« 日弁連会長選挙に注目 | トップページ | 日航再建大詰めへ »

2010.01.07

工場爆発・横浜市金沢区福浦の同じ工場でまた爆発

毎日新聞より「工場火災:横浜で化学工場が爆発 8棟全焼し7人がけが

7日午後5時50分ごろ、横浜市金沢区福浦1の化学メーカー「日本カーリット」横浜工場で爆発が起きたと110番があった。

神奈川県警金沢署と市安全管理局によると、事務所などを含む工場内の建物11棟のうち8棟(面積約2229平方メートル)が倒壊・全焼し、同8時15分に鎮火した。工場の従業員5人と別の工場の男性従業員、近くを車で走行中に割れたフロントガラスで右手を切った男性の計7人が軽傷を負った。

県警によると、爆発当時、従業員15人が工場内にいたという。
1棟で2回の爆発があったとみられる。工場では工業化学薬品を製造しており、同社によると、薬品を合成する「有機製造所」と呼ばれる工場棟が爆発したとみられる。

日本カーリットによると、横浜工場は敷地約9900平方メートルで、従業員25人。

工場は08年4月にも実験棟が爆発し従業員2人が死傷しており、当時の工場長ら3人が先月、業務上過失致死傷などの容疑で県警に書類送検されていた。
当時、同社の担当者は「爆発を招くような危険物を扱う業務をやめた」と説明していた。

7日の爆発では、約200メートル離れた自動車部品製造工場の窓ガラスが割れたり、敷地内に金属製の階段の一部や鉄パイプなどが落下。

男性社員(41)は

「赤い火が見えたので窓を開けて外を見たら、火柱が上がり、数秒後にドーンという音と衝撃が2回走った。火柱は打ち上げ花火みたいに200メートルぐらい上がり、建物のガラスがバリバリと鳴っていた。上空に何かが飛んでいるのが見えたので、外に出た従業員に建物内に入るよう声をかけた」
と話した。別の工場の従業員(31)は
「(自分の)工場が揺れるほどの衝撃で、2年前の爆発とは比べ物にならないくらい大きかった」
と驚いていた。

現場は横浜新都市交通・金沢シーサイドライン産業振興センター駅の約500メートル東にある工業団地の一角で、横浜港に面している。【池田知広、吉住遊、中島和哉】

ここですね。


大きな地図で見る

大きな地図では、「産業振興センター」とあるところを海側に突き当たったあたりです。
このあたりは2~3軒のクライアントがあったので、何度も行ったところであり、よく知っています。


大きな地図で見る

報道にもある通り、つい先日死亡事故の刑事責任を追及されたところでした。

11棟中の8棟が倒壊というのでは、工場としては全壊ですが、道路を走っていた車で怪我人が出た、というのもうなずけます。

これほどの大惨事が起きるとはビックリです。

1月 7, 2010 at 11:46 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47232378

この記事へのトラックバック一覧です: 工場爆発・横浜市金沢区福浦の同じ工場でまた爆発:

コメント

まだ50代の私でもカーリット=爆弾・爆薬、ってイメージなので、いまだに簡単に工場全部吹っ飛ぶようなモノを造っているのだ、と簡単に思ってしまいます。

続報だと、有機物と水素ガスで液晶関係の材料を造っていたとか。水素だって爆発させれば相当の威力を発揮するのは、理科を習った中高生でも判るはずです。どうも、危険物の概念には爆薬しか含まれていないような生産管理なのでしょう。

投稿: 昭ちゃん | 2010/01/08 0:57:02

過去ニュースを探すと、前回はトリクロロシランを含む反応液を高圧釜でまわしているときに、熱媒のスチームがコイルから漏れてしまい、反応してガス発生・高圧になって破裂 という経過だったようです。
今回は最初に火が見えてからドーンといったみたいですので、最初は水素以外で発火し、その後水素に飛び火して爆発したような感じでしょうか。窒素化合物を水素化してアミン化合物をつくっていた後処理中ということなら、触媒ろ過中に空気混入して発火->溶剤に引火->加熱により周辺の配管などの水素が漏れて誘爆。。といったストーリーでしょうか。実験室レベルで触媒が赤くなったことならば経験者多数かと。他山の石としなくては。

投稿: みっちゃん | 2010/01/08 11:34:02

12年前のあの動燃の核燃料再処理中の臨界事故と同様で、高校理科実験室レベルより低い危機管理が、いまだにアブナイ工場・工程で当たり前のように続けられているんですね。
まあ、実験抜き理論だけの机上実験教育が続く限り、近い将来、再び同じことを繰り返すのは目に見えています。
文科のお役人は勿論のこと、新政権の議員にも、理科教育のなんたるかをもう一度考えてもらわねばなりませんね。

投稿: 昭ちゃん | 2010/01/10 14:00:57

書き終わってから、気がついた。
理科を実験主体に戻すためには、現場の人員確保が必要。
今、巷には、高い技能を持っているが、企業の都合で首を切られた正社員・契約社員・派遣社員・日雇い社員が溢れてる。
彼らを活用する一つの方策として、学校の実験助手などに雇用したら良いと思うのだが、酔うぞさんどうですか。

投稿: 昭ちゃん | 2010/01/10 14:05:03

コメントを書く