the device."

In 1999, the FBI put out another alert: "Warning. Do not use bogus explosives detection devices."

In 2002, a test by Sandia labs in the US found that a similar dowsing rod device, called the Mole detector, did not work and performed "no better than a random selection process".

They concluded that it did not work and that it looked "nearly identical" to the Quadro Tracker.

Last month, a senior Iraqi officer involved in bomb-prevention defended the ADE-651.

Major General Jehad al-Jabiri, who appeared at a press conference with Mr McCormick following the December explosions, said he did not "care about Sandia" and knew more about bombs than the Americans:

"Whether it's magic or scientific, what I care about is it detects bombs," he said.

And policemen manning checkpoints in Baghdad have told the BBC that you need to be relaxed to use the ADE-651 and that it does not work properly if the user is stressed or has a high heart rate.

In other words, the message which has got through to the frontlines is - if it does not work, blame the operator not the device.

Mr McCormick declined our request to interview him for this report, but late last year he told the BBC that he has been selling products like the ADE-651 for over a decade and that he has sold 6,000 of them to around 20 countries.

They are in use everywhere from Thailand to Pakistan and Lebanon.

"For a British company to be selling a piece of technology that is useless when it's meant to be saving lives is abhorrent," Lou McGrath, chief executive of the charity, Mines Advisory Group, told Newsnight.

Watch Caroline Hawley's full report on Newsnight on Friday 22 January 2010 at 10.30pm then afterwards on the BBC iPlayer and Newsnight website.

以下機械語訳

イギリスの政府はいくつかのいわゆる「爆弾探知機」のイラクとアフガニスタンに輸出への禁止令を発表しました。

イギリスの会社によって作られた1つのタイプの「探知器」が、働くことができないのがわかったBBCのNewsnightプログラムでそれは調査に続きます。

イラク政府は8500万ドルをADE-651に費やしました、そして、何百人もの人々が死んだ爆弾攻撃を止めていないという関心があります。

ADE-651と他の類似装置への禁止令は来週、始まります。

何もこれらのカードでプログラムするものがありません。 メモリが全くありません。 マイクロコントローラは全くいません。 どんなフォームの情報もマーカスキューンシドニー格納されたアルフォード博士(すべてのブランチに軍を知らせる主な爆発物の専門家)が、ADE-651の販売が「絶対に不道徳である」とNewsnightに言ったということであるかもしれない方法が全くありません。

「数十、または数百で殺されている人々をもたらすかもしれません。」と、彼は言いました。

バグダッドの爆撃の3回の最近の連携波に続いて、疑問はADE-651の上に引き起こされました。

39歳のAqeel Yousif Yaqoubは去年の10月にイラク法務省に爆弾に捕らえられました。

爆破は、彼の顔と手足への負傷を彼に残して、彼のテイクアウトのファラーフェル店を破損しました。

「それらは有効であった」なら、彼が、「自爆自動車爆弾はどのようにこの領域に達しましたか?」と尋ねました。

そして、120人以上は12月の攻撃で死にました、イラク人が、爆弾がどのように都市のセキュリティを通り抜けたかもしれないかを尋ねるようにうながして。

注意はますますADE-651に焦点を合わせていて、携帯用の探知器は、今や、バグダッドのチェックポイントを高々使用しました。

'賛美された占い棒'

合計8500万ドル(5200万ポンド)でイラクは何千個もの探知器を買いました。

装置は田舎のサマセット、イギリスのオフィスに拠点を置く、ジム・マコーミックによって販売されます。 ADE-651探知器は、科学鑑定で働くために一度も見せられたことがありません。

「私たちが実際にどう爆薬を検出するかの後ろの占い棒で探ることと理論の後ろの理論は非常に同様です。」と、マコーミックさんは前のインタビューでBBCに言いました。

彼は、それのキーが、あなたが「プログラムされた物質検出カード」を置くアンテナに接続されたブラックボックスであると言います、それぞれ、「」 カードで指定された特定の爆薬か他の物質の頻度への旋律に設計されています。

彼は、理想的状態では、あなたが最大1kmの範囲から爆薬を検出できると主張します。

装置のための訓練用マニュアルには、右のカードで象、人間、および100個のドル紙幣を検出さえできると書かれています。

盗難防止のタグ内部

潜在的結果がそれほど重大でないなら、そのようなほとんど不思議な技術的な能力のクレームはほとんど面白いでしょうに。

時々、私がチェックポイントを通り抜けさせるとき、単に私がハンドバッグに薬物療法を持っているので、装置は動きます。 時々、そうしません--私が同じハンドバッグをUmmムハンマドで、退職するようにしさえするとき、イラク人の教師Newsnightは1セットのカードをADE-651に入手して、マーカス・キューン博士が解剖した、カードがTNTを検出すると思ったケンブリッジ大学のコンピュータ研究所に彼らを連れて行きました。

それは本通り店で盗むのを防ぐのにおいて中古の盗難防止のタグのタイプだけを含みました。

キューン博士は、とにかく何も検出できて、カードには「何かTNTの検出を処理する絶対にもの」がなかったのが、「不可能である」と言いました。

「何もこれらのカードでプログラムするものがありません。」 メモリが全くありません。 マイクロコントローラは全くいません。 「絶対、どんなフォームの情報も格納できません。」と、彼は言い足しました。

高価

そのような高価なシステムの中心であるべきであるタグは約2?3ペンスかかります。

「これらは、あなたがその外観をばく然と電子にすることができるというエレクトロニクスの最も安いビットであり、カードの中に合うことができるくらい平坦です。」と、キューン博士はNewsnightに言いました。 ADE-651はさまざまな中東の国に同じくらい販売していて遠くで目に涙が浮かぶ価格のためのバンコクと同じくらい遠いです。

イラクはそれぞれの装置の約4万ドル支払いました。

どんな西洋の政府もそれらを使用しません。

ADE-651のための宣伝の材料は、それがユーザの静電気だけによって動かされると主張します。

イラク人自身は装置に関して疑い深いです。

「彼らは適切に働いていない」Ummムハンマド、退職した教師が言いました。 「時々私がチェックポイントを通り抜けさせるとき、単に私がハンドバッグに薬物療法を持っているので、装置は動きます。」 「私が同じハンドバッグを持ちさえして、そうしません。」

BBCは、12月の爆撃に続いて、イラクの首相ヌーリーアル-Malikiが現在いつでも報告すると予想された、爆弾探知機に調査を命じたことを学びました。

FBI警告

爆弾を検出する占い棒の使用に関する心配は最初に、アメリカ人の懐疑論者ジェームズ・ランディによって高められました。

ランディさんは、ADE-651が働いていると立証できるならまだマコーミックさんに100万ドルを提供しているとBBCに確認しました。

1995年に、Sandiaの国家の研究室とFBIはそれらが「詐欺」と説明したQuadro Trackerと呼ばれる占い棒装置の上に急を告げました、そして、FBIに警告しました: 「すべての政府機関が、すぐに、装置を使用するのをやめるべきです。」

1999年に、FBIは、別の警戒を出しました: 「警告。」 「にせの爆薬探知装置を使用しないでください。」 2002年に、米国のSandia研究室によるテストによって、Mole探知器と呼ばれる同様の占い棒装置が、働かないで、また「ランダム・セレクションの過程よりよく」働かなかったのがわかりました。

彼らは、働かないで、Quadro Trackerと「ほとんど同じに」見えたと結論を下しました。

先月、爆弾防止にかかわる先任のイラク人の役員はADE-651を防御しました。

少将Jehadアル-Jabiri(マコーミックさんが12月の爆発に続いていて、記者会見に現れた)は、彼が「Sandiaを心配しない」で、アメリカ人より爆弾に関して知っていたと言いました:

「それが魔法的であるか、または科学的であることにかかわらず私が心配することは、爆弾を検出するということです。」と、彼は言いました。

そして、バグダッドのチェックポイントを配置している警察官は、あなたが、ADE-651を使用するために弛緩する必要があって、ユーザに、強調されるか、または高い心拍数があるならそれが適切に働かないとBBCに言いました。

言い換えれば、最前線に通じたメッセージは、そうです--働いていないなら、装置ではなく、オペレータを非難してください。

マコーミックさんは、このレポートのために彼にインタビューするために頼みを断わりましたが、昨年遅く、彼は、彼が10年間以上の間ADE-651のような製品を販売していて、それらの6,000を約20の国に販売したとBBCに言いました。

それらはタイからのいたる所でパキスタンとレバノンに使用中です。

「イギリスの会社が命を救っていることを意味したとき役に立たない1つの技術を販売しているのは、大嫌いである」ルウ・マクグラス、チャリティーのチーフエグゼクティブ(Mines Advisory Group)はNewsnightに言いました。

その後、その時、2010年1月22日金曜日午後10.3時にBBC iPlayerとNewsnightウェブサイトでNewsnightに関するキャロライン・ホーリーの完全なレポートを見てください。

よくもまあこんな品物が、これほど大量に流通した物だと、ビックリします。
誰もBBCのビデオ程度の検査もしなかった、ということですね。
間違えなく、汚職があるでしょう。

1月 24, 2010 at 01:38 午後 海外の話題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47376993

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ爆弾探知機事件:

コメント

購入しているのは、購入価格に占める賄賂の割合が大きい国ばかり。
しかし現場の人たちが気の毒でならないですね。

投稿: ジャッキー山川 | 2010/01/25 12:22:45

コメントを書く