« Toshi離婚騒動・ホームオブハート裁判はどうなる? | トップページ | ホームオブハート裁判・Toshiの記者会見 »

2010.01.19

ホームオブハート裁判・全く違った展開になるか?

サンケイ新聞より「お金を返して 自己破産申し立てのTOSHIさんが会見

ブログで夫人との離婚調停中であることや自己破産を申し立てたことを明らかにしたロックバンド「X JAPAN」のボーカル、TOSHIさんが18日、さくら共同法律事務所の河合弘之弁護士とともに東京都内の同事務所内で記者会見を開き、自らの心情を吐露した。

すべての収入が、香夫人(40)とともに参加していた自己啓発セミナー団体の「ホームオブハート」に流れていたというTOSHIさんは、「ホームオブハートからは一切、お金が与えられていなかった。

通帳、印鑑が手元に戻ってこない」と話す一方、ホームオブハートに対して「困っている人にお金を返してあげてほしい」と訴えた。

昨年10月ごろから河合弁護士に相談し、12月18日に自己破産の申し立てを行い、現在は破産管財人による手続きが進められているという。

自己破産金額については、手続き中ということで詳細は明らかにされなかったが、河合弁護士によると、TOSHIさんの返済能力を超え、「億は超えている」という。

TOSHIさんは、現在はホームオブハートから脱退して、「縁も切れている」と話す。

また、香夫人との離婚については、昨年12月中旬に離婚調停の手続きを行っており、「仲のいい夫婦を演じてきたが、すべて偽りです」と一切の未練がないことを明らかにした。

X JAPANのプロモーションビデオ撮影のため今月上旬、米ロサンゼルスを訪問した際、リーダーのYOSHIKIさんに相談したところ、「自分が力になるから、お互い頑張っていこう」と励まされ、「持つべきものは、幼なじみだなあ」と思ったという。

現在の心境について、TOSHIさんは「(ホームオブハートからの)精神的な影響力から解き放された。
人生をやり直していきたい。
これからの僕を見てください」と再出発への意気込みを語った。

近々、YOSHIKIさんプロデュースによるソロ活動のさよならコンサートも企画しているという。

朝日新聞より「X JAPANのTOSHIさん自己破産「だまされた」

ロックバンド「X JAPAN」のTOSHI(トシ)さん(44)が18日、東京都内で会見し、自己破産したことを明らかにした。

破産の原因については、TOSHIさんが参加していた自己啓発セミナーなどを手がける団体「ホームオブハート」(栃木県)から「ばくだいな税金と借金が課せられた」と説明した。

TOSHIさんはホームオブハートとはかかわりを絶つことも明らかにした。

TOSHIさんによると、1998年からホームオブハートの活動を始め、自ら代表を務める「トシオフィス」もコンサート活動などにかかわってきたが、詳細のわからないままに多額の税金などが残されていたという。

ホームオブハートの代理人は「破産しているか知らないし、原因も分からない」としたうえで、

借金などを課せられたというTOSHIさんの説明について「トシオフィスとの間の経理面はクリアになっており、事実とまったく違う
としている。

ホームオブハートをめぐっては、詐欺などの被害にあったとして元セミナー生らによる損害賠償を求める訴訟が起きている。

TOSHIさんは「だまされていたことからやっと目が覚めた」と話し、「広告塔」という批判があることについては、「自分のせいで巻き込んでしまったなら申し訳ない」と述べた。

同じ記者会見から作った記事とは思えないほど、二紙の内容が違いますが、YouTube に上がっているテレビニュースを見ると、もっと違います。

X JAPAN TOSHI会見 Part1
X JAPAN TOSHI会見 Part2

このニュースの中で、

ホームオブハート側は「真実に反しToshiが書いたものとは思えない、Toshiは今でも専属のアーチストだ」と述べた。
と放送さています。

この4本のニュース記事でこれだけいろいろな切り口が出てきているということは、記者会見ではいろいろな話が出てきたのだろうと思われます。

「Toshi離婚騒動・ホームオブハート裁判はどうなる?」に書きましたが、ホーム帯ぶハート事件の被害者(元セミナー性)はホームオブハートとトシオフィスを訴えていて、その中の個人である、MASAYAやToshiを訴えていました。

Toshiが、MASAYAとホームオブハートを訴えて、返金訴訟でも起こすと現在の裁判とは競合関係になってしまいますし、そうでなくても破産管財人が入っては裁判は停止になるのではないでしょうか?

それにしても、ホームオブハート側が「Toshiが書いたとは思えない」といったコメントを寄せているのは、今までのホームオブハート裁判で一貫しているホーオブハート側の「陰謀説主張」と同じもので、そんな事言っても意味がないわけですが、このままだとさらに「巨大な陰謀説」になってしまいそうです。

1月 19, 2010 at 12:16 午前 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47332370

この記事へのトラックバック一覧です: ホームオブハート裁判・全く違った展開になるか?:

コメント

日刊スポーツは、
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100117-586486.html

>またTOSHIが、別の宗教団体とかかわり始めたことも分かった。同団体に関係が深いとされる都内の教育団体代表がパーソナリティーを務めるラジオ番組に08年5月に出演。同教育団体が昨年10月に主催したコンサートに出演している。この団体との接点が、今回の決別の遠因になったと指摘する関係者もいる。

とありますが、紀藤弁護士・山口弁護士のブログでも紹介されている「サイエントロジー」系団体のようですね。
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2009/10/xjapantoshi-f73.html
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2009/09/toshi-f59b.html

結局、別の団体に鞍替えしただけで、ちっとも目が覚めてないじゃん(苦笑)

投稿: Enzo Romeo | 2010/01/19 13:59:21

>ちっとも目が覚めてないじゃん(苦笑)

記者会見全部のビデオを見てみると、結局は「芸能人です」と言うことなのだけど、それが昭和3~40年頃の映画スターが色々と失敗した図とよく似ていると感じます。

まあ、普通の社会人としては元もと失格というか、子どもというか、ってところでしょう。

サイエントロジー説は、無いとはとうてい言えないでしょう。
実際問題として、サイエントロジーは非常に急速に勢力を拡大していますから、直接関わらないにしても何らかの影響力は及ぼしているでしょう。

そもそも、音楽・芸術といった面に限って言えば、ホームオブハートとサイエントロジーでは比較になりません。

Toshiから見れば、そりゃサイエントロジーの方が良いと思うでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2010/01/19 15:09:47

コメントを書く