« 裁判員裁判・初の無罪主張その4 | トップページ | 自民・民主のビジョンの無さこそがデフレの原因だ »

2009.12.13

北朝鮮・武器の密輸に空路

昨日(2009/12/12)の夜に飛び込んで来たニュースが、大騒動になりそうです。

2009.12.12 20:51サンケイ新聞北朝鮮発の貨物機から大量兵器 タイ空港で押収、ベラルーシ人ら拘束
2009/12/13 00:47共同通信北朝鮮製兵器35トン押収 バンコク着陸の貨物機から
2009年12月13日8時0分朝日新聞北朝鮮製兵器を大量押収 バンコクに着陸の貨物機
 東京新聞タイ 北製武器?を大量押収 緊急着陸貨物機から
 毎日新聞タイ:貨物機の兵器35トン押収 「北朝鮮から輸出」情報受け--バンコク

毎日新聞より「タイ:貨物機の兵器35トン押収 「北朝鮮から輸出」情報受け--バンコク

【バンコク西尾英之】
タイ当局は12日、バンコクにあるドンムアン空港に給油のため着陸した貨物機から、北朝鮮製とみられる対空ミサイルなど約35トンの兵器を押収、乗員5人を拘束したと明らかにした。

タイ空軍は、貨物機は北朝鮮から輸出目的で兵器を積み込み、目的地に向かう途中だったとみている。

押収された兵器は対空ミサイルや可搬式の対戦車ロケット砲など数十基に上る。

タイ外務省の副報道官は、6月に採択された国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に基づく措置だと述べた。北朝鮮の2度目の核実験を受けた6月の安保理決議には、同国からの武器禁輸拡大などが盛り込まれている。

タイ当局は、同機が北朝鮮からの兵器輸出を企てているとの情報を米国から得て、機内を捜索した。

貨物機は旧ソ連で設計されたイリューシン76型で、国籍はグルジア。出発地は平壌とみられる。

一部地元メディアは、同機の目的地はウクライナと報じているが、スリランカとの情報もあり錯綜(さくそう)している。

拘束された5人のうち1人はベラルーシ人で、残る4人はカザフスタン人とみられる。

北朝鮮にとって武器輸出は重要な外貨獲得源の一つ。
安保理による制裁強化後も、8月にイランへ向かう貨物船から北朝鮮製兵器が見つかり、安保理決議違反だとしてアラブ首長国連邦(UAE)に押収された事件が明らかになっている。

いやはや、貨物機で武器の輸出をするというのはちょっと驚きでした。
貨物船であれば、どこかを経由しないでも目的地にたどり着けますから、船舶を対象に海上臨検といったことが話題になっていたわけです。
大型貨物機だと、中継地も相応に大きな空港になるから、検査で簡単にバレてしまうでしょう。

今回はアメリカの情報とのことですが、35トンの武器を買うことが出来るのはどこなのでしょうかね?

12月 13, 2009 at 10:11 午前 海外の政治・軍事 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47009021

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮・武器の密輸に空路:

コメント

コメントを書く