« 政府が首をつる | トップページ | 光市母子殺害事件犯少年についての実名出版裁判に逆提訴 »

2009.12.24

公立高校の授業料実質無償化

読売新聞より「高校授業料、公立高生徒からは徴収せず…文科相

政府は23日、来年度から公立高の生徒から授業料を徴収しないことを決めた。

財務、文部科学両省が同日行った高校授業料実質無償化をめぐる折衝で合意されたものだ。

私立高については、年収250万円未満の世帯に、公立高の授業料相当額の2倍の額を支給することも決まった。両省協議の決着後、川端文科相が記者会見して明らかにした。

公立高については、所得制限を設けず、生徒1人当たりの授業料相当額(年11万8800円)を基準に地方自治体に授業料収入の相当額を支給し、生徒からの授業料徴収は行わないことになった。世帯が支給申請書を出す手続きを省いて事務費を減らす狙いがある。

私立高の生徒には公立高の授業料相当額を支給するが、同額の2倍となる年23万7600円を支給する世帯の年収を、当初予定していた500万円未満から250万円未満に引き下げ、250万~350万円未満の世帯への支給額を同1・5倍の17万8200円とした。

概算要求の4501億円は、568億円減って3933億円となった。文科相は「厳しい財政で、私学の上乗せ分を圧縮せざるを得なかった」と説明した。
(2009年12月23日21時03分 読売新聞)

経済政策として、後々の効果が大きいという意味では、否定するものではありませんが、教育政策としては高校だけでなく、教育全体をどうする?という問題があります。

現在では社会が新社会人に要求することは、基本的に即戦力と言いつつ、そのことが「会社は生涯にわたっての面倒はみないぞ。だから、自力でなんとかする実力を付けてくれ」という意味にもなっています。

これが、20年ぐらい前までは「会社が、前部面倒をみるから、変な色が付いていない新人がよい」というところが強くありました。
この以前とは全く異なる、会社の対応に対して学校の側が全く対応出来ていません。

一方、企業の方も社会的な使命といった観点を無視することを経団連などが事実上推奨しているところがありますから「とりあえずは新卒正社員は採用しない」という方向性が強くなっています。

正に「【正論】社会学者・加藤秀俊 文化芸術は実利主義では育たず」 そのものであって、国の方向性として「国民なんかいらない」という方向に、全国民が向かっているとも言えるでしょう。

これは、あくまでも「現在の社会では」という制限付きの考え方であって、将来は違う社会を若者に作ってもらう、という考え方をするのであれば、制度としての学校を大幅に変更することを考慮するべきでしょう。

例えば、大学進学率に代表される、教育レベルの階層に応じた卒業生の割合はどのくらいが適性なのか?という問題です。
もちろん、大学教育そのものも、短大・4年生大学・大学院という制度でよいのか?といったところにも踏み込むべきでしょう。

これを受けて、高校についても、研究者向け、高度教育向け、実務教育向け、といったコース選択を考えた方が、多分有用でしょう。

現在のように、一律の教育を続けて、その中で成績だけで振り分けるといった方法は、非常に無駄が大きいと感じています。
具体的には、外科医不足がまもなく起こります。
これは、医学部進学をあまりにペーパーテスト重視にしたために、手先の器用な若者が医師志望者のプールに入ってこなくなってしまった。
結果として、外科医不適格の医学生ばかりになってしまった。

要するに、長期的な視点にたっての人材供給という観点からの教育システムも崩壊している、ということです。
学校の方も会社の方も、長期戦略なんて無視しているのが現状ですが、教育については長期的戦略で立て直しすることが出来るはずなのです、そういう観点では民主党政権のビジョンの無さが今回も際立っている、と感じます。

12月 24, 2009 at 10:21 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47100585

この記事へのトラックバック一覧です: 公立高校の授業料実質無償化:

コメント

>国の方向性として「国民なんかいらない」という方向に、全国民が向かっている

 だから「少子化」なんでしょう。おっしゃる論法だと、子供を育てるのは家計の無駄だという結論が出ますからねぇ……困ったことに。

>医学部進学をあまりにペーパーテスト重視にしたために、手先の器用な若者が医師志望者のプールに入ってこなくなってしまった。

ペーパーテストが得意という属性と手先が器用という属性って両立しないんでしょうか。無関係じゃないかと思うんですが……。
外科医が減るのは、リスクが大きいとか仕事が割に合わないほどきついといった別の要因では。

投稿: apj | 2009/12/24 10:27:12

>ペーパーテストが得意という属性と手先が器用という属性って両立しないんでしょうか。
>無関係じゃないかと思うんですが……。

それは、目的を逸脱しているのは明らかでしょう。
手先や視力などといった肉体能力も必要なのは明らかな、業種について「審査しない」何十年かの風潮ですよ。

だから「無関係じゃない」という消極的推定で済ませているわけですよ。

目的は「器用な外科医」なのだから、器用さ競争をする方が、目的に合っているでしょう。
それを推定で済ませる、というのは間違っていますよ。

政治に関わっていたときに、障害者を議会にということで、会話(発音)が不自由な人を公認候補にしよう、という話しがあって、議会でどうやって意見表明をするのだ?となって、いつも付いている介助者が代理発言するのだ、聞いたので「それは議員不適格だ」として公認候補にすることに反対しました。

そもそも、なんでこのような話しが組織内を上がって来たのかと非常に不安な印象でした。

もうちょっと物事を直視しないといけないところに追い込まれていると思いますよ。

投稿: 酔うぞ | 2009/12/24 10:46:22

>だから「少子化」なんでしょう。おっしゃる論法だと、子供を育てるのは家計の無駄だという結論が出ますからねぇ……困ったことに。

もうそんな風潮になってる気もしなくもないなあ、と、20代の人間がぼやいてみたり。

投稿: そ。 | 2009/12/25 5:23:32

>医学部進学をあまりにペーパーテスト重視にしたために、手先の器用な若者が医師志望者のプールに入ってこなくなってしまった。
>目的は「器用な外科医」なのだから、器用さ競争をする方が、目的に合っているでしょう。

後者を試験の目的は人材の選抜として、ふさわしいふるいを使うべきだ、という主張であればそれは納得できる部分も多いのですが。
俳優や歌手のオーディションや、プロ野球の入団テストなど、必要な能力を持って選抜基準にしているところもあるので。

ただ、入団テストやオーディションがペーパーになったら、そこで通過した人材が実際にプロとして活躍できる割合は低下するでしょうけど、医療の場合は、それまでも必要な能力を持った選抜基準ではなかったのであってペーパー試験がペーパー偏重になったとしても、そこを主要因として外科医不足が起こるように、引用前者のように書かれると違和感がありますね。

>これを受けて、高校についても、研究者向け、高度教育向け、実務教育向け、といったコース選択を考えた方が、多分有用でしょう。

ここのコースによって求められる資質は何が違うのか、教育の内容やなどを何を変えればそれは実現できるのか、というところに課題が多そうでしょうが。

投稿: 北風 | 2009/12/26 20:50:23

北風 さん

>医療の場合は、それまでも必要な能力を持った選抜基準ではなかったのであって
>ペーパー試験がペーパー偏重になったとしても、
>そこを主要因として外科医不足が起こるように、
>引用前者のように書かれると違和感がありますね。

ちょっと理解できないのですが、外科医候補不足には、別の要因があるという意味ですか?

なお、外科医志望者が少ない、という意味ではありません。
必要な適性を持っている医学生プールが枯渇している、という問題です。

投稿: 酔うぞ | 2009/12/26 21:09:31

>ちょっと理解できないのですが、外科医候補不足には、別の要因があるという意味ですか?
>必要な適性を持っている医学生プールが枯渇している、という問題です。

いえいえ、先のコメントに書いたように、もともと野球のプロテスト試験のような形がペーパーになれば、急に人材の枯渇も起きようかとは思いますが、もともとペーパーテストであり、その度合いが強くなったところで、急激な人材枯渇というのは理解できない=言いすぎではないか、ということですが。

投稿: 北風 | 2009/12/28 23:45:03

う~ん、人材枯渇というのは、医学部の先生が問題にしていることなのです。
理由が、ペーパーテストではないというのはありかもしれないけど、人材プールの枯渇ははっきりしています。

大学の見方は、ペーパーテストの競争があがりすぎたからだ、としています。

投稿: 酔うぞ | 2009/12/28 23:57:56

了解しました。

>現在のように、一律の教育を続けて、その中で成績だけで(省略)
>【具体的には、適正を持った医学生不足を、医学部の先生が問題にしています。大学の見方は、ペーパーテストの競争があがりすぎたからだ、としています。】

ということなんですね。

apjさんのコメントにあるように選抜方法だけでもないでしょうし、難しいですね。
(例:あまり人気のないスポーツで、身体能力の基準でを選手の選抜テストをしようとしても、野球・サッカーなどの人気スポーツに、身体能力の優秀な人材を持っていかれてしまっている=選抜基準の似た職種での人材の奪い合い)


投稿: 北風 | 2009/12/29 11:40:33

コメントを書く