« 日航・七〇〇〇億とはどういうことだ! | トップページ | ホームオブハート裁判・MASAYA証言 »

2009.12.05

子どもの減る世界

サンケイ新聞より「4割が「子ども必要ない」20~30歳代は6割-内閣府調査

結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人が42・8%に上ることが5日、内閣府がまとめた男女共同参画に関する世論調査で分かった。

2年前の前回調査に比べ6・0ポイント増で、平成4年の調査開始以来最高となった。持つ必要があるとする人は同6・5ポイント減の52・9%だった。

少子化の背景に、国民の家庭に対する意識の変化があることを示した結果と言え、内閣府の担当者は「個人の生き方の多様化が進んでいる」としている。

調査は10月1~18日、全国の成人5千人に個別面接方式で実施。

64・8%にあたる3240人から回答を得た。同種の調査は4年以降、数年に一度実施しており8回目。

子どもを持つ必要はないとした人は、男性が38・7%、女性が46・4%だった。

年齢別では20歳代が63・0%、30歳代が59・0%と高く、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向が顕著になった。

「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきか」との質問に「反対」と答えたのは、19年の前回調査より3ポイント増の55・1%で過去最多となり、「賛成」(41・3%)を大きく上回った。
結婚後も仕事を続けたいと思う女性が増えたことが背景にあるとみられる。

一方、「結婚は個人の自由だから、しなくてもよい」と考える人は4・9ポイント増の70・0%。
16年以降、2回連続で減っていたが、一気に7割台に戻った。

「結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよい」と思う人も3・6ポイント増の50・1%。

9年調査(54・1%)以降、3回連続で減少していたが、反転した。夫婦や家族の生活よりも、自由な生き方を求める人が多い実態が浮き彫りになった。

職場での男女の地位については「平等」と考える人が24・4%で、「男性が優遇されている」が62・1%、「女性が優遇」は5・3%にとどまった。

政治の場での男女の地位では、「男性が優遇」が71・8%、「女性が優遇」が2・1%だった。

今さらな調査という感もあります。
仮定として、男女の就職条件が全く同じで、扶養家族とか年金の掛け金といったものが、家族単位ではなく個人単位になってしまった世界を想像します。
このような世界では、結婚の実態と同棲は区別することができないでしょう。
そのような状況において、結婚の率が変わらないか?と考えると、普通に考えると日本では結婚数は減るでしょうね。

つまり、現状の結婚の数は結婚した方が有利であるという政策的誘導の結果だと考えて良いでしょう。
それが、ドンドン減少してきていて、さらに子供を持たないという方向になると、これはかなり結婚した方が有利ではあるが、子供を作るほどのメリットはないと考えているからだとなります。

こうなると、結婚した方が有利だとしておけば、,子どもができるという政策的での思考放棄的な考え方を修正する必要があるでしょう。

もっと自然に、子どもが生まれるような方向に政策を転換するべきだと思います。

12月 5, 2009 at 07:30 午後 医療・生命・衛生 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/46943297

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの減る世界:

コメント

Nariです
 40歳を超えてたりしますが、いまだに結婚が現実になる気がしません。
 まぁ、個人の問題もありますが、自分の生活を変えなければならないのが、一番に難しいですね。結婚そのものの必要性が、感じられないのも事実だったりします。子供は好きなんですけど、子供が欲しいから結婚するというのは、女性を冒とくすることになりますよね。
 日本らしい個人主義が浸透した結果、自分と相手の生活が変わってしまうことが怖いというか、相手に悪いというのが、一番の理由なんじゃないでしょうか?他の国でも同じかもしれませんが、自分も相手も生活が変わらないで、結婚することができないように思います。
 平安時代っぽく、お互いが相手の家に通ったりする、通い婚くらいが、お互いを尊重する限界のように思います。個人的には、こういう状況になります。これって、結婚する必要がないんですよね。
 男女同権であり、お互いを尊重しなければならない。どうも、この意識が強いと、結婚とマッチングしません。

投稿: Nari | 2009/12/07 8:55:52

コメントを書く