« 日航問題・法的整理に動き出すか | トップページ | 日航問題・1000億円に加えて1000億円を政府が要請。 »

2009.12.30

日航・銀行団法的処理をとりあえず拒否

読売新聞より「日航法的整理案、再生機構が提示…銀行は拒否

日本航空の主要取引銀行の頭取らと企業再生支援機構の経営幹部、前原国土交通相が29日、都内で会合し、日航の再建問題を協議した。

支援機構が法的整理と支援決定の併用案に絞った再生方針を提示したのに対し、銀行団は損失額の拡大や運航への悪影響などを理由に受け入れを拒否し、年明け以降に再協議する方向となった。

一方、政府では関係5閣僚が30日に協議する予定で、再建手法を巡る関係者間の調整が加速している。

銀行側で29日の協議に参加したのは、みずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の頭取らだ。

機構側が、会社更生法の適用申請を行った上で、日航を正式に管理下に置く「支援決定」を行う考えを提示した。

機構はこれまでの銀行団との協議で、私的整理を軸に再建策の検討を進めてきた。

法的整理と支援決定を併用する機構側の提案に対し、銀行団には「法的整理が前提の再建案は承服しがたい」(メガバンク首脳)と反発の声がある。

法的整理を行う場合、10月時点で前原国交相直轄の専門家チーム「JAL再生タスクフォース」が金融機関に示した約2500億円の債権放棄を、大きく上回る規模の損失が生じるとみられる。

機構は支援決定の判断にあたり、日航と主要取引銀行が協議してまとめた事業再生計画を基準にする。

法的整理の適否を含め、銀行団との調整が長引けば、再生計画策定が遅れる可能性がある。
(2009年12月30日03時06分 読売新聞)

これはちょっときわどいことになってきた感じですね。
日航株価は、25%の下落です。

まあ、前原国交相の思いつき的な方針が現実のお金の問題になって、拒否されたということでしょう。
とは言え、どうにもなりませんから、今後どういう展開になるのでしょうか?

12月 30, 2009 at 11:31 午前 経済・経営 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/47151930

この記事へのトラックバック一覧です: 日航・銀行団法的処理をとりあえず拒否:

コメント

そりゃ、法的整理になれば破産同然だから、JALに融資している金融屋は負債が増えて格付けが下がって株価も下がり借金も難しくなるから、法的整理を避けたいのは判る。
でも、ここまでJALを追い込んだのも金貸し続けたのも、他人の格付け機関の評価をマルマル信用して利益を見込んだから。そして、これまでに奈落への道の途中で再考するチャンスは有っただろうに、他人の付けた格付けを鵜呑みにして暴利をむさぼろうと穴の底で待ちかまえていたけど、予想に反してお札の替わりにJAL機が落ちてきたので慌ててるだけ。
危ないのだからさっさと逃げれば良かったものを、最後まで付き合って甘い汁吸おうとしたバツですな。

本当に早く処理を始めなければ、JAL機先頭に大銀行・大会社共々東京湾に墜落ですね。だって救難信号は出し尽くしてしまっているのだから。

投稿: 昭ちゃん | 2010/01/03 15:33:18

コメントを書く