« 中学・高校の柔道で傷害を負った事件で正反対の結論 | トップページ | 政府が首をつる »

2009.12.20

ガソリンスタンドの減少

朝日新聞より「千円高速「ガス欠」急増 増える渋滞、減るスタンド

高速道路の大幅な割引が始まった今春以降、高速道路を走行中に燃料がなくなった自動車から日本自動車連盟(JAF)に出動を求めるケースが急増している。

割引で利用者が増え、渋滞が多発した影響という。
景気低迷で高速道のガソリンスタンドが減っていることも、追い打ちをかけているようだ。

「予想外の渋滞でガソリンがなくなってしまった」「なんとかパーキングエリアまでたどり着いたが、次の給油所までもちそうもない」。JAFには4月以降、高速道を走行中の会員からのこんな連絡が相次いでいる。

いまのところガス欠による事故の報告はJAFに寄せられていないが、走行中に本線で止まれば追突される恐れがある。故障などで路肩に停車中の車が追突された例は過去にあり、極めて危険だ。

JAFによると、燃料切れによる出動はここ数年、減少傾向にあった。
ところが、高速道で「一律千円」の割引が始まった3月末以降、状況は一転した。4月は前年比約11%増の1289件。割引のある土曜、日曜が突出して多い。
その後も前年を上回るペースで出動が続き、夏休みの8月には1769件で前年を25%も上回った。

お盆期間(8~16日)に限ると36%も増えている。
単に高速利用者が増えただけではなく、「これまで高速道を使うことが少なかったドライバーが、燃料消費のペースを読み違えた」といったケースもあるという。

さらに、最近の給油施設の減少も関係しているとJAFはみている。

高速道路各社では旧日本道路公団時代からの指針で、おおむね50キロごとに給油施設があるサービスエリア(SA)を設置してきた。

しかし、最近は景気低迷や原油価格の高騰で、採算がとれなくなった給油施設の閉鎖が相次いでいる。
東北自動車道の下りでは今年3月末、花輪SA(秋田県)の給油施設が閉鎖された。これにより、岩手山SA(岩手県)から青森東インターチェンジ(IC)まで、約156キロも給油施設がない状態になっている。

東日本高速道路の管内では05年以降、8カ所の給油施設がなくなった。

九州・沖縄でも今春、24カ所のうち7カ所が休止や廃止に。九州自動車道下りの宮原SA(熊本県)から宮崎ICの約140キロなどで給油施設がなくなった。

JAFによると、こうした「空白地帯」でガス欠を起こすケースが目立っている。西日本高速道路は「利用の少ない給油施設はやむなく閉鎖したが、残っている施設はできる限り維持してゆきたい」と話している。

気温が下がる12月は、バッテリーがあがってしまうトラブルに対応する出動がもっとも多い季節でもある。JAF広報部は「万が一のためにJAFが控えているわけだが、安全のためにも高速の利用前に燃料の残量と、バッテリーの状態をチェックして」と呼びかけている。(佐々木学)

ガソリンスタンドが減ってきて、さらにセルフばかりになってしまって、女性などを中心に困惑している人が多いようです。

記事は高速道路についてですが、よく使っている国道246などでも目に見えてガソリンスタンドが減っているために、都合の良いスタンドが出て来るのが10キロ先といった状況になってきています。

高速道路で、ガソリンスタンドが150キロ先となると、走り方によっては「燃料ゲージが半分になったら給油」というアメリカ流のスタイルに切り替える必要がありそうです。

最新のカーナビは路車間通信が強化されて、DSRC対応の製品が登場してきています。 三菱電機カーナビの説明です。

こんなことができるのですから、ガソリンスタンドの営業情報をリアルタイムで送信して、給油を促進するといった仕組みぐらいすぐに出て来るでしょうね。

12月 20, 2009 at 08:18 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47065571

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンスタンドの減少:

コメント

小泉構造改革の行き着いた先は、高速でエンストだった。
その前に庶民生活はエンストした。

投稿: 昭ちゃん | 2009/12/20 20:56:49

高速でのガス欠報じてましたね。如何にたまに車に乗って遠出する連中が増えたかですが、基本に戻って始業点検をやりましょう。車も一つの移動の道具、機械ですから、それを動かすための燃料がどうなのかは運転席に乗り込んで最初に目をやる計器でしょ。それと自分の車がFUELメーターの針位置で後どれぐらい走れるのかは初めてその車に乗るならいざ知らず、愛車なら当然覚えてるでしょ。と言う小生も今週年末納品の長距離走らなきゃなりません。目的地には何度か出向いてますので途中どこで給油するかまで決まってます。ちなみに何処で仮眠を取るかまで決めて出発します。この辺の目的地までの距離と時間の見積もりはWeb検索で簡単に計算してくれますので利用してます(http://www.driveplaza.com/dp/SearchTop)。距離が分かれば満タンで走りきれるのか途中給油が必要なのか既に出発前に分かる訳です。それと高速の途中給油は普段地元で入れてる値段より約10円/L高く、以前4Lの空き缶幾つかに地元でガソリン入れて途中のPAで足したりして高速で給油しないぞと意地張ったことも有りましたが、僅か2、300円差に危ない揮発油の輸送やるのもリスキーだと割り切り今はやってません。確かスタンドで別容器に小分けに給油することは安全上から規制されてたと思いますが今現在どうなってるか?なんにしても車は身近な便利な道具ではありますが、その心臓部は相変わらず密閉容器のなかで揮発油をドカンドカンと爆発させて化学反応で動力を得ている内燃機関の一つですからそれなり気をつかってやる必要があります。

投稿: テスラ | 2009/12/22 1:32:36

ガス欠ですか。まぁ、高速道路では、まだ大丈夫っといった感覚で運転することが、多くなったということなのでしょうかね。
 個人的には、酔うぞさんの言う様に、燃料メータが半分になったら、給油所を探すという対応をしています。
 ただ、ガソリンスタンドの減少から、150キロ前後、給油所がない区間があるというのは、知りませんでした。SAには給油所があるというのが、前提で運転していましたから。
 これだと、私が乗っていた車では、メータ半分から120キロくらいしか走らないので、知らないと途中でガス欠になりますね。(><)
 効率優先って、ドライバに負荷をかけるという意味なのですね。

投稿: Nari | 2009/12/23 12:43:44

せめて、最後のスタンドの手前に、後何百キロはスタンドがありません、って看板掲げてもらいたいですね。
と書きながら、まさかそのうち東京出た途端に、この先1000キロスタンドありません、なんてならないようにと思いつつ・・・。

一般道だと、峠越えの手前にそんな看板多いですけど。

投稿: 昭ちゃん | 2009/12/24 14:10:19

コメントを書く